寺門だけどブーちゃん

August 10 [Thu], 2017, 23:36
妊娠が発覚した後、ご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも構いません。でも、葉酸には様々に活躍してくれます。例えば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で母体の健康を保つサポートをしてくれるという訳ですね。
近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で摂取が勧められているほどです。産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方もいらっしゃいますよね。もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、普通の食生活を送っていれば、ある程度は摂取できるのです。
妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。葉酸は胎児の健やかな成長を促すために大変重要な栄養素の一つです。それでは、もし葉酸が不足してしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。葉酸には、細胞分裂を促す働きがある事が分かっていますから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになると知られています。こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。
妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。それもそのはずで、妊娠と葉酸は大変密接に関わりあっています。なぜかと言うと、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。もちろん、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。そのため、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中から葉酸を摂るように意識しましょう。
不妊に効果のある食べ物というと、おとうふや納豆、魚などがあります。ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して摂取していきたいですね。全体的にはバランスよくさまざまな食材をとるのが理想的です。一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は今しばらくは我慢するべきでしょう。
妊婦の方の中でも、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居ます。ですが、葉酸というものは熱に弱いため熱を加えてしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。総合的な摂取量としては足りないという事もあるので、注意が必要です。
近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、お腹の中の赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が判明しました。このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生労働省が勧告しています。実際に葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品として、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も多いです。
妊活中の女性に対して、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。食事内容はもちろん、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話もありますから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。
妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。この作用は妊娠にも有効で、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠確率が上がるのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。また、葉酸で血液が増えれば血行が良くなるだけでなくホルモンバランスが良くなり、不妊治療に役立つのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハル
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/reo55asaaerwne/index1_0.rdf