スムージーは自分好みの食材をミックスしてもいいです

June 07 [Wed], 2017, 1:39
年齢を重ねるにつれて、運動をすることも減り、基礎代謝がどんどん低下していく気がします。

そのせいか、一生懸命、ダイエットをしても、自分が思うように体重が減少しません。
やっぱり、体質を変えるところがスタートです。

まず始めに、体を温かくするために、生姜湯から取り掛かっていきたいと思います。

寒い冬には良い飲料ですし、これで代謝がアップすること間違いないでしょう。


ダイエット期間のつまみ食いは絶対にNGです。間食で食べたものが、仮にスナック菓子などではなかったとしても、摂取すれば太るという事実を頭に入れておいてください。


過度の我慢もいけませんが、朝食、昼食、夕食の三食をきちんと食べて、あとは食欲を抑制できるように体質改善ができるといいですね。ダイエットには様々な方法がありますが、基本的には食事と運動が大切だと思います。

食事制限と運動を同時に行うと一段と効果的となるので、毎日何かしらのトレーニングを行えば良いかもしれませんね。スポーツジムといったところに通うのも良いと思われますし、それができそうにない人は自身でトレーニングやジョギングといった運動をするようにしていきましょう。

息を意識してお腹からするだけでも、人は痩せるそうです。
かっこいい体を手に入れるストレッチとしては思い切り呼吸しながら、肩甲骨を動かすのが成果があると聞きました。肩こりにも効くのですが、両腕を上にピンと伸ばしながら息を吸って、腕は空に向けたまま、肘を折り曲げて体の後ろに下げていきます。
息を吐きながら肩甲骨を縮ませる感じでやってみてください。
ついつい口さびしくなって口に物を入れてしまうことが多くて治さないといけないと思っている方はよろしければスムージーの置き換えダイエットをしてみてはいかがでしょうか。
スムージーは自分好みの食材をミックスしてもいいですし、スムージー専用の商品を購入するのもいいでしょう。おやつ代わりやご飯代わりに飲むことで、痩せる効果が上がるんです。

スムージーを飲み込むときに噛むと、さらに効果が出ますよ。
ダイエットを長期間していると、カロリーを計らなくても、大まかですが、摂取カロリーが予想できるようになっちゃうもんです。
肉と米、野菜をこのくらい食べたので、今日のお昼の摂取カロリーはこのくらいといった具合に当てられるのです。



私も昔、デブだった黒歴史があるので、どうしようもないのですが、少々切なくなります。自分の生命をいじするための最低限のエネルギーを測ることは重要です。なぜならば、自分の基礎代謝量の知識なしでは、どのくらいカロリーを摂取すべきなのか把握することはすることはできないからです。
例えば、若い頃のように無謀なダイエットをするのが体力的にできなくなった分、常時冷静に数値を考えていきたいと思うこの頃です。ダイエットでよく行われている有酸素運動ですが、一番効果的と思われる心拍数を把握することによって自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪燃焼を高めることが可能となります。



長時間続けて体を動かせば動かすほど痩せられるのではなく、特に激しい運動などは筋肉に酸素が行き渡らなくなり、逆効果とも言えるのです。有酸素運動は20分以上持続しないと効能が出にくいなとされてきましたが、今は、休まず運動しなくても短くても、20分運動していれば効果があるのではないか?といわれています。他方で、従来の筋トレのほとんどは筋肉内のグリコーゲンでエネルギーを生み出す運動ですが、呼吸をする運動、呼吸を詰める運動を交互に行うことでそれぞれの効果を引き上げることが良い結果を生むはずです。
前に、炭水化物を少なくするやり方でダイエットに取り掛かったことがあります。しっかり噛むことで、十分に満足しようとしたけれど厳しかったです。
日本の人間なので、時々は、がっつりと白いお米を恋しく思います。
ですので、現在は、夜だけは、炭水化物の摂取を抑えるけれど、朝食と昼食は通常通りに食べるようにしています。