マツダ、1700億円規模の資本増強へ 業

June 26 [Thu], 2014, 6:54
自動車メーカーのマツダが、最大で1700億円規模の資本増強に乗り出す方向で主力取引銀行の三井住友銀行などと最終調整に入ったことが21日、分かった. 円高で輸出採算が悪化して業績が低迷しているため、財務基盤を強める狙いがある. 1千億円規模の増資を目指すほか、金利は高いが返済の優先順位が低い「劣後ローン」を、700億円規模で借り入れる方向で検討している. 国内生産への依存度が高いマツダは、円高の影響を受けやすい. ニューバランス 店舗 2012年3月期決算では、純損失が1千億円と、4期連続の赤字となる見通しだ. 超円高が続く可能性をにらんでマツダは、海外生産比率をいまの30%から16年3月期に50%に引き上げる計画を打ち出している. 増資などで調達した資金を元手に、メキシコに新工場を建設して海外の生産拠点を拡充するなど、経営の立て直しに必要な資金を確保する.
  • URL:http://yaplog.jp/retihapking/archive/29
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。