リプロスキンが肌に合わない原因と対策 ニキビ跡を消す!

September 02 [Fri], 2016, 17:03
リプロスキンは、赤く腫れた赤ニキビはもちろんのこと、色素沈着したりクレーターになったニキビ跡まで消してくれる心強いニキビケア用品です。

アットコスメなどで口コミを見ていくと、ニキビが治ってきた!という声が多いものの、中には肌に合わなかった、という感想もちらほらあります。



人によって肌質は変わってきますから、合う・合わないの差はどうしても出てきてしまうののですが、肌に合わないと言っている人の中には、勘違いをしている人も意外とたくさんいるんです。

肌に合わないないんじゃなくて、リプロスキンの効果を誤解していたり、使い方を間違えているケースがあるので、このブログではそういった点をまとめていきます。



■ニキビが悪化する!?

リプロスキンを使い始めてから、ニキビが悪化した!ニキビが増えた!という感想もあるんですが、この原因を探っていくと、ニキビが治る過程の好転反応の可能性が高いんです。

ニキビを治すには、ニキビで傷ついた皮膚を肌からはがさなければいけません。そのためには肌の新陳代謝を促す必要があります。



ニキビケア用品には必ずと言ってよいほど、肌の新陳代謝を促す効果のある美容成分が含まれているんですが、リプロスキンの場合にはプラセンタが使われています。

アクアポリンという浸透成分のおかげでリプロスキンはプラセンタを肌のずっと深い部分まで浸みこませることができるのでその分、新陳代謝を強力に活性化させることができるんです。



肌の中に埋もれていた赤みも、新陳代謝によって肌表面に近づいて来れば、目につきやすくなってどうしても悪化したように見えることがあります。

それに、肌の中に隠れていたニキビの種みたいなものが押し出されることによって、ニキビが増えたように感じることもあります。



ただ実際には、ニキビの状態が決して悪化したわけでもないし、肌に悪影響を与えているわけではありません。そのままリプロスキンを使い続けていたら、ほどなくニキビをなくすことができるんです。



■使いすぎにも注意

リプロスキンを使って、まれに肌がぼんやりと赤くなることがあるんですが、それは使いすぎてしまうことが主な原因です。

リプロスキンには、スクワランという成分が含まれていて、肌表面の余分な角質を取り除いてくれる効果があるんですが、使いすぎると当然、角質を余計に削ってしまいます。



削ってはいけない皮膚まで取りのぞいてしまいかねないので、1日のうちに何度もリプロスキンを使うのは避けたほうが良いんです。

ニキビを早く治したいと思っても、最低でも1ヶ月くらいは待たなければいけません。リプロスキンを使う頻度は1日2回、朝と晩くらいがちょうど良いですよ。



肌がえぐれるほど深いクレーターじゃない限り、ほとんどのニキビをきれいに治してくれるリプロスキンの効果を割引価格で試してみるにはこちら
↓↓↓








リプロスキンの効果的な使い方 洗顔後に使うのが基本

September 02 [Fri], 2016, 16:59
リプロスキンの効果をできるだけ高めるにはどんな使い方をするのが良いのかというと、塗る前に洗顔をして肌を確実にきれいにしておくことがポイントです。
肌に余分な皮脂や汚れがついていたら、美容成分が肌にしみ込むのを妨げてしまい、その分、リプロスキンの効果も半
減されてしまいます。

そもそも、肌に余計な蓄積していることがニキビができる原因です。汚れが毛穴に詰まってニキビができるきっかけになるし、雑菌のえさとなって肌環境を悪化させます。
リプロスキンを使うタイミング以外でも、できるだけこまめに洗顔はしたほうが良いんですが、ただ、洗い過ぎもやっぱり肌に負担をかけてしまいます。


洗顔フォームの洗浄成分によって肌が傷ついてしまうことだってあり得るので、朝晩の2回だけ洗顔フォームを使い、日中は水洗顔をするのが良いです。
リプロスキンは肌の奥まで美容成分がしみ込んでいますから、水でバシャバシャと顔を洗うくらいで、流れ落ちる心配もありません。