【 更新情報 】

サドルレザーウォレット本格派人気

レザーウォレットを使うなら良い革のものを長く愛用したいものです。革は使い込むほどに艶が出て、手になじんで色も形も変わっていきます。アメ色と言われる艶は革特有のものです。同じ1枚の皮から作られた革製品でも使い方や環境によって全く異なる状態になるというから驚きです。

レザーウォレットの革はサドルレザー、バイソン、クロコダイルなど革の種類は様々です。どれも大事に扱えば長く使えるものばかりです。

またレザーウォレットは年齢や性別に関係なく使えるすぐれた革財布で、ファッションに合わせて選べます。ジーンズのお尻ポケットからちょっと見えてるレザーウォレットがサドルだったら本格派。ビジネススーツから取り出した財布がヌメ革の高級感あふれるレザーウォレットだったら、かなりポイント高いです。

女の子だったらソフトレザーにポップなプリントがしてあるレザーウォレットが可愛いかも。あまり他の人とだぶらないし、何よりおしゃれです。レザーウォレットを長く大事に使っている人を見ると好感が持てるのは私だけでしょうか。

レザーウォレットは革財布とレッドムーン

レザーウォレットというとバイクに乗っている人の革財布というイメージが強いかもしれませんが、オシャレな人の間でも流行っている財布です。RED MOONレッドムーンなどのレザー専門店もありますし、BAEMSなどセレクトショップなどでもレザーウォレットを扱っているので一度は目にしたことがあると思います。

形は長財布や二つ折など好みによって使い分けているようで、革製品なので使えば使うほどに味が出るのがレザーウォレットの醍醐味です。ハンドメイドのレザーウォレットは丁寧に作られていて、たくさん流通している既製品では物足りないレザーウォレットファンを魅了しています。

そもそもレザーウォレットはバイク乗りが手袋を嵌めたままでも、お尻のポケットからお財布を出しやすいようにと作られたものだそうです。そのためレザーウォレットの一部がジーンズなどのズボンポケットから少しはみ出るようにデザインされています。

ハラコやフォーマルにも合うヌメ革はカジュアルな男性や女性に愛用者が多く、ストリートファッション系にはウエスタン調の型押しなどのハードなレザーウォレットが好まれます。

レザーウォレットチェーンキーホルダー

レザーウォレットを単品でズボンポケットに入れたりもしますが、レザーウォレットにはファッション的にもウォレットチェーンが欠かせません。ウォレットチェーンは好みで長さが選べる店もあり、おしゃれなレザーウォレットファンには嬉しい限りです。

チェーンと同じ役割のウォレットロープというのもあり、4本編みや丈夫な8本編みがあります。また、ベルトに付ける専用のキーホルダーがあり、そのキーホルダーにウォレットチェーンを付けるのが主流で見た目にもハードで、こだわりを感じます。

通販でもレザーウォレット、ウォレットチェーン、キーホルダーの3つがセットになったものが多く見られます。金属製の飾りボタンを意味するコンチョはレザーウォレットのアクセントになるところで、コンチョの絵柄にこだわると面白いかもしれません。

例えば桜や鯉なんていうコンチョもあって、かなり渋いです。レザーウォレットの大きさ、厚さ、革の種類などにこだわるなら断然ハンドメイドをお勧めします。彼氏へのプレゼントにハンドメイドのレザーウォレットを贈るのもいいかもしれません。
P R
カテゴリアーカイブ