<レスリング>吉田沙保里「父がいたから今の自分がある」

May 10 [Sun], 2015, 1:30
今日のレスリングニュースです


<レスリング>吉田沙保里「父がいたから今の自分がある」
 ◇父の故栄勝さん追悼の大会、地元・津で開催

 レスリング女子の吉田沙保里選手(32)=ALSOK=の父で恩師の故吉田栄勝(えいかつ)さん(昨年3月、61歳で死去)の功績をたたえるジュニアレスリング大会が4日、父娘の地元・津市一志町で行われた。会場を訪れた吉田選手は「父がいたからレスリングと出合え、今の自分がある。子どもたちが頑張っている姿は励みになる。父も天国から見守っていると思う」と話した。

 「吉田栄勝追悼大会」で、全国の25団体約250人が参加した。栄勝さんが創設し吉田選手も所属した一志ジュニアレスリング教室の宇戸平(うどひら)莞爾さん(13)=津市立久居中2年=は「栄勝先生の徹底した指導は忘れられない。『動きが1センチずれたら違う技になってしまう』と言われたことをよく覚えている。将来はオリンピックに出たい」と夢を語った。

 同教室で現在指導する吉田選手の兄で津レスリング協会会長の栄利(ひでとし)さん(34)は「父が残した教室で吉田イズムを貫き通し、レスリング界に貢献していきたい」と話していた。

 栄勝さんは全日本選手権で優勝した実績のある元レスリング選手で、吉田選手を指導した。2012年のロンドン五輪では日本代表コーチを務めた。昨年3月、くも膜下出血で急死した。【井口慎太郎】
(この記事はスポーツ総合(毎日新聞)から引用させて頂きました)


そしてレスリング関連の動画です