白の軌跡 

2005年07月26日(火) 16時15分
個人的に保管したいシーン、その一。


岩手の山にも梅が咲いたよ!”甲板戦で味方がどんどん死んでる中で、遠くの山に梅が咲いているのが見えた”っていうシーン。なんだかものすごいこのシーンが好きで、グッジョブ監督と思わずにはいられなかった。すばらしい。マイベストシーンです。
北には春が一気に来るんですよね。まさに萌え出ずるといった感じ。(冗談じゃなく)
ちなみに梅と桃と桜が一気に咲くから、「三春」という地名になったとか言う町があるのはマメ知識。私自身最近知って、ちょっと感激しました。

沖田 

2005年07月25日(月) 1時34分

中空戦。でもがっつり地面を描いてしまった上に適当すぎてなにがなんだか、あまり突っ込まれると辛いですね・・・。
沖田はなんでか、ぴょんと飛んで〜横薙ぎのイメージがあります。どっちかというとしっかり地面をしっかり踏んで突きのイメージの方が強いはずなんですけど。最強!とか言われてるけど実は永倉の方が強いんでしたっけ??斉藤??なんで最強になったのかな。イメージというか、故の贔屓目のフィルタ…?でもそれじゃなくても強かったんでしょうね。生涯童貞っていう話があるんですけど、本当でしょうか。本当だろうが嘘だろうが、どうしてそんな事に…って思わなくもない。
血風録に入ってる「総司の恋」?が大好きです。沖田の恋愛があんなだったらどれほど微笑ましいか。それゆえの童貞って事だったら妙に納得がいくんですけど、本当どういう事だろう、これも。でも実際あの話はちょっと不思議な…変わった恋愛観ではありましたけどね。少なくとも二十台前半の男子っぽくはない…。

欲がないだとかにこにこしながらばっさばっさ人を斬るだとか、とてもジェノサイダーなイメージが。司馬土方曰く、「こいつは生まれもっての鬼だ…!」だそうだ。すごいな土方、その感想も。

でも、新撰組だかの名前を貰った際、その名前を板に書いて八木さん家の前に貼り出したそうで。で、沖田は門のあたりをうろちょろしながらその板を見てはにやにやしてた、って話を聞いて、ああ、世の中の沖田イメージはあながち間違ってはいなかった・・・と思いました。ま、まぁなにかひっかかりがありますけど可愛いエピソードですよね!ね!(なんで素直にかわいいといえないんだろう)

”にやにや”って表現が悪かったのかな・・・。

土方歳三散華 

2005年07月23日(土) 3時23分

かっこよかったなー。
眠いので後日にしますが、土方歳三散華はここが一番素敵だと思いました。が、作中はそれほどときめかず。やはり司馬マジックには敵わないよ。

ひなたの狼 

2005年07月21日(木) 17時32分

ひなたの狼系。
アマゾンレビューをみてちょっと怖かったんですよね。どんなのなんだ・・・・と思ってたところ古本屋にあったので立ち読みしてきました。
結果、欲しい。欲しかったなー、そのうち買いに行こうかな。面白かったですよ。私はああいう方が好きかもしれない。

ひなたの狼は新撰組漫画である前に、斉藤岬漫画だったっていうね。最初が燃えよ剣とかから入ってそのまんま行くと妙なギャップがあるのかもしれないけど、私は退魔針(漢字合ってないかも)も読んだ事があったので、極普通に納得できました。あれだ、燃えよ剣方向で行くとダンダラあたりが理想なのかな。こんなどっか気のぬけた新撰組漫画だと違和感なのかもしれませんね。そこがひなた〜の好きなところなんですけどね!

みんなかわいい!芹沢がかわいい!!なんて可愛いんだあのオッサン!と思わずにはいられませんでした。可愛くかっこいいオッサンでした。そして大人です。
ぎゃくに土方のが・・・面白い人です。等身大の人間で素敵でしたよ。かっこいいわけでもなく、鬼っ子でもなく、ごく普通の人間でした。この人はずっと新撰組好きだったんだなーってのがなんとなく感じれる点というか。世間の論に流される事ない岬土方っていうのが立ち上がっていた。新鮮な土方がいるね。
他の人たちも、なんとも言えないスルメ系の味があって本当に好きでした。やっぱりああいう話好きだなー。テンション高いのもいいけど・・・お互いのいがみ合いなんかが凄く気抜けしててどろどろ感がないのが気安くていい。清河でさえイトオシイと思いました。
沖田は絶品です。あの顔、本物もあの顔に違いないよ・・・。アンチ美形沖田で行きます。

それにしても土方が異様にかわいい。女の子!ルキア、岬ルキア・・・とぶつぶつ呟いてますが・・・。でも特に行動がとか言動がとかじゃないけど妙に男らしい。素敵です。岬漫画、癖になる。

あ、最後に追加。斉藤一が最高ですよ!!実際あの顔だったに違いない

ブックレビューなんてできませんが 

2005年07月18日(月) 0時52分
絵文字が使えるらしい

それはともかく、新撰組関係の本って一杯ありますよね。感動大作から、日々の日常から、気の抜けた一冊から、商業という名を冠った同人誌(・・・)などなど。サイトさんによってはかなりしっかりとレビューを作ってらっしゃって、それを見ながらちまちまとおいしい所取り読書をさせていただいてるこの頃です。

たとえば・・・。新撰組読書@ほぼ日
ttp://www.1101.com/yomu/index.html
ざっと見てこれだけあると。全読破なんてのは、本なんて授業中とか電車内とか授業中とかにしか読まない自分には無理な話です・・・。なのでお奨めあったらぜひ、教えてください。のろのろとしか読めないんでアレですが・・・。

今の所「燃えよ剣」と「新撰組血風録」と「土方歳三、往きてまた」・・・あとバラガキ〜なんてのも読みました。ど、どれもが、借りたり立ち読みだったりと・・・こんなでいいのかな。
現在進行形だと「新撰組異聞」と「土方歳三散華」です。土方ばっかなのは気のせいで、す。れ、列挙してみると恥ずかしい!

漫画だと「北走〜」が素晴らしかったですね。お耽美!姿かたちは麗しの麗人なのに漢。やはり漢です。おお、副長・・・ていうか相馬が。相馬が!
「風光る」は昔から読んでるのですが、新撰組っておいしいの?時代に読んだのでもう一回読み直し中です。ちゃんと理解しながら読むと面白いね、あれ。

レビューなんてたいしたものは書けないので・・・ていうかそれは他の方がすばらしく参考になるのを書かれてるので、そのうち自分メモみたいな意味での感想文くらいのを書けたらなぁと。流してください、程度のを・・・。


とりあえず土方を愛したいなら、バイブルの「燃えよ剣」から


土方かわいい!かわいい!お雪と一緒だとかわいい!っていうか司馬の日本語が綺麗でかわいらしい!!

ぜひ、どうぞ。

ノット土鳥。でもそれも有。 

2005年07月16日(土) 1時11分
別にえろくもないんですけど、とりあえず。
大鳥×土方だとは一応思ってるんですけど、これだとどっちがどっちだか、どっちもどっちというか、ゆ、百合ちゃんめ!
奉公並は酔っ払うと黒くなるといい。大鳥はひたすら朗らかに愉快になるけど、奉公並は無口になって目が据わるとか。
いつも心の中にだけ留めておく、大鳥さん大好きっぷりがだだ漏れに。

きもめですみません。

餌付け 

2005年07月15日(金) 20時30分

おにぎりをもらいました。
卵をもらいました。

幸せで涙が出ました。

そんな奉公。

ポジティブというか、なんというか。頭のよい方でらっしゃいます。土方とは違った意味でというのもあるけど、それ以上にきっと全体的に土方<大鳥だったんじゃないだろう、か、と今時点では個人的に思ってます。つまり学以外の部分でもきっと大鳥のが上だった。ただ唯一、地味であった(うわぁ)。
要領もよかったんだろうなぁ。しかし不器用なのかもしれません。そのため、野村に、市に、函館の新撰組たちに苛められる日々を・・・(妄想ですよ)
銀魂でも出てくれないかなー。万が一出てくるなら、幕府のお偉いさんとか、そのあたりのポジションですかね。いきなり大江戸マート?の店長とかのポジションで現れたら咽び泣いてソラチにラブレターを出したいです。

奉公、あなたがいとおしい・・・!

と、某部下Hも心の中で思っているに違いない。(・・・こ、これまた少数派なのかな)
土方(襲いうけ)→大鳥(襲われうけ)です。成り立ってないのが萌。

もう一丁! 

2005年07月15日(金) 3時10分

情熱過多ですみません。
函館の母と、きっとこの頃から既にかっちゃんかっちゃん言ってただろう、子十四郎。

だんだんどちらも同じになってきました…。
母は難しい。しかし大鳥はもっと難しい>案外つぶらな瞳

踊ってます。 

2005年07月14日(木) 23時31分
今までメモ内で語ってましたが、段々一ページ丸まる埋まるよ!という申し訳ない感じになってきてましたので、別所を作りました。思った以上にボルテージ上がりっぱなしですので、気が収まるまでの暫くの間こちらで存分に吐き出そうと思います。ムッシュ、H方!アボルタージュ?(フランス語なんてわかりません)
ロンリーぶりがいっそ愉快ですが、誰か同じ穴の狢に(嫌な表現)、くらいの気持ちでいきたいです。握った手は離さない、ぜ!そんなじゃなくとも、こんな人居たんだーとか少しでも知ってもらう機会になればなぁと。

そんなわけで、興味がおありの方などはお付き合い、お触り、して下さい。踊り子たちには触れ放題ですのでどうかひとつ。(??)むしろお触りさせてください。

気持ちを込めてダブル副長で。京都の鬼っ子とマヨネーズ王国のあの子。
どっちもめんこくって、お触りどちらからしていいのか分からない。
とりあえず二人揃って近藤(@銀魂)に迫るといいよ!くぁ、かわ、かわいい!
近藤が!!
ただ、近藤(@銀魂)じゃ土方(@史実)は手に余るんじゃいかな。
迫られたら焦り極まって敬語なんじゃないかな。
土方さん、どころか土方殿、なんじゃないかな。
そんな近藤(@銀魂)。土方(@銀魂)は気が気じゃないんだろうな、思い余った挙句、必死に近藤(@銀魂)に迫りつくといいよ!半泣きで勲さんに縋るといいさ!若いね!
土方(@史実)には近藤(@史実)じゃないと。手綱が握れませんよ、この小悪魔め!

といった感じで・・・割合きもめです。
踊り子にはお手を触れても、踊ってるのにはお手を触れない方が安全かもしれません。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■メモ■
■ゆずむら
■土方大鳥土方、そして伊庭、守衛面々。鳥羽伏見以降に輝きます。
■歴史に疎いので、発言が間違っていたりした時にはそっと教えてやってください・・・。目下勉強中です。
http://yaplog.jp/rered/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rered
読者になる
Yapme!一覧
読者になる