楚爾、“楚吾なんじ”をも言っ

July 16 [Tue], 2013, 14:57
楚爾、“楚吾なんじ”をも言って、モンゴル族の民間の伝統の楽器で、漢朝の時期西域の流行っている胡笳十八拍の楽器中の1種で、吹く音は深くて、ゆるやかで、高く低く流れて婉曲で、すばらしくてまた非常に不思議で、世の変転に富んで思います。外形は笛、上に3つの孔があって、1種の“芒達勒西”というアシ科の植物の茎の茎から取り出していたずらに穴をあけた後に調子は製造します。楚のなんじの3つの孔は5つの音、6つの音を吹くことができて、とても特別です。その吹奏の方法は更に珍しくて、口を開いて吹いたので、舌の先に頼って(寄りかかって)制御して楚のなんじの度量に入りにきて、同時に2つの声部を吹奏して、咽喉のは奮い立って震えて和声を出して、舌の先のコントロールは優美なメロディーを吹いて、とても見事です。ルイヴィトン ダミエ エベヌ スペンサー N58021 メッセンジャーバッグ

“楚吾なんじ”は現在の民間の遺物の中の一つで、中国の器楽の生きた化石です。それの3の孔は5つの音、6つの音を吹くことができて、これは中国の音楽の誇りです。

私達は図のワットの人の中で、幸運にも1人の若者が楚の吾のなんじの演奏した歌を使うことが聞こえて、その中はまた特有なことを使って麦の技巧に息を吐き出します。彼はとワ族の音楽の大先輩の葉のなんじの徳西の学習を求めたので、彼はただいくつ(か)の歌だけをマスターします。若者はちょうど阿勒泰師範大学に合格して、2012年9月に入学して、私達は2012年7月に行ったのです。現在中国は楚の吾のなんじのとてもが10人を越えないことを演奏することができます。 ルイヴィトン ダミエ グラフィット トマス N58028 メッセンジャーバッグ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sfwer
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/reyeryt5/index1_0.rdf