電報の歴史

January 29 [Tue], 2013, 12:06
電報の日本における始まりは、西暦1869年に当たる明治2年12月に遡ります。
当時、離れた場所への連絡方法として、電報と郵便がありました。
電報は電報は緊急通信の手段として長らく利用されて来ています。
電話がまだ高価で、官公社やごく一部の裕福な家庭でなければ利用できない時代にも、電報は大いに利用されています。
また、「サクラサク」との入試試験の合格を知らせる方法としても、電報は昔から使われました。
現在、多くの利用がある慶弔用の電報は、1936年にスタートしています。
変わって現在では、電話がほとんどの世帯に浸透し、FAXやインターネットによるメールが定着しても、電報は思い出と共に形が残るので、温かみを与えてくれるメッセージとして変わらずに愛されています。
気持ちを伝える方法としてはメールと同じなのですが、電報にはより心がこもっているとして好評です。
内容の表現も、昔はカタカナで行われ、濁点なども一字として計上されるので、電報独特の文体、例えば"ヘンシンコウ"(返事をお願いします)などが使われたものです。
今は漢字交じりの文体に、点字用の電報、英文でも可能になりました。技術革新に伴って、電報は新しい流れを汲み取りながら、言葉の贈り物として高い人気を保っています。

東大阪市交通事故治療.com 瓢箪山駅近く 善村鍼灸整骨院.
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:とっと
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/returning1/index1_0.rdf