オオキンカメムシのGomez

April 25 [Mon], 2016, 4:16
介護士としての技能を高めたいと望むのであれば、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったような単純な業務とは言えませんから、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。ところで、更なるスキル向上を狙って転職を希望する場合があります。


様々な技能が必要になる、さらに高度な介護の現場に行って介護士スキルをさらに底上げを図ろうとする、ポジティブな考え方の転職ですね。
介護士として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのはとにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。



X線撮影やCT検査など、介護士が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、注意するに越したことはありません。同様に、薬にも妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。
一方で、介護士の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。


仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。介護機関で働く介護士は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。そしてまた、外来勤務では土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。

例外を除いて、夜勤ももちろんありません。
勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは介護施設による訳ですが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと待合室に患者があふれるようなことにもなって、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。身につけたいスキルについても診療科や介護施設によってもかなり違ってくるでしょう。

介護士の資格を取得するには皆さんご存知のように、看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。授業の内容などはそこまで変わらないのですが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。

他方、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習をすることに重きを置いているので実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。止まらない少子高齢化の影響。



介護職にかかわる人たちももっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。

そういった理由で現時点で介護士不足の状態なのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。


年ごとに多数の介護士が新たに生まれているのにもかかわらず、今なお介護士の数が十分でないのはなぜかというと職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も起因しています。介護士資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、やっぱり、働いていない期間が長くあったとしても、再び介護士として働くことが比較的容易だということです。


どうしてかというと、介護士の仕事が専門職だということ、人手不足であるということが大きくかかわっていると言えます。


どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ状況次第で五十代でも復帰できます。


もはや日本は超高齢化社会です。
病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、介護士は忙しくなるばかりです。

お世辞にも良いとは言えない労働環境で、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死という痛ましい結果になった介護士もいます。では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、ますます介護士の需要は高まり、介護士は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。


介護士の勤務先は、クリニックや介護施設の他にも存在します。


「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても特に介護士は重宝されているのです。



グループホームで生活しているのは、基本的に認知症の方ばかりなので、そのことを心に留めて介護することが重要です。介護の分野に関心があるという介護士は、グループホームに就職するという選択肢も考えてみると良いでしょう。介護士の場合は安定していると思われることが多く、ローンの際も、往々にして、簡単に審査に通りがちです。
けれども、介護士の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースではそう簡単にはいかないかもしれません。


ローンで審査に引っかからずに通れるのは正職員という形で勤務中の介護士のように、安定している場合なので、たとえ介護士でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。一般的に、介護士の中には喫煙者が減っているように思います。実際のところ、そのイメージ通りに平均的な禁煙率よりも、介護士の喫煙率は少ないそうです。介護施設で勤める以上、煙草の臭いを漂わせまいと意識している介護士が多い状況だと見て取れます。
ハードワークで知られる介護士ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。



勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も担当看護士が任されます。

いきなり緊急手術が行われたり、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、めまぐるしく次々と仕事が飛び込んできたりもします。



あまり意識されたことは無いかもしれませんが、介護士にもそれぞれ階級があります。一番階級が高いのは、介護施設によっても違いますが、多くの場合は総介護士長ですとか、看護部長といわれる人ですね。実際に階級を上げるためには、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、周囲の信頼を得ることが必要だと言えます。

階級が上がれば上がるほど、年収や待遇は良くなるでしょう。看護の学校を出て、初めて介護士として働き始めた新人だったり、別の介護機関から転職してきたばかりの介護士に多いのですが、間違いなく残業をしているのに、相当する手当が未払いになることがあります。


賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、新人だということは何の言い訳にもならず法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。
就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、せっかく働いたのならその時間分、働いた人に支給されるべきでしょう。
病気になって気落ちしていると介護士の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、現実には介護士の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚える必要のある仕事や繰り返しのチェックなど相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。

このような仕事のストレスで、こころの病に侵される介護士も今では珍しくありません。性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。一般的に、介護士は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、絶対に夜勤が必要になる職業です。夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。それは、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。

2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。一方の3交代勤務では時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。
求人に応募しようとする介護施設が2交代と3交代のどちらの勤務形態なのか調べておいた方が、実際の勤務に向けた心構えが出来ると思います。


近年、日本においてはインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人介護士候補生の受け入れを実施中です。
しかしながら、候補生は日本語で出題される介護士国家試験を受験して、仮に、3年かかっても不合格だった時には、自国に帰らなければならないのです。


就労と日本語の勉強と国家試験に受かり介護士となるために勉強までしなければならないということで、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。シフトを組んだ交代制勤務などで大変な仕事を抱える介護士ですが、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。
入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、きちんと申し送りをする介護士に引き継がなくてはいけません。簡単に済んでしまうようなケースもあるとはいえ、病状や処置に関する情報については間違いがないよう、慎重になる必要があります。

介護士だった知人は、病気になってしまって、その療養のために一度介護士を辞めています。

でも、病気を治したら早速現場に戻って、昔と変わらず介護士として勤務しているのです。

多少、仕事をしていない期間があっても、有利な資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。一般的に、介護士として勤務する人は大半が女性なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、その結果、離職率が高い割合を示しています。

加えて、勤務時間が一定でないこと、労働環境の大変さによって結果的に離婚してしまう方も多いようです。

自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。介護士と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、職場においての有用性、必要性は高く、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。入院施設のある介護施設でしたら当然、夜間も稼働していますから、24時間切れ目なく介護士もいる必要があります。
そのため、業務は日勤と夜勤という形に交代制を採っています。夜勤業務があるので、生活リズムを上手にコントロールできなければ思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。


このご時世、「介護士は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。


しかし、詳しく見てみると夜勤手当があることによって稼ぎが多くなるという現実があります。

ですからナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであれば勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。



夜勤の有無によってかなり手取りが左右されます。



国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、この何年か特に治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。



ですから当然、介護機関で働く介護士もどれだけいても足りないという程、介護士が足りなくて困っている、という介護施設はたいへん多いのです。しかし、人材が不足している、ということはつまり、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、転職を希望している介護士にとっては、転職先を見つけやすい等の利点を挙げることができます。
昔の話ですが、かつての介護士といったらほとんどが女性の職業でした。しかし最近の傾向は、どこでも介護士の名称が使われ、男女共に働く職業となってきました。介護士に相応しい性格や能力をみても、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。
女性的な優しさも大切ですが、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。以前は介護士というのは女性の職業と思われがちでしたが、昨今は少しずつ介護士を志す男性も増えてきています。


実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性介護士がより力を発揮できるということもままあります。給料の点からみると女性と変わらないのですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、より高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。転職を希望する介護士の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。

働く介護士が不足している介護施設などいくらでもあって、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。

例えば今現在、勤め先で給料が相場より遥かに安かったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。


今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。少々手間もあるのですが、利点が多い介護士の能力評価については、近年ではだいぶ行なう介護施設が増えてきました。

個人ごとの能力を位置づけできるよう、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。


月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、一年に一度だけということもあります。こうして定期的にどう評価されているか知ると、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、介護士としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。



介護士というものは「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、やっぱり、労働者の権利を訴えるような組織がなければちゃんとした雇用条件で働けず、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。



介護士がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、雇用する側が、ちゃんと考えてくれることが重要であるということに疑いの余地はありません。


常日頃、介護士とて奮闘していて、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。
そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。ちなみに、それほど激務でもない病棟として知られているのは、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。

ところが、専門性の高さですとか、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。
近頃は、介護士は足りていないと言えます。介護士資格を持っているけれども、介護士として働いていない人も多くいます。

このように介護士が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。それは介護士の離職率が高いということが大きいと思います。具体的には、常勤介護士の場合の離職率は、約11%にもなります。
女性の方が多数を占めている職場ですから、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る介護士ですが、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。
介護士の資格を持っていれば、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというようなその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。
ですが、本業で勤めている介護施設で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。

そして、その前に本業での介護士の仕事自体が、相当ハードなものとあって、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rio
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rercdsslapacmw/index1_0.rdf