もつおの井手

June 30 [Fri], 2017, 9:39
投資の未経験者が株を始めたいと決心したときは、できるだけ安全な資産運用の方法を考えることが大切です。



いきなり個別の株に投資するよりも、最初は投資信託などから運用を開始してみるのがよいかもしれません。



その後、ちょっと取引の仕組みなどが分かってきてから実際に株式投資をスタートするとよいでしょう。

株式について書かれた本を何冊も分かるまで読んだ上で、株のビギナーが投資をする場合、スイングトレードと呼ばれる投資法をチョイスする人も大量に存在するでしょう。



スイングトレードは儲かる時には大きな利益を得られるので、非常に人気がある株式の投資方法です。もちろん、いつでも利益が得られるわけではありませんから、赤字になってしまう場合もあります。


信用取引とは、現物株や現金を担保にして資金以上の取引や空売りができることが大きな特徴でしょう。特に空売りというのは下落相場では大きな力を発揮し、うまく利用することで上げ相場の際でも下げ相場の際でも稼ぐことができる武器となります。
ただし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者の場合は資金管理を慎重にすることが重要です。

株式投資の準備するためには銀行口座を開設しなければなりません。



初心者に一押しなのがネットの株式取引会社です。



ネット証券は様々な手数料が安くなっているので、利益を取得しやすいと言えます。ネット証券により、サービスの内容が異なってくるため、照らしあわせてから口座を申請しましょう。株式投資を行う場合には、単元株式の他の、ミニ株を購入する方法も有りえます。
単元株では投資金が高すぎて購入できない株式を買いたい時には、ミニ株で少量ずつ入手することによって、一度に大金を準備しなくてもほしいブランドを購入できます。株を始めたばかりの方が株式投資を始める狙い目というのは、多くの人が株式投資への関心を失い、株式市場が落ちついている頃です。このような時期だと、どの銘柄もありえないほど安く株価が放置状態になっているので、優良銘柄を買うなら絶好の時期だと思うためです。



株を始めた初心者であったとしても儲けを上げる秘訣というのは、急がないことです。いつか買おうと思っていた銘柄が高値になっているからといって焦って買ってしまうと大概は高値掴みということになります。
どんな高騰の意味があるのか、急激に高値になりすぎなのではないかと株を買い付ける前にいったん頭を冷やして分析しましょう。


株が未経験の方だけでなく、株式投資をする人の大半は極力手数料が格安なネット証券に口座を持つのがよいと思います。
というのは、株式を売り買いする際の手数料が安くすめば株式投資の売買が至って柔軟に対応できるからです。
株式投資はとても魅力の強い投資の手段の一つです。ですが、株の売買にはいろいろな危険も持っています。

株の主な危険としては、値下がり、流動性、倒産などのリスクがあります。株式投資は定期預金などとは違い、元本が保証されません。
株を始めたばかりの人は、リスクを十分に認識して用心深く投資を行う必要があります。株をやるのが初めての方が、決算書を読みたいと思っても、書かれている内容がまったくわからないでしょう。とはいえ、心配しなくていいです。株を長く持たず、短期売買に決めれば決算書の内容とは関係なく儲けられるからです。
ご存じだという前提ですが、株へ投資する方法には、現物取引と信用取引があります。



やはり初心者にはリスクの高い信用取引は推奨できません。自分の資金内で売買ができる現物取引を断然お勧めします。



入金した以上に損するリスクがありません。


例えば、優待狙いでじっくり株を持ち続けるのも一つの投資方法ではないでしょうか。
私は、某企業の株主優待が受け取りたいために株式投資を開始した初心者です。つい最近、株を買ったり、売ったりするのが難しく感じなくなってきました。



株主優待も色々あり、その会社の商品がもらえたり、ショッピングでは割引になったりするので、どの会社の株式を買おうか悩んでしまいます。株投資で失敗しない方法などという記事、本をよく目にします。しかし、絶対に失敗しないということなんてないのです。
でも、ちゃんと勉強して、ルールを考えた上で投資するなら、成功することもありえるのが株というものなのです。
失敗することを恐れたり、一度の失敗で諦めないで学んだ先に、株の楽しさが待っていると思えるのです。

これから株をやってみようと思って今はバーチャルの取引により行っています。


今は順調で、大きく勝ち越してきているのですが、いざ実際の株の取引となると簡単にいかないかもしれないのです。

けれど、この株のバーチャルで得た感覚というのを大事にして、年内には株の取引をしてみようと考えています。株では株式チャートによって売買判断を行うという方法が存在します。その中のひとつの方法が、押し目買いと、一般的にいわれている取引の手法です。株価が移動平均線と接する部分をその株の底値だと考え、その底値近くの値で株を購入するというのが押し目買いといわれる手法です。これまでの経験に準じると、これから株価が上昇する傾向が強まるポイントといえます。

皆そうじゃないかと思うのですが、私は株の投資を始めたころ、初心者でチャートをどうやって読んだらいいのか、判然としませんでした。

依然として完璧にわかるというわけではないのですが、「なんとなくこうだろう」といった見方があるので、それを目安にしています。


しかし、今でもたまにやり損なってしまう時もあります。株に不慣れであるのなら確定申告に備えて、源泉徴収ありの特定口座を開設することを提案します。面倒くさい確定申告の調査や作業にかける時間をできるだけ減らして、その代り、株式投資のための情報をかき集めることに集中することができるからです。株を持つ場合、自身の資金に対しての利回りを意識してしまうのではと思います。銀行に預けていたとしても大して利息がつくことのない現在では、国債や投資信託、定期預金や債券といったものに比べ、利回りが悪くては投資する意味がありません。しっかりと利回りを意識しながら投資をしていくのが重要なのです。株投資において、所得税の譲渡所得や配当所得などを加味した上で、確定申告しなくてはいけません。


それでも、特定口座利用者であれば、こういった税務上の計算は金融機関がやってくれますし、確定申告が不必要な場合もあります。そんなわけで、株投資者初心者の方に一番お勧めです。


株投資をしているサラリーマンは職場で勤務している時は相場を見ることは不可能ので、基本的にデイトレードのようなことは不可能です。


ですから、多くのサラリーマン投資家の人たちは決算書を十分に読んで、割安の株を探し出し、投資しているのだそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココネ
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rfebeek7ma4wan/index1_0.rdf