Origin。 

December 07 [Wed], 2005, 23:58
責任の所在。

責任ある行動の裏付けのある自由は許される。
自由を求め責任を放棄する事は許されない。

そう許されないのだ。

自分の見たもの経験したものが全てではない。
それが理解出来ないからヒトのイタミが理解出来ない。
当然の摂理ではある。

更に自分の知り得る事だけを他のヒトに
押しつけるのは愚の骨頂と言えるだろう。
その考えに自分なりの主旨があっての行動ならば
まだ百歩譲って理解も出来よう。
しかし単に惰性だけで自分が行動しているのであれば
中身が伴わない考えであるならば問題外だ。

また個人の自由ではあるが
本当に幸せはお金で買えるか。
お金で買えない幸せは無いのか。

これだけは自信を持って言おう。
お金だけが全てでは無い。

ヒトも財産では無い。
不必要ならば他人は一切要らない。
それも1人が怖いだけの惰性なら尚更だ。

私には揺るがない確固とした信念がある。
他人の考えや押し付けられた思考は一切要らない。
コピーやアレンジでは無く「オリジン」のみでいい。

誰の依存にも染まらない。

Misunderstanding。 

November 23 [Wed], 2005, 23:24
不変。

強い意思を持ち続け決して変わらない意思。
自らの生い立ちや経験による人格の形成。
それを崩す者に対する激しい迫害。

一度として思考は変わらない。

見せかけだけの変更。
心の奥底にある変わらない心。
想定外は悪とみなす。

変わらないのは自分だけではない。
寧ろ必要悪だと自覚している。

起こりえない事態や
自分の創造を超えるモノは「無」なのか。

底辺を見た人間は底辺から上まで見る目があるが
底辺を見ていない人間は上しか見えない。

同じ人間。
同じ目線。

人間の根本として平等さが無き者に
人間を語る資格などない。

私は自分の認識の甘さ思い知りました。
同時に無意識の思考の恐ろしさをも思い知りました。

所謂これが洗脳なのかもしれません。

Justice。 

November 21 [Mon], 2005, 23:43
完全体。

自由と責任を果たす行動の意図も見えず
ただ己の旗を振りかざす。
本来見えるモノにさえ目を背け
カタチに捕われながら生きて行く毎日。

無様に矛盾しながら生きて行く人間。

その無様で美しい姿を纏いながら生きている。
それは不変の事実。

事実から目を背け正当化するチカラは
次第に他人をも巻き込み徒党を組み強大となる。
そのチカラこそ正体なのである。

光の当たらない存在や無言の叫びは
まるで最初から無かったかのようにされている。
いくらその存在が事実を真摯に受け止めていたとしても。

そして正当化しているチカラは次第に武装を固め
その存在たちを制圧している。
若しくは石ころのようにその辺に転がしている。

誰が何の為に。

それを守らない者は
また正当化した武装で制圧されてしまう。

悲劇の輪廻。

それをこの世界では「正義」と呼ぶらしい。

Qualification。 

November 16 [Wed], 2005, 23:34
偶然。

1度に2度届いた。
申し合わせをしていたかのように。
そんな事ですら仕組まれているように思える。

頭の回転が早いのも考えものだな。
すぐに何もかも理解出来てしまう。

捨てれないモノは他人から見れば苦痛なモノが多い。
そして自分の捨てれないモノは置いておきたいが
他人の捨てれないモノは捨てて欲しいと思う事が大半だから始末が悪い。

本当に身勝手なイキモノだな人間は。
愚かな事だがこれが現実で事実だから仕方ない。

そんな人間の何を信じればいいのか。

PAIN。 

November 12 [Sat], 2005, 23:25
見つけて。

聞く耳を持たぬココロ。
理解しようとしない意思。
自分たち以外のヒトに対して否定する言動。

事実は永遠に変わらない。
忘れる事はあっても逃れられない。

答えは1つではない。

自分の知らぬモノや経験の無いものは
すべて悪なのでしょうか。

色々な意思の中でお互いの尊重をすれば
一方の意思の押し付けは皆無になるでしょう。

過去の実績の無い事には理解を示さない事は
ヒトとしての歩み寄りがない。

だから争いが起こるのです。

権力や社会的地位などだけがヒトの判断材料ですか。
仮にホームレスが正しい事を伝えているとして
その行動や言動は悪なのですか。
ただホームレスと言うだけで判断するのですか。

そのような光の当たらない存在に
貴方は耳を傾ける事は出来ないのですか。

そうであるならばヒトとして悲しい事です。

Superiority or inferiority。 

November 11 [Fri], 2005, 23:10
優位。

受け入れられる心。
受け入れようとする意思。
お互いの尊厳と尊重。

いま現在ヒトに欠けているモノです。

自分の想定外は悪では無い。
同じ人間の思考なのだから
同じ種族として受け入れなければいけません。

よく「こんな世の中だからね」等といいますが
「こんな世の中」を作っているのは我々なのです。
ヒトとしての連帯責任なのです。

自由と責任。

そう発言するなら自由にすればいい。
しかし責任は取らなければいけないのです。
そう行動するなら自由にすればいい。
しかし責任は取らなければいけないのです。

理解と尊重。
もっと本来のヒトに。

Healing of lie。 

November 10 [Thu], 2005, 23:15
共有。

まさかとは思いましたが
意外なところで癒しがありました。

なんと素晴らしくて美しい場所。

なにもかも
そうなにもかもが懐かしい。

どんなに他人が正義を振りかざしても
屈する事の無い自分自身の正義を貫いてみせる。

負けない。

どんなイタミにも耐えてみせる。
たとえこの身が切り裂かれようとも。

そんな戦いの中に
こんな癒しがある事に感謝です。
自分の正義を見失わない事が出来ました。

いろいろ今日はイタミやキズついてしまったけど
またこれで明日から戦えます。

偽りの無い癒し。
それは確かにそこにはありました。

キズを治す癒しだけが癒しとは限らないのです。
そういうチカラの癒しは確かにそこにありました。

また戦える。

Existence。 

November 09 [Wed], 2005, 23:10
たった1回。

そう。
ここ何日かでやっと1回です。

そして持参拒否する行動をしましたが
もう1つが削除されていた為に叶いませんでした。

平穏だった日々の中でも
他人には見えない戦いを自分は繰り広げています。
別に理解されようとは思いません。
ただ存在の確保だけはしたいと思います。

この世界に。

Awaking。 

November 08 [Tue], 2005, 23:33
完全に。

その楽しそうな裏側に潜む深い悲しみに途方にくれる。
それが眩しすぎるほど瞳を閉ざす。

なにもかも変わってしまった。
それはもう取り戻せないぐらいに。

そして
いつまでも自分は
永遠に何も変わらない。
何も加えない。
変わらないモノとして永遠に。

もう1つが段々と自分を支配していく。
そして変わらないのではなく元に覚醒していく。

それはより完全なモノとなっていく。
そして無言の叫びは届く事は無いだろう。

Motivation。 

November 07 [Mon], 2005, 23:28
半分は上昇で残りは下降。
このまま上がり下りを繰り返す。

お互いに譲れない想い。
ただ逃げたくはない。
いや決して逃げたくはない。

それならば。
そこまで己の信念を貫くのならば
他人を傷つけても事実からは逃げるな。

逃げるのではなく新しく歩み出したい。
新たな旅路を歩み出せ。

そのモチベーションを持ち続けよう。
それが自らで選んだ辿り着く道。

奇跡切り札は自分のみ。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/resky/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:resky
読者になる
Yapme!一覧
読者になる