中国の豪奢な品物の市場のリスクは軽視してはいけません

December 31 [Sat], 2011, 17:58
最近、中国の消費者は一大に持っていてショッピング袋を積み上げて急いで“ショッピング”の華麗な写真が全世界贅沢品会社の財務報告の中でどこにも見られます。しかし香港の真珠や宝石の商・周の大福真珠や宝石金行有限会社(ChowTaiFookJewelleryCo.,略称:周大福の)の株式募集目論見書の中で総括する贅沢品業の中国で直面するリスクはこの波の先高の見込みになる中国市場の情熱に温度を下げました。

周大福の株式募集目論見書の中の言語は大部分が決まり文句で、しかしその中もいくつか正しく確実な見通しがかなりあります。

たとえば、周大福は、一等地の小売り店はとてもまばらで、この種類の店の競争がとても激烈なことを努力しますと言います。周大福の過去3年の中で年平均店鋪が新たに増加する数量は179社で、そして未来に5年再び500社の店鋪を新しく開くことを計画します。この会社は現在中国内陸のマカオと香港で1,506の社の店鋪を経営しています。しかしたとえ中国の不動産市場は予想との同じに下落しますとしても、一等地でのは1歩進んで急速に依然として容易に拡張しません。

それ以外に、周大福は株式募集目論見書の中で中国市場の増加する潜在力を強調しますけれども、しかし同時に警告を出して、中国の経済が低迷して会社の業務にマイナス影響を持ってくる思っています。たとえば、2011年3月末までの3年中で約38%のが年平均成長率を複合と比較して、2009年に不景気な令周大福の売上げの増幅は三分の一下がりました。

その外、周大福はまた次の通り不利な原因に言及しました:競争はとても激烈です;知的所有権の保護は実行しにくいです;経済改革と商業の法規は一致しません;労働力コストは急激に上昇します。所有してこれらはすべて説明はどうしてこの会社の94%の店鋪(中国内陸のすべての店鋪で即位する)がただ56%の売上げだけに貢献したに役立ちます。税率がわりに低いのため香港とマカオのショッピングする内陸の観光客の推進まで(へ)受けて、マカオと香港店鋪は44%が残る売上げに貢献しました。周大福にとって、これはこの会社に引き延ばした外の一種のリスクがあって、それはつまり中国政府のは内陸の税率を下げます。

周大福の計画は初めてを通じて(通って)公然と株式を募集して(IPO)10.5%の株式を売り出して、28億ドルの資金を募集します。この会社は未来のいくつ(か)の月間計画の香港で公然と発売する贅沢品会社の中の一つで、その他にいくつ(か)港で発売する会社はグラーヴのダイヤモンド(GraffDiamonds)とCoacを含むつもりですh。

ブローカーのリヨン証券(CLSA)の漏れによると、このいくつ(か)の会社はすべて中国市場の潜在力に言及して、すぐ2020年まで中国市場は全世界の贅沢品の市場の中で比重を占めて44%まで達成して、去年この数字はまた15%だけありました。周大福は、2015年まで中国は全世界の最大の真珠や宝石の市場になると言います。

このような増加する潜在力は人を引き付けて、しかし中国市場はまた初期の発展段階があります。

未来は黄金があるので、しかし投資家は今これらの未来の黄金に両目をごまかすべきでありません。