ドイツ

May 15 [Fri], 2009, 21:12
旅日記、第一弾は「ドイツ」から・・・
このドイツを語らなくしてこのブログは語れない
なぜなら、この旅から私の人生は変わり始めた!と言っても過言ではないからだ

2006年の夏、一生忘れることのないドイツとの出会い

そもそも、また何でドイツに行くことになったかというと国際ボランティアに参加を応募した際、言い渡された行き先が「ドイツ」だったから!私がその時感じたこと・・・・・

ドイツ・・・・ドイツ・・・ドイツ?って・・・・・ソーセージか

ま、そんくらいよね。日本人のドイツに対する認識って(私だけ)?
正直、あまり期待してなかったのねん

初めてのヨーロッパ!かつ初一人旅!!まぁ・・・なんていうか・・・・若気の至りね

航空賃をケチったため、またこのフライトスケジュールがすごいんだわ。(だって盆出発!)
日本→香港(約8時間待ち)→ロンドン(乗り継ぎ時間超短い)→ベルリン・・・・・・・・・・・・・・・・

特に、香港での8時間待ちは堪えた・・・いろんな意味で。しかし、まぁ後で別に書くけどその時何も気にも止めてなかった香港に(香港ってどこやねん、くらいの認識だった)その2年半後個人的に訪れることになろうとはね。。人生わからんわー

そんな、不安いっぱいでスタートした初一人旅!!
あんなけ、怯えてたのに結局はドイツ大好きになって帰ってきたからね

語るとむっちゃ長くなるけど・・・・・今でも心に焼き付いて離れないのが

・列車(DB)の窓から見たどこまでも広がる空と広大な農場の風景
・屋根にのぼって何時間も見ていた真っ青な空と入道雲
・海岸で野宿した時に寝袋から見た無限に広がる星
・ベルリン大聖堂の扉を開けた瞬間に目に飛び込んできた室内の装飾
・大聖堂のてっぺんから見たベルリンの町並
・夜の国会議事堂、ブランデンブルグ門

この風景たちは一生忘れることができないと思う

全身に鳥肌が立ち、心が放心状態になるっていう感覚を始めて味わった
自然と体の奥底から溢れてくるものがあった

そん時、「あー、世界にはこんなとこがあるんだ・・・・・・・」って胸がいっぱいになった

それまで、なんでヨーロッパがそこまで人気があるか正直理解できなかったけどドイツに行ったことでその理由が笑えるくらい簡単にわかった。だって、それまでのドイツのイメージって「ソーセージ」、「なんか・・・怖そう」っだったくらいだし。怖いって言うのは多分ヒットラーとかの影響かな

風景に感動したのと同時に食べ物のおいしさにも感激した。あれだけ、おいしいと評判のソーセージ。口にした途端「ああ!!」って思った。「こんなおいしかったんか!」

もーね、その後から変な固定観念持つのやめようと思った。自分で実際に身を持って体験したことこそがホントだと思った。まさに、Seeing is believingだね!って

どれだけ旅行のガイドブック読んでも、どれだけテレビで旅番組見ても絶っっ対に1回経験することには勝てない

それを実感できたこの初めての旅は想像以上のものを私にもたらしてくれた大切な大切な思い出となっている

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:reo53
読者になる
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる