「チャップアップamazon」のまとめブログ。あみんの男性型脱毛症ぶろぐ

September 04 [Sun], 2016, 14:05
医薬部外品の育毛剤の特徴は副作用が少ないということですが、本日は、色々な医薬部外品の育毛剤を比較しながらご紹介していきましょう。医薬部外品の育毛剤といえば、イクオス・ナノインパクト・チャップアップ・ブブカなどが人気のある商品だと思います。育毛剤と聞いてまずリアップを思い浮かべる方が多くいらっしゃいますが、リアップは第一類医学品に分類されますので、医薬部外品と異なり、購入時に薬剤師さんの指導が必要です。ここでは誰でも購入出来る育毛剤としてCHAP UP、BUBKA、IQOSについて比べていきます。3つの商品の成分表示をみると共通の有効成分が含まれているのがわかります。これらは医薬部外品指定の成分でどの商品にも入っています。ニキビ対策商品にも入っているグリチルリチン酸ジカリウムは炎症を抑える働きをしますので、頭皮の状態を正常にしてくれます。次は、抗ヒスタミン剤である、塩酸ジフェンヒドラミン。この成分は、かゆみや炎症を抑えるとともに、血行を促進させる効果が期待されています。そして、アマロゲンチンやアマロスウェリンという有効成分を含んでいるセンブリエキスには、毛乳頭細胞を活発し毛を伸ばす効果が期待されます。3商品の育毛剤の違いはほとんどありません。それぞれの商品の口コミを参考にしたり、コストパフォーマンスなどを考えて選んでみてはどうでしょうか。育毛剤の中にはプロペシアといった、女性が使用できない薬がありますが、医薬部外品育毛剤は、副作用が少なく、誰でも手軽に試せることがメリットです。毛髪トラブルが気になり始めたら、まずは試してみると良いでしょう。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Misora
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rff6sax8eocgse/index1_0.rdf