米国ではブラックフライデーになると、1年中この日のセールを待ち焦が

November 10 [Tue], 2015, 22:59
米国ではブラックフライデーになると、1年中この日のセールを待ち焦がれていた人たちがこぞって買い物をする。クリスマスも近いのでプレゼント用や自宅用にと買いまくる冬の大イベントと言える。
iPhone6ケース シャネル風


韓国人も待ち焦がれるブラックフライデー

米感謝祭週末の売り上げ減、購買動向の変化が影響か
米ニューヨークの老舗百貨店「メーシーズ」で、感謝祭当日の午後6時に始まった「ブラックフライデー」のセールに殺到する買い物客(2014年11月27日)〔AFPBB News〕
 ブラックフライデーとは、米国で感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。

 小売業では最大8割引きといった破格な割引率を提示し、当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セールの日でもある。
iPhone6s plusケースよって黒字になるという意味が含まれている。

 そんな米国でのイベントなのに、なぜか韓国でも待ち焦がれている人たちが多い。
iPhone6ケースグッチ

 もともと外国製品の値段が高く設定されている韓国では、米国で買った方が関税を入れても安い場合が多い。そのため、とりわけ韓国製品より外国製品を好む人たちは親戚や知人に頼んだりネット購入したりと米国でのショッピングを楽しんでいる。
iphone6s plus

 そうした人たちの行動、直接購入を略して「直購(チック)」という。チック族たちは、ブラックフライデーとなると「買わなきゃ損」という意識があるため、ブラックフライデーを心待ちにしている。
iPhone6ケース シャネル風

 さて、韓国にだってオンラインショッピングモールがあるというのに、海外のネットショッピングにお客をみすみす取られることに業を煮やした韓国の流通業者たちは、こうした昨今の消費者たちを囲いこむため、今年12月12日、韓国版ブラックフライデーを開催した。■ 「15才以上のサードプレイス」

11/14、大阪市・住吉区子ども若者育成支援事業(tameruカフェ)で展開する「tameruカフェ」のイベントで、近所の長居公園(Jリーグ・セレッソ大阪のホームグランドがある)の植物園で「花の撮影会をしよう」イベントを行なった。
グッチiPhone 6sケース
tameruカフェを利用する数名の若者たちとともに、僕も長居公園に行き、満開のコスモスやバラを撮影してきた。

上に貼り付けているのが、僕の最強iPhone6Plusで撮影した一枚だが、スマートフォンとは思えない一眼レフなみの画像は、まさにApple最強だと思う。
グッチiPhone 6sケース
っと、今回はApple礼賛記事じゃなかった。tameruカフェ的システムの有効性をお伝えするのがテーマだった。
シャネル iphone6ケース

tameruカフェのキャッチフレーズは「15才以上の無料のサードプレイス」であり、ひきこもり・ニート・発達障がい・虐待からくるPTSD等で社会参加しにくい若者たちが「日常生活支援」を受ける場として、大阪市住吉区が公的サービスとして設置したシステムだ。

運営は、僕の法人officeドーナツトークとあと一団体(NPOみらいず)が協働して行なう。
ルイヴィトンiPhone6sケース15才以上の人は誰でも利用していいサービスであり、面談支援(ソーシャルワーク+カウンセリング)と居場所/サードプレイス支援(調理等の日常生活の体験、撮影会やカラオケ等のレクリェーションを通した対人関係の学習)のふたつが両輪となって若者とその保護者(面談やセミナーに参加)を支える。

最近であればどこにでもあるような支援システムと思われるかもしれないが、
1.無料で、
2.就労ではなく日常生活支援で(地域若者サポートステーションは「就労」に特化)、
3.面談を通して適切な支援施設にリファーする(たとえば明確な精神障がいを持っている場合は医療機関につなぐ等)、そしてそして何よりも
4.「15才以上」が利用できる(中学までの居場所は全国にある)、公的な支援施設は全国的に見ても珍しいと思う。
iPhone6ケースグッチ

■ 「子ども若者のクォリテイ・オブ・ライフ」

住吉区フォーラムで「子ども若者のクォリテイ・オブ・ライフ」を語る石井正宏さん
住吉区フォーラムで「子ども若者のクォリテイ・オブ・ライフ」を語る石井正宏さん
もちろん、NPOが有料(月数万円の月謝がかかる)で提供したり、「支援システム」として組織化されていないものの公的サービスとしては一応提供する(たとえば非常勤の臨床心理士数名を配置するのみでマネジメントが曖昧)サードプレイス支援もあることはある。
が、有料サービスは格差社会の固定により利用する層が限られているし、組織マネジメントが曖昧な支援組織ではそれが公的なものであったとしても「社会参加」への筋道を描きにくい(その日利用して終わり)。
人気iphone6ケース

だから、「無料の、15才以上のサードプレイス/居場所」は、貴重なのだ。
高校はもはや実質義務教育なのだから、中学までの居場所(適応指導教室と呼ばれているだろう)を拡大して、どの自治体にもあればいいと思うのだが、それは今のところ限られているし、あったとしても宣伝ベタな行政サービスのため知られていない。
iPhone6ケース シャネル風

上の写真は、その住吉区tameruカフェの有効性を訴えるために、11/14に行なったフォーラム「子ども若者のクォリテイ・オブ・ライフ」から、出演者の1人である石井正宏さん(シェアするココロ代表)の発表風景だ。

石井さんは、神奈川県立田奈高校図書館で展開する「ぴっかりカフェ」や、「バイターン」という新しい就労支援サービス(バイトとインターンをミックスした仕組み)を実践・提案して全国の自治体から講演を出演依頼されているという。
iPhone6ケース香水風内閣府の、「困難を有する子ども・若者及び家族への支援に対する支援の在り方に関する調査研究企画分析会議」(長い〜!!)の委員でもあった(2013年。僕も同委員だった)。
超人気iphoneケース

■地元自治体に要望しよう

石井さんと僕が強調するのは、当欄でも度々強調する「困難層の若者に対する『文化の力』を用いた支援」だ。
石井さんはバンドマンでもあり、図書館からの依頼で「進め!! 田奈高校」というテーマソングをつくり、それを図書館司書とともに文化祭で演奏したりもする。
エルメスiPhone6s plusケース

僕の法人のドーナツトークは、前回当欄でも紹介したとおり、提携高校(大阪府立西成高校)の文化祭で「マカロン」を作って安く売る暴力の連鎖を「マカロン」で切る。ほかにアートイベント(ペインティング等)や調理イベント(ピザ等)を定例化している。
グッチ iphoneカバー

暴力と虐待が日常化する若者たちの家庭以外で、こうした「文化」と日常的に接することが、彼女ら彼らが数年後に「親」になった時(これは比喩ではなく事実として)、新たな「暴力の連鎖」が起こることをストップできればいいと願っている。

住吉区tameruカフェでも、撮影会のような文化的イベント(写真は立派な文化だ)を実体験することで、紋切り的日常(たとえ暴力はなくともゲーム等でワンパターン化した日常)に文化の風穴を空ける。
それが、停滞する日常を変化させる契機となることを願いつつ。

そのためには、有料ではなく無料公的サービスとしてシステム化された支援が是非とも必要になってくる(tameruカフェでは居場所と面談以外に、さまさまざまな会議体「住吉区代表者会議〈区長ほかが参加〉」「実務者会議〈課長級の運営会議〉」「ケース検討会議〈現場担当者級〉」が設置された)。
ルイヴィトンiphone6sケース

Yahoo!ニュース読者の一般の方からすると「そんなの当たり前では?」と思われるかもしれないが、これらはまだ日本にほとんどない公的サービスなのだ。
それを知ってほしいため、あえてここに書いた。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー必要だと思われる方は、地元自治体に設置を要望してみたらどうでょう。★

 韓国内の流通企業10社(11番街、CJモール、現代Hモール、ロッテドットコム、エルロッテ、AKモール、ギャラリアモール、ロッテスーパー、ハイマートショッピングモール)が手を組んで韓国版の「ブラックフライデー」を開催した。
シャネル iphone6ケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rfssfe
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rfbxef/index1_0.rdf