リプロスキンでニキビ増えたのは好転反応!悪化したわけじゃない!

August 19 [Fri], 2016, 12:44
リプロスキンに関する口コミを見ていくと、だいたいがニキビが治ってきた!ニキビ跡のクレーターも消えてきた!というものが多いんですが、気になるものもちらほらあります。

ニキビが消えるどころかニキビが増えた!?という口コミも見受けられます。肌質によって効果の違いがあるのはわかりますが、ニキビが悪化することはあるんでしょうか?



リプロスキンを使ってニキビが増えたというケースに関しては、実はニキビが治る過程で起きる好転反応というケースがほとんどなんです。



■ニキビが増える理由

リプロスキンでニキビケアをすると同じてニキビが増えてしまうのか?その理由は、新陳代謝が促された影響によるものです。

ニキビが繰り返しできやすい肌質の場合、特に、肌表面だけではなくて肌の内側にもニキビができるきっかけ(たね)みたいなものができていることがあります。



新陳代謝が促されることによってニキビのきっかけが肌表面に現れてしまい、ニキビが増えたような錯覚を覚えることになるんです。

ちなみに、ニキビのきっかけは遅かれ早かれニキビになるモノなので、ニキビが増えたわけじゃなくて、ニキビができるのが早くなっただけです。



新陳代謝が活発に機能していれば、ニキビがそれ以上悪化する前に古い皮膚と剥がれ落ちてしまいますから、ニキビが消えるまでは時間の問題です。

リプロスキンを使っていれば、よほど肌質に合わない場合を除いて、少なくともニキビが増えることもなければ今よりももっと悪化する心配もありません。



■リプロスキンを使うメリット

リプロスキンを使ってニキビケアをするメリットは、一つはあらゆるニキビに対応できるように成分が研究されているところ。

たとえば、赤ニキビの炎症だったり、ニキビ跡の赤みを消すために、グリチルリチン酸ジカリウムという抗炎症成分が配合されています。早い人だと1週間くらいで赤みがうんと小さくなっています。



そしてニキビを治す為に欠かせない新陳代謝を促す成分としてプラセンタが使われています。プラセンタの効果で新しい皮膚がどんどん生まれ、古い皮膚はどんどんはがれていきます。

プラセンタにはコラーゲンの生成を促してインナードライ肌を改善してくれたりするものの、プラセンタ自体は決して珍しい美容成分ではありませんよね。



どちらかというと良く目にするわけですが、リプロスキンではプラセンタが持っている欠点を補っているところが、他のスキンケア用品とは異なっています。

プラセンタは水溶性と言って油にはじかれる性質があるうえに、粒子サイズが大きくて、肌へなかなか浸透しにくい成分なんです。



リプロスキンではそこで、低分子プラセンタを使って粒子サイズを小さくしているうえに、アクアポリンの力を使って浸透力を強化しています。

アクアポリンは私たちの肌にももともと存在する成分です。アクアポリンは内部に水分を蓄える役割を担っていて、プラセンタが肌内部にしみ込むための「水の通路」として機能してくれるんです。



他の美容液の場合、合成界面活性剤の様に危険な成分が使われていることがあり、肌を癒しているのか傷つけているのかわからないようなモノが少なくありません。

リプロスキンならば、肌に余計な負担をかけることなくプラセンタが持っている本来の機能を発揮して、ニキビを根本的に減らしてくれますよ。



あらゆるタイプのニキビをことごとく治してくれるリプロスキンの効果を割引価格で試してみるにはこちら
↓↓↓






リプロスキンのプラセンタで肌のくすみも改善!

August 19 [Fri], 2016, 12:37
ニキビができやすいと、肌の色もくすみがちなですが、その原因は肌内部の乾燥です。コラーゲンが減って潤いが減ることで透明感が失われてしまうんです。
コラーゲン不足はインナードライ肌によるニキビを招いてしまうものの、リプロスキンならば、プラセンタの力でコラーゲンの生成を促すことができます。

コラーゲンで肌内部が満たされるようになれば、肌のトーンは明るくなるし、肌を触った感じも随分と柔らかくなりますよ。