まどかさん「新選組大好き」の巻 / 2006年01月03日(火)
まどかさんは大河ドラマは毎年見るのですが2004年は
従来の新選組好きも相俟って大変なことになっていました。
その大河ドラマ「新選組!」の続編が決まったときにはいてもたってもおられず
ついうっかり浅葱の無地縮緬を衝動買いしてしまい使い道もなく途方に暮れました。

そんなところに妹が「お守りを入れておくちょっと大きめの巾着がほしい」と言い出したので好都合とばかりに

隊士巾着です。

ぶっさき羽織の縫い止まりは鹿革で他は正絹縮緬と正絹打紐とすが糸です。無闇に材質にこだわってみました。

お守りを入れるということなので紐は封じ結びです。

この封じ結びを綺麗に整えるのとフリルの辻褄を合わせるのにちょっと手間取ったけど他はそれ程難しいところはありませんでした。

本来は押絵の部分は奴の型で武家の男児がお供のように腰から下げていたものだそうです。
その奴巾着の型紙を引き直して新選組隊士風にアレンジしました。

肝心の妹は土方ファンなので「うわ〜ん!総髪がよかった!」といわれましたが
「山崎だよ!」ということにしてもらうことにしました。監察方はこの羽織を着てなかったような気がしますが。
 
   
Posted at 14:12/ この記事のURL
マドカさん「正月の仕度は床の間から」の巻 / 2005年12月29日(木)
今年のお正月花は桐・千両・百合です。

正月花は南天が好きだけど今年はこのメニューのみでした。
写真を撮ったときは全部つぼみだった百合がどんどん咲いてきてますが
正月中もつかどうか…。ちょっと薄いオレンジの百合です。
掛け軸を掛けてから花をいけるべきだったかも…。
 
   
Posted at 19:12/ この記事のURL
まどかさん「季節の変わり目に弱い」の巻 / 2005年11月06日(日)
普段から喉とか鼻とかがちょっと弱いまどかさんは
季節の変わり目になると唇もやられてカサカサかゆかゆしてきます。
この時期はお医者でもらってきた保湿オイルだけつけて口紅もしないでいたら
友人が京都のお土産にいいものを買ってきてくれました。

貝紅です。

桔梗バージョン。

中はこうなってます。

黒く写っちゃってるほうは実は綺麗な玉虫色です。
玉虫のほうも紅筆にとって塗るとちゃんと紅色になります。
紅花100%で出来ているこの紅は季節の変わり目の弱ってるときでも平気でした。
しかも紅花の効能で血行がよくなるというオマケつきです。
紅花アレルギーじゃなくて粘膜が弱いひとにはお勧めですよ。

そんないいものを買ってくれた友人に何かお礼をと思って作ったのが
つまみ細工のコーム。

お正月にちょっと着物を着たりするときに合わせやすいようにちょっと小振りです。
 
   
Posted at 17:24/ この記事のURL
まどかさん「夏の終わりに生姜シロップ」の巻 / 2005年09月11日(日)
夏はジンジャーエール、冬は生姜湯として大活躍する生姜シロップ。
梅や花梨のシロップより手軽に作れます。

大量の生姜。

これで500gぐらい。皮付きのまま薄切りに。

生姜とだいたい同量のお砂糖。

きび砂糖とか三温糖とか白くないお砂糖を使います。
精製してないお砂糖は身体を冷やさないって漢方でもいわれてるみたいなので。
生姜も身体を温めるから冷え性に効くかもしれません。

山盛り。

鍋の中は生姜とお砂糖が交互に地層のように。
このままおいておけば生姜の水分でお砂糖がいくらかとけてきます。

とけきるのを待たなくても

3分程火にかけたらシロップが出てきます。
このまま生姜がヘナヘナになるまで煮たら

濾します。

甘い生姜は豚バラやイワシを煮るときに使えるから
濾さずにとっておいても大丈夫。
うちではインド風ミルクティーを煎れるときに一緒に煮ます。

涼しくなってきてちょっと風邪っぽいと思ったら生姜湯か花梨湯。
なんとなく治る気がします。
 
   
Posted at 21:20/ この記事のURL
まどかさん「秋葉原で杏あんみつ」の巻 / 2005年09月08日(木)
駅から出た途端にメイドさんがチラシを配っているのを見たときは
凄いところにきちゃったと思いましたが
そんなザ・電車男みたいな通りを外れたところに老舗の甘味屋さんが。

浮かれ過ぎて外観の写真を撮り忘れたので

写真はこの杏あんみつ1枚だけです。杏大好き。
寒天も赤えんどうも美味しい黒蜜のあんみつでした。
竹むら名物揚げまんじゅうも食べたのに写真は…。
ちょっとは落ち着こうと反省しました。
 
   
Posted at 00:55/ この記事のURL
まどかさん「手芸部夏の陣」の巻 / 2005年08月20日(土)
いつもは夏になるとビーズアクセサリーを作っていた手芸部ですが
今年はちょっと趣向を変えてちりめん巾着を作りました。


朝顔柄のちりめんの朝顔巾着。紐先飾りも朝顔のつぼみと葉っぱです。
これは青バージョン。


底には朝顔の押絵を。これはピンクバージョン。


中にはひと回り小さいちび巾着を。
基本構造は同じですがちび巾着の紐先飾りは朝顔の実です。


大小合わせて4つ。2セットです。
友人姉妹の誕生日プレゼントです。


その姉妹のおばあちゃんにもらったキルトのピンクッション。
これをもらっちゃったのでお裁縫やってみました。
使ってますよということでちりめん細工を。
喜んでもらえるといいなぁ。
 
   
Posted at 20:11/ この記事のURL
まどかさん「御盆は仏壇から」の巻 / 2005年08月14日(日)
御盆とはいえ何処かに行くわけでもないまどかさんの夏休みは
とりあえず仏壇まわりを御盆っぽくするところからスタートです。


まずは蓮の花。これは割と全国共通でしょう。


そしてホオズキ。提灯のような形状が簡略化された盆堤灯を表現しているそうです。
出遅れたのであまりいい枝は残ってませんでした。


しかし本物の盆提灯も出します。ホオズキの存在意義に若干陰りが…。


そしてスイカ。うちで丸ごと買うのは御盆だけです。
スイカを買うとそれだけで冷蔵庫がいっぱいになるので。


御盆用の打敷の写真を撮り忘れました…猫も御盆なのでキレイにします。
 
   
Posted at 16:59/ この記事のURL
まどかさん「小学生だったらこれで自由研究終わらせる気」の巻 / 2005年08月04日(木)
映画&ラーメンの夜更かしツアーから帰宅したら庭先で蝉が羽化してました。


夏場は空蝉だらけになる庭だけどこの現場はなかなか目撃しません。


別アングルでもう1枚。
子供の頃、ラジオ体操の帰りに一度こういう状態の蝉を見たことがありますが
その時は「これの写真が撮れれば宿題の自由研究はこれで済ませることができるのに!」と
思いながらしばらく観察していました。
今は大人だしカメラ付き携帯を常備しているので写真は撮れましたが
大人には自由研究がありません。
ドリル系は初日にまとめて終わらせるけど自由研究や工作等の大物は
後回しにして御盆過ぎに途方に暮れるタイプでした。


3時間ほどでこの姿に。
最近やっと木登りできるようになったうちの猫に捕られないように
どこかに飛んでいってくれたと思うことにします。
 
   
Posted at 19:59/ この記事のURL
まどかさん「梅シロップ完成」の巻 / 2005年07月25日(月)
梅雨もめっきり明けて梅雨前に仕込んでおいた梅シロップも熟成。
飲めるようになりました。
暑いシーズンには必須ドリンクです。


梅ゼリー。カルピス式に薄めるシステムなのでゼリーには最適。
粉ゼラチンをお湯に溶かしたところにシロップ投入。
冷めたら冷蔵庫で冷やして完成。簡単おやつです。


梅ソーダ。甘くない炭酸水で薄めてシュワシュワに。
ジンジャーエールも作るので夏の間は炭酸水は常備してます。


梅ソーダ飲みながら手芸部強化月間。
夏祭りに間に合うように浴衣にあわせた巾着を2つ仕上げないと…。
またしばらくここは放置になるかも…。
 
   
Posted at 18:52/ この記事のURL
まどかさん「ちょっと昔のブーム」の巻 / 2005年07月09日(土)
まどかさんのお母さんが唐突にオレンジページを買ってきて
「これ作って」というので何事かと思ったら
オレンジページ20周年記念号とかで
歴代流行りものスウィーツのレシピ特集が。ティラミスから黒ごまプリンまで。
エッグタルトなんかいわれるまで忘れてました。
母のリクエストはスフレチーズケーキ。あぁ〜なんかそんなのあった記憶が…。

そんなわけで作ったのがこれ。

焼き立てより冷蔵庫で冷やしたほうが生地が落ち着きました。

焼き立てのあり得ない膨らみっぷりにびっくり。

写真ではわかり辛いことに。
 
   
Posted at 21:06/ この記事のURL
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!