美容専門チームが開発したニキビ痕専用ケアReproskin(リプロスキン) 

April 06 [Fri], 2012, 13:50

凸凹・赤らみ・黒ずみ・ニキビ痕でお悩みの方!!



ニキビ痕に本当に悩んでいるあなたに、このリプロスキンを使って欲しいと心から思っています。


「Jewel Rain(ジュエルレイン)」という背中ニキビ専用のケア商品を扱っていますが、「せっかくニキビの悩みから解放されても今度はニキビ跡がなかなか…。」という方が非常に多いのです!


実際、Jewel Rainを使い続けていればニキビ跡のケアにもなるのですが、「もっとニキビ跡に効果的なケアはないのか…?」この思いがずっと頭から離れませんでした。


製薬メーカーにも相談し、試作品を作りながら試行錯誤した結果…たどりついたのが、『お肌に柔軟性を持たせること!』という答えでした。


それが全てのスキンケアの効果を高め、何より"健やかなお肌になっていく"ということだったのです!
実はあなたに本当に提案したいことは、この"健やかなお肌になっていく"ということです。


これはリプロスキンの開発コンセプトにもなっています。


健やかなお肌になるということは乾燥や紫外線などの外部刺激にも強く、ターンオーバーも正常ということです。


つまり、今後のお肌トラブルそのものを予防していくことになるのです!


 


これが、あなたが目指すべきゴールなのは間違いありません。


↓↓↓↓↓そのために開発した商品です↓↓↓↓↓



まずは試して欲しいので60日間の返金保証も付けました。


お肌トラブルはあせって取り組んで欲しくないので、少しでも経済的に続けやすいように「基本プラン」も設定しました。


しかし、1日2回リプロスキンをつけるだけをきちんと出来そうにない方は、是非ともお申し込みはしない様にお願いいたします。


商品の製造から発送にかかわっている方達の手間や思いをムダにしたくはありません。


そして大切な資源のムダになってしまいます。


1日2回はしっかりとお使い頂ける「真剣な方」に是非ともリプロスキンを試して欲しいと心から思っています。


真剣な方と一緒に、真剣にお付き合いしていきたいのです!


もし、このサイトをお読みになってあなたと一緒にお付き合いが始められたら、こんなに嬉しいことはありません。


最後にリプロスキンはこれ1本でニキビ跡ケアとして十分ですが、お肌に柔軟性を持たせるので、今のケアにプラスαすることでも、スキンケア全体のレベルが大きく上がることを実感してもらえると思います。


⇒「ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水 Reproskin(リプロスキン)」のご購入はコチラから

ニキビ痕の化粧水を選定 

April 06 [Fri], 2012, 13:49
ドラッグストアに行っても、ニキビ跡のための化粧水って種類が多すぎて迷ってしまいますよね。
もちろん、いくつも試していけば、いつかは自分にあった化粧水が見つかるかもしれないけど、なるべく失敗したくないですよね。そこで失敗しないニキビ跡化粧水の選び方を紹介します。


<ニキビ跡に効く化粧水を選ぶ、3つのポイント>


1.ビタミンC豊富で、浸透効果のある化粧水・美容液を選ぶ

2.オイルフリー・低刺激の化粧水・美容液を選ぶ

3.サポート体制がしっかりした会社を選ぶ

この3点さえ外さなければ、化粧水選びで失敗することはまずありません。
逆に、間違った化粧水・美容液を選んでしまうと、お金と時間をムダにしてしまいます。
大人ニキビを治すのとは違い、ニキビ跡退治は必ず長期戦になります。化粧水・美容液で後悔しないためにも、化粧水選びは慎重に行いましょう!

⇒「ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水 Reproskin(リプロスキン)」のご購入はコチラから  

効果的な化粧水・美容液 

April 06 [Fri], 2012, 13:49

1.ビタミンC豊富で、浸透効果のある化粧水・美容液を選ぶ


ニキビ跡を補修するには、ビタミンC誘導体か高濃度ビタミンCが配合された化粧水・美容液を選ぶことが基本です。

ただし、それだけでは不十分です。

なぜなら、肌が本来持っている防御機能のせいで、ニキビ跡に効果的なビタミンCまで防御してしまい、十分にお肌の中まで届かないからです。
浸透効果のある化粧水・美容液を選ぶとより効果が高いでしょう。

 

2.オイルフリー・低刺激の化粧水・美容液を選ぶ


 

大人ニキビやニキビ跡に悩む女性の肌は、刺激に弱いのが普通です。
これは洗顔料についても言えることですが、刺激の弱いものを選びましょう。

また肌になじませる場合も、敏感肌の人はコットンを使わず手になじませてから使用した方がよいでしょう。
詳しくは、各社の製品HPに記載されているはずです。

 

3.サポート体制がしっかりした会社を選ぶ


電話窓口はあるけど対応が不親切だったり、会社HPの「商品の使い方」の説明が すごく少ない会社もあります。

化粧水は相性もありますが、こういう会社の商品はなるべく避けた方がよいでしょう。
HPや公式ブログの情報の充実度は、判断材料の1つです。

また返金保証があれば絶対ということはないですが、判断の目安にはなります。
返金保証をしてるのは自社製品への自信の表れでして、商品がダメな会社はすぐに行き詰るからです。

⇒「ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水 Reproskin(リプロスキン)」のご購入はコチラから  

ニキビ跡を消す 

April 06 [Fri], 2012, 13:49

<ニキビ跡を治すための大原則>


 

1.浸透効果のあるニキビ化粧品で毎日、スキンケアをすること

2.バランスの取れた食生活を心掛ける

3.規則正しい生活をおくり、ストレスを溜めない




程度にもよりますが、ニキビ跡を治すのは時間がかかります。

ですので、長期戦は覚悟して下さい(半年〜1年)。
ニキビ跡を消すといっても、何も劇的なことをする訳ではありません。


毎日地道にスキンケアをすることと、「ニキビの出来にくい肌」を作ることです。
当たり前の話ですが、ニキビのできやすいお肌でニキビ跡が治る訳ありません。

効果が目に見えるまで時間はかかりますが、時間をかけてニキビ跡対策を行えば、ニキビ跡は確実に良くなります。

ニキビ跡が消えるまでの時間は個人差がありますが、必要なのは地道な努力と正しい知識です。
美肌目指して頑張りましょう!

⇒「ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水 Reproskin(リプロスキン)」のご購入はコチラから  

毎日のスキンケア 

April 06 [Fri], 2012, 13:48
ニキビのスキンケアに使う化粧品ですが、ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水 Reproskin(リプロスキン)を使います。

特に、リプロスキンは独自の浸透技術でピュアビタミンCを肌まで浸透させるのでニキビ跡のケアにはオススメです。

リプロスキンがコラーゲンの生成を促し、ニキビ跡徐々に修復していきます

その他スキンケアの注意点として、クレンジングや保湿ゲル・乳液は必ずオイルフリーのものを使いましょう。

洗顔の際に顔をゴシゴシこすり過ぎると、角質層を落してしまいますので注意して下さい。

メイクについては、ファンデの厚塗りは肌にダメージを与えるため避けた方がいいでしょう。

リキッドファンデにはオイルが豊富に含んでいるものもあるので、購入前によく注意して下さい。

原則、刺激の強いメイクは避けた方がいいです。
シミなど隠したい部分がある場合、コンシーラでカバーし、あとはポイントメイクだけにするとよいでしょう。

⇒「ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水 Reproskin(リプロスキン)」のご購入はコチラから  

バランスの取れた食生活 

April 06 [Fri], 2012, 13:48

<バランスの取れた食生活を心掛ける>





これはニキビ跡を治すのに限った話ではないのですが、美肌を目指すなら食生活には気を配るようにして下さい。
ことニキビに限っても、「ニキビをできやすくする食べ物」と「ニキビをできにくくする食べ物」があります。

<ニキビをできやすくする食べ物(=お肌によくないもの)>
スナック菓子、チョコレート、スパイス類、レトルト食品、コーヒー、酒、カレー、ナッツ類

基本的に「糖分を減らす」ことを心掛けて下さい。
チョコがニキビによくないというのは多くの人もご存知とは思いますが、意外に知られてないのがナッツ類です。

ピーナッツ・アーモンド・クルミはもちろん、クルミ入りのパンを食べただけでニキビが出来た、という話をよく聞きます。ご注意下さい

 

<ニキビをできにくくする食べ物(=お肌によいもの)>
ヨーグルト、野菜・果物、豚肉、アセロラ系やアミノ酸入りドリンク、ゴマ、大豆類

外食が増えてくるとどうしても栄養バランスが偏り勝ちになりますが、たとえばレストランなどでは、温野菜のサラダなど、ゆでたり煮たりした野菜の料理を なるべく摂るようにしましょう。

それでも補いきれない場合はサプリを飲むのも手ですが、あまりサプリメントに頼りすぎるのもよくありません。

⇒「ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水 Reproskin(リプロスキン)」のご購入はコチラから  

規則正しい生活 

April 06 [Fri], 2012, 13:48
成人女性がニキビができる一番の原因は、ストレスと言われています(特に人間関係のストレスです)。

あなたの周りを見回してみても、社内の異動で嫌な上司の下についてしまい、ニキビが出来やすくなったお友達がいるのではないでしょうか?
しかしそうはいっても、このストレスの原因は自分でコントロールできない場合がほとんどです。

ですので考えるべきは、ストレスに会わないようにする方法ではなく、ストレスをうまく解消するための方法です。

ストレス解消法は人それぞれだと思いますが、オススメはヨガです。
自宅で簡単にできるしお金はかからないし、ダイエットの効果もあります。
逆に、お酒によるストレス解消は、お肌にもよくないのでオススメできません。
もう一つ、生活習慣で気をつけて欲しいのが夜更かしと寝不足です。
睡眠中に肌の補修、ターンオーバーが行われるのを聞いたことある人も多いと思いますが、 寝る時間帯が毎日バラバラですと、ターンオーバーのリズムも乱れて肌の補修が十分に行われません。
また、睡眠時間が短いと肌の修復が十分に行えず、健康な角質層が形成されません。
古い角質層も剥がれにくくなり、毛穴つまりの原因にもなります。
以上、「毎日のスキンケア」・「バランスの取れた食事」・「規則正しい生活」がニキビ跡を治すための原則です。
ただ、繰り返しになりますが、ニキビ跡との戦いは長期戦です。

地道な努力が必要ですが、根気よくニキビ跡ケアを続けていれば少しずつよくなってきます。

⇒「ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水 Reproskin(リプロスキン)」のご購入はコチラから

ニキビ跡のクレーター・凸凹 

April 06 [Fri], 2012, 13:48

<ニキビ跡のクレーター・凸凹を治したい(けど・・・)>


 

ニキビのなかで特に治りづらいものといえば、凸凹のニキビ跡、いわゆるお肌のクレータです。
ニキビのような痛みこそありませんが、お肌のボコボコはメイクでもカバーしきれません

ニキビ跡のクレーターを治すのは本腰を入れる必要がありますが、その治療法はいくつもあります。
ここでは、ニキビ跡のクレータを治すのにどんな方法があるか、ならびにそのメリット・デメリットを紹介します。

 

<美容外科(美容皮膚科)でニキビ跡を治す>





ニキビ跡の治療として皆さんが真っ先に思いつくのが、美容外科(美容皮膚科)での治療ではないでしょうか?
「値段は高いけど、即効性があって確実」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

ですが、一口に美容外科での治療といっても、大きく言って3つのパターンに分けることができます。
<レーザー治療、サーマクールなど>
こちらは、レーザー照射によって肌の奥でコラーゲン生成を促し、ターンオーバー(肌の新陳代謝)を活性化させることで、肌の凸凹を少しずつならしていきます。

リスクが一番低い方法ですが、要は肌の回復能力を高めるだけという話なので、クレーターが治るまで時間が掛かります。

 

<レーザー治療、フラクショナルなど>
こちらは、肌の表面を削ることで肌の表面をなめらかにしたり、肌の表面に小さい穴を開けることで肌の入れ替えを促す、というものです(厳密にいうと、機種によって機能が違うのですが、このジャンルで有名なものだけ紹介します)。

手術が成功すれば、肌の凸凹がかなり滑らかになります。
現時点では、一番効果の高い方法です。
ですが、手術の内容から想像できる通り、かなり痛いのと、施術が完了するまで4ヶ月程度(1ヶ月に1回で、最低4回)かかるなど、それなりに時間もかかります。

 

<ケミカルピーリング>
こちらはニキビ治療でも使われる方法ですが、肌の表面に「グリコール酸」と「サリチル酸」などの化学薬品を塗ることで、古い角質層を取り除きます。

こう書くと、肌の表面を削るレーザー治療と同じもののように見えますが、もう少し穏やかな方法です。
古い角質層を取り除くことで、ターンオーバーが促され、クレーター肌の修復が進みます。

 

<美容外科での治療、メリットとデメリット>


以上、3つの方法を紹介しましたが、どれかひとつだけとは限らず、組み合わせる場合もあります(レーザー治療+ピーリング、みたいに)。
では、美容外科での治療のメリットとデメリットについて、紹介します。

 

<美容外科のメリット>

・施術が成功した場合は、他の方法に較べても一番キレイに治る・医者による治療のため、安心感がある。
・他の方法に較べて、比較的早く治る

 

<美容外科のデメリット>

・治療費が高額である(普通に20〜30万かかる、保険はきかない)
・クリニックによって医者の腕が全然違う
・意外に早くは治らない(4ヶ月程度は覚悟すること)
・病院選びを間違えると、悲惨なことになる(美容外科の訴訟は非常に多い)

ここで大事なポイントは、美容皮膚科といえど、凸凹のニキビ跡は短期間では治らないということです。
そうでなくても治療費が高額なこともありますし、もし美容外科での治療をお考えなら、病院選びは特に慎重に行った方がよいでしょう。

 

<ニキビ跡化粧品で、ニキビ跡を治す>


多分、一番多くの方が取り組んでいる方法だと思います。
ニキビ跡の化粧品によるスキンケアです。

メリットとしては、自宅で手軽に取り組めること、美容外科に較べて安価で取り組めること、
肌トラブルになるリスクが低いことです。

デメリットとしては、化粧品選びを間違えると時間とお金のムダになること、成果が出るのに
時間が掛かることです(程度にもよりますが、半年から1年は覚悟して下さい)。
ただし個人的な意見としては、よほど特殊な事情がある場合を除いて、下記で紹介する生活スタイルの改善と組み合わせて化粧品で地道にニキビ跡の対策をすることをオススメします。

といいますか、美容皮膚科はメリットとデメリットが釣り合ってないように思えます(デメリット > メリット)

とはいえ、どんな化粧品を使えばよいのか分からない、という方はReproskin(リプロスキン)をオススメします。

 

<なぜ、凸凹のニキビ跡を治すのに、時間がかかるのか?>


ニキビ跡のクレーターを治すのに、なぜそんなに時間が掛かるのか、簡単に解説したいと思います。
人間の肌はターンオーバー(新陳代謝)と呼ばれる肌の入れ替えがあって、大体28日掛けて入れ替わります。
肌の表面についた傷が気がつくとなくなっているのは、このためです。
ところが、このターンオーバーは肌の奥では、進行するのに時間が掛かります。
そもそもニキビ跡は、ニキビの炎症で肌の細胞が破壊され、その治った跡の状態です。
クレーターの場合は肌の奥が破壊された後の状態ですので、治るのにかなりの時間が掛かるのです(ほっておいたら、一生治らない場合があるのも、そのためです)。

鋭い読者の方は、上記の美容外科のところを読んで気づいたかもしれませんが、ニキビ跡クレーターを治すには、

1.肌の奥のコラーゲンの生成を促して、ターンオーバーを促す
2.肌の表面を物理的に(手術により)削る


この2つしかありません(ちなみに、化粧品によるスキンケアは1と同じです)。
ところがターンオーバーには時間が掛かるのと、たとえ手術をしても数回掛かるため(しかも、一回ごとに肌の回復を待つ必要がある)、時間が掛かるのです。

 

<食事・栄養、生活スタイルでニキビ跡を治す>


美容外科や化粧品によるスキンケアが「積極策」とすると、食事・サプリ・生活習慣でニキビ跡を治す方法は「消極策」です。

何もせずに凸凹が治ることはないですが、美容外科やスキンケア化粧品を使わずに食事スタイルの変更だけでクレーターを解消しようとしても、成果が出るまで軽く3〜4年は掛かるでしょう。

ですが、コラーゲン(サプリ・ドリンク)を積極的に摂取したり生活スタイルを整えることにも、それなりに意味はあります。
補助的な手段として、化粧品によるスキンケアを行いつつ、こうした生活習慣を取り入れて下さい。

⇒「ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水 Reproskin(リプロスキン)」のご購入はコチラから

ニキビ跡・色素沈着・シミ 

April 06 [Fri], 2012, 13:47

<ニキビ跡・色素沈着は、種類によって対処法は違う!>


 

ニキビの情報サイトで時々、「ニキビ跡の色素沈着はシミなので美白化粧品で治ります」
みたいに書いてるサイトがあります。とんでもない話です。

ニキビ跡の色素沈着ができてらっしゃる方はお分かりと思いますが、シミの色が人によっては黒ずんでいたり、紫色っぽかったり、茶色だったりします。

このシミの色の違いが色素沈着ができる原因の違いでもあり、また対処法も違ってきます。

シミの色によって、色素沈着の原因は以下のように違います。

茶色のシミ→メラニン色素が原因

黒色・赤紫色のシミ→ ヘモグロビンが原因

 

<色素沈着、茶色のシミを消すには>


ニキビの炎症の結果できたシミが茶色は、症状としては紫外線でできたシミと同じです。ですので、美白化粧品によるスキンケアが最適です。

では、なぜニキビ跡のシミが紫外線のシミと同じ扱いなのか?
まず、紫外線を浴びるとなぜシミができるかを説明します。

紫外線が皮膚内に入ったときに、メラニン色素が紫外線から皮膚を守ろうとします。この過程でメラニン色素が酸化メラニンに変わり、これが(紫外線による)シミの原因になります。

これと同じことが、ニキビができる過程で起こります。
赤ニキビと呼ばれるニキビの炎症が起きるとき、メラニン色素が皮膚を守ろうと酸化メラニンに変わります。

つまり、メラニン色素は外側(紫外線)からの攻撃にも、内側(ニキビ)からの攻撃でも活躍します。

ですので、茶色の色素沈着を消すには美白化粧品が有効です。
下記でオススメの美白化粧品を紹介しているサイトがあるので、そちらを参考にして下さい。
ただし、注意点が2つあります。
一つが、ニキビができているときに美白化粧品を使うと、かえって肌荒れになる場合があります。

ですので、ニキビ跡を消したいけどニキビができやすいという方は、美白化粧品ではなく、以下で紹介しているニキビ跡の化粧水をオススメします。
注意点の二つ目。
いくら効果の高い美白化粧品を使っても、不健康な生活をしていればニキビ跡の治りも遅くなります。

 

<色素沈着、黒・赤紫色のシミを消すには>


こちらはヘモグロビンが原因でできるニキビ跡のシミです。
おおざっぱに言うと、ニキビの炎症が納まった後に、破壊された血管がにじみ出ている感じです。

ちなみに、なぜ赤紫や赤黒色に見えるかと言うと、元々のヘモグロビンの色は赤色です。
ところが血管が破壊される過程で赤色が少し変色し、さらに皮膚を通してみることで赤紫色や赤黒色に見えるのです。

こちらの色素沈着の場合、通常のニキビ跡の化粧水が有効です。
下記でオススメのニキビ跡・化粧水を薦めているので、参考にして下さい。

もちろん、黒・紫色のシミ(色素沈着)の場合も、不健康な生活はよくありません。

 

<黒色・紫色のシミ(色素沈着)を短期間で消すには>


茶色のシミには効果ないのですが、黒色・紫色のシミを短期間で消す方法を紹介します。 それは、美容外科でのダイオードレーザーによる治療です。
程度にもよるのですが、ニキビ跡を消すには3ヶ月〜半年、ひどい場合は1年以上かかる時もあります。
ですが、ダイオードレーザーなら、ものの数週間で色素沈着を消すことも可能です。
ただし、この方法にも問題というかデメリットもあります。

・保険適用外のため、治療費が高額(5万円前後、シミの大きさ・数で変わります)。

・とにかく痛い(顔には痛点が集中しているので、ハンパない痛さです)

・治療期間中に紫外線を浴びると、シミがさらにひどくなる

・お医者さんの腕で、結果が全然違う

痛みについてですが、あまりの痛さに途中で治療を止める人もいる位です。
そういう方は上で紹介した化粧水を使って、(時間は掛かりますが)地道にニキビ跡を消してください。

また、これは美容外科に限らず病院にも当てはまるのですが、お医者さんの腕が人によって全然違うため、事前の説明と治療後の結果が違うなんてことが普通にあります。
美容外科で訴訟になったり、逮捕者が出たりなど、時々新聞記事にも出ますよね。

ですので、ダイオードレーザーによる治療を希望される方は、じっくり時間を掛けて美容外科クリニックを選ぶことを強くオススメします。

⇒「ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水 Reproskin(リプロスキン)」のご購入はコチラから