就職活動で営業を敬遠

April 22 [Mon], 2013, 10:13
今就職活動している学生の中には、営業の仕事を敬遠している人がたくさんいると思います。


知らない会社に飛び込みで訪問したり、ノルマがあり達成しなければ、契約が取れるまで、夜遅くまで働かされるというイメージを持っている人が多いからだと思います。


テレビドラマなどの影響なのかもしれません。


しかし営業職を募集している企業の会社説明会に参加して、実際に営業として働いている人の話を聞くと、「ノルマはあるが、達成したときの充実感も大きいので、とてもおもしろい職種」という話をよく聞きます。



入社すると男の場合、大半が営業に回されます。


将来、管理部門への異動を望んでいるのならば、まず営業で実績を残す必要があります。


ビジネスマンとしてのスキルを磨く上で、営業を経験しておくことには、大きな意味があります。


何よりのメリットは外部のいろいろな人とコミュニケーションする中で様々な知識や情報を蓄積できること、そして人脈が広がることです。


これは単にビジネスにとどまらず、人生における大きな財産になってきます。




厚生労働省 雇用構造調査
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/6-18.html
平成18年転職者実態調査の概要と調査結果がわかるサイトです。

ウィキペディア-労働組合-
労働組合の成り立ちから現在まで知りたいあなたはこちらをクリック!


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:revuh
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/revuh/index1_0.rdf