どれくらいでリプロスキンの効果は出る蚊というと1ヶ月が目安

August 25 [Thu], 2016, 14:59
リプロスキンを使うと、どのくらいで効果が現れはじめるのかというと、肌質によってかなり変わってくるので、一概に決めつけることができません。

ただ、アットコスメなどで口コミを一通り眺めていくと、早い人だと1ヶ月くらいでニキビ跡のクレーターや色素沈着が目立たなくなっている人が増え始めているんです。



■ニキビが治る最短期間

そもそも、ニキビが治るには最低でもどのくらいの期間がかかるのかというと、おおむね1ヶ月くらいが目安なんです。

私たちの肌は薄い皮膚が何枚も重なって構成されていて、肌の一番奥で新しい皮膚が常に生まれ、それが徐々に肌表面へと押し出され、最後は剥がれ落ちる仕組みになっています。



このサイクルが約1ヶ月となっているわけです。そこで、ニキビの影響を完全にキャンセルするには、1ヶ月は待たないとダメなんです。

ただ、ニキビができやすくなっている場合には、新陳代謝のリズムが乱れていて、1ヶ月では新陳代謝が終わらない状態になっているんです。そのせいで、本来ならば大きくなる前に追い出せるはずのニキビも、肌の中で大きく悪化してしまうんです。



ニキビが大きくなってしまうと今度は、ニキビによって新陳代謝が邪魔されてしまいますから、ニキビが治るのがますます遅くなってしまうんです。




■1ヶ月で目立たなくなり始める!

リプロスキンを使っても、1ヶ月未満でニキビを治すことはできません。ただ、口コミを見ていくと、ニキビが完全に消えなくても1ヶ月くらいでニキビがうんと目立たなくなっている人がたくさんいます。

リプロスキンには、肌の新陳代謝を促してくれるプラセンタが配合されているからです。プラセンタによって肌が活性化されて、本来の新陳代謝を取り戻すことができるわけです。



プラセンタも本来ならば、肌にはほとんど浸透しない成分なんですが、リプロスキンではアクアポリンという成分の力を借りて、プラセンタの浸透力を強化しています。

ニキビ跡のクレーターになっている場合でも、クレーターの裏側までプラセンタがしみ込んでいき、肌のより深い部分の皮膚を活性化させることができます。


プラセンタには細胞を遺伝子レベルで修復することができるので、クレーターを追い出した後は、凸凹もしっかり治して、何事もなかったような肌にすることができます。



■赤みなら1週間で消えることも

リプロスキンの口コミを見ていくと、なんとニキビ跡の赤みに関しては、1週間ほどで薄くなってきた!という感想もあるんです。

抗炎症作用を持っているグリチルリチン酸ジカリウムの効果が現れているわけですが、リプロスキンならアクアポリンのおかげで肌のより深い部分までグリチルリチン酸ジカリウムを届けることができます。



つまり肌の深い部分にできた赤みだって効果的にアプローチしてくれるので、赤みも消す効果も抜群に高くなるわけです。

ただ、赤みを完全に消すにはやっぱり新陳代謝が正常に機能し始めるのを待たなければいけないので、最低でも1ヶ月はリプロスキンを使い続けてくださいね。



1ヶ月もあれば効果を実感しやすいリプロスキンを割引価格で試してみるにはこちら
↓↓↓







リプロスキンの効果を高めるコツ

August 25 [Thu], 2016, 14:55
リプロスキンの美容効果を高めるには、洗顔でしっかり肌表面の汚れを取り除いておくことが大切です。汚れによって美容成分の浸透が邪魔されるのを防がないといけません。
洗顔フォームの刺激も肌には決して良くはないので、1日2回、朝と晩をめどに肌から汚れをしっかり洗い流します。

この時、指でごしごし肌をこすらないように気を付け、さらにせっけん汚れが残らないように徹底的にすすぐことがポイントです。
生え際とかフェイスラインといった部分にニキビができやすいのは洗い残しが原因の可能性が高いので、水で確実に泡汚れを洗い流すようにしましょう。