能勢が更紗ランチュウ

May 14 [Sat], 2016, 5:14
葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。なぜなら推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を避けることが出来るという報告があるのです。厚生労働省が推奨するように、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。そのような場合は葉酸サプリで摂取するのも良い選択だと思います。
近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。普段の食生活では摂取量が足りていないという方が殆どですから、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも開発されています。このようなサプリを飲めば適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。
葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。その効果は国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。実は葉酸は、水溶性であるため、尿などに混じって排出されています。ですから、人体に留まって蓄積するという事はありません。とはいえ、過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示された規定量を必ず守るようにしてください。
妊活を行う場合、影響があるものと言えば、食事ですよね。妊活とは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。妊活中の女性はいつ妊娠しても不思議ではないですよね。ですから、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。特に摂取を意識して欲しい栄養素は葉酸で、妊娠初期の胎児の成長には必要不可欠のものです。妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で葉酸を摂取し、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。
一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。行政からの助成金があるものの、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされることが一般的に行われているようです。第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。だからこそ、助成回数を増やしたほうが良いように思います。今年で40歳になる私ですが、色々なものに追い詰められているようで、ストレスも限界です。
妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。副作用として体にあらわれる症状としては、寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、気をつけましょう。葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、葉酸サプリを活用すれば、摂取量も一目瞭然ですので、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には大変便利だと思います。
みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。具体的に、葉酸を多く含む食品は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。また、他にも枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが難しいということもあるでしょう。特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。そうした時にはサプリを飲むことも間違いではありません。サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を済ませられますね。
葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。しかし、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。また、葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。ですから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を25種類ほど配合したサプリを選べば、栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、いま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合もサプリの利用を考えてみてくださいね。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性がやるものだという印象が強いかと思います。ですが、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。流産や不妊におけるリスク要因は女性の問題ばかりでなく、男性に原因がある事もあります。原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。
不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。妊娠を望む家族の声や、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療に通ううちに重積してくるパターンもあって、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:希実
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rfeovogtncaiat/index1_0.rdf