東京堂書店に納品しました 

2012年10月13日(土) 19時07分
東京堂書店3階の創作豆本コーナーに豆本を納品して参りました。

現在は豆本がちゃぽん27集も開催中。
蓮月堂も「ポケット」という豆本で参加しています。


豆本コーナーの両脇は『現代思想』『現代詩手帳』シリーズのフェアで、
バックナンバーもずらりと並んで壮観です。
写真手前のお洒落で落ち着いているのに、わくわくするパッケージの豆本は、
赤井都さん、本日入荷の『赤い鳥』シリーズ。


蓮月堂の豆本を並べたところ。
今回納品したのは、以下の通りです。

【東京堂書店に初めて納品した豆本】2種類
・日野善覚え書き(¥1,500)
 明治の日本画家、日野善。若き日のある夏の、日常覚え書き。
 シンプルな四つ目綴じの和本に仕立てました。
 ごく薄い機械梳きの和紙に、
 ちょっと不思議なモノたちとの邂逅を綴った架空の物語。

・春の紋(¥500)
 豆本フェスタ3で初売りの新作豆巻物。
 春の家紋を四つ、消しゴムはんこで彫りました。

【久しぶりのお目見え、復刊豆本】1種類
・花めぐりの男(¥4,000)
 豆本1冊、ミニチュアフォトと小さなお手紙入りの封筒、
 小さな古代蓮の里マップを箱に収めたもの。

【お馴染みの豆本】21種類
・ぴよマガvol.1〜vol.8(各¥200)
 セキセイインコ/ぴよさんの雑誌風豆本。

・ぴよマガ8冊セット/紙袋入(¥1,600)
 ぴよマガ全8巻をセットにしたものです。
 オリジナル紙袋に入れました。

・散文書書1〜4(各¥900)
 怪談よりのごく短い物語を収録した和綴じ本。

・あやし草紙(¥2,500)
 怪談よりの物語を収録した和綴じ本。
 表紙の色は二色ですが、内容は同じです。
 麻の葉綴じという綴じ方で製本しています。

・秋の紋(¥500)
 秋の家紋を四つ、消しゴムはんこで彫りました。

・とりまと1〜2(¥500)
 鳥を正面から見たイラスト集豆本。

・空の写真集 ソラト(¥3,500)
 空の写真をまとめた写真集。

・とりのいろは(¥500)
 セキセイインコ/ソラの一日をイラストにした絵巻物。

・ソラスケッチ(¥1,500)
 セキセイインコ・ソラのイラスト集。
 小さなリング製本で、スケッチブックらしさにこだわりました。

・はなととり(¥600)
 ポップアップ豆本四冊をセットにした、見開き2ページの絵本セット。

豆本は全種類、試し読みすることができます。
今回、特に小さな巻物や豆本が、落ちて棚の下などに紛れ込んでしまうということで
迷子防止に作った札がついているものがあります。
試し読みの際には、札ごとお手に取ってお読み下さい。


豆本のお買い物用に小さなカゴをご用意しました。
手に持つのがちょっとだるいなーという時は、豆本コーナー右のあたりに
緑色の大きな本用のお買い物カゴもございますので、
「豆本用お買い物カゴ・イン・大きな本用お買い物カゴ」の状態でご利用頂いてもOKです。

どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。

豆本フェスタ3終了しました 

2012年10月09日(火) 23時32分
10月7日に開催された『豆本フェスタ3』、朝は雨が降っていましたが、午後からはすっかり晴れてよいお天気となりました。
ご来場、当ブースへお立ち寄り、お買い上げ頂きました皆様、まことに有り難うございます。
『ちょっと親切な紙袋』も、少しお買い上げ頂きまして、役に立っていてくれたら嬉しいです。
鳥作品を特にたくさんお求め頂き、鳥好きを標榜する蓮月堂と致しましても喜ばしい一日でした。
まことにまことに感謝致しております。

次のイベントに向けて準備をしておりますが、
まずは今週中に東京堂書店に豆本を納品に行く予定です。

豆本フェスタ3 お品書き 

2012年10月06日(土) 13時08分
現時点での、明日の販売予定のお品書きをリストアップしてみました。

豆本フェスタ3
日時:2012年10月7日(日)11:00〜16:00
入場料(パンフレット代):¥700

開催場所:東京卸商センター
東京都台東区柳橋2-1-9
都営浅草線「浅草橋駅」6番出口から徒歩3分
JR総武線「浅草橋駅」東口から徒歩5分

当日販売予定のお品書き
【豆本】
・ぴよマガvol.1〜vol.8(各 ¥200)
・ぴよマガ全8巻セット/紙袋入り(¥1,600)
・散文書書1〜4(各 ¥900)
・日野善覚え書き(¥1,500)
・あやし草紙(¥2,500)
・空の写真集ソラト(¥3,500)
・春の紋(¥500)
・秋の紋(¥500)
・はなととり(¥600)
・ソラスケッチ(¥1,500)
・とりまと1〜2(¥500)
・とりのいろは(¥500)
・とりのかんむり(¥1,500)
・花めぐりの男(¥4,000)
・スクランブル(¥1,000)

【雑貨】
・ちょっと親切な紙袋(¥250)
・トリ・イル ステッカー/4種セット(¥200)

【ポストカード】
・龍頭巾セキセイインコ(¥200)
・ほっこりソラ(¥200)
・インコたくさん(¥200)
・トリ・イル鳥集合(¥200)
・オニオオハシ(¥200)
・スズメ(¥200)
・かんむり鳥/黄2枚セット(¥350)
・かんむり鳥/緑2枚セット(¥350)
・かんむり鳥/赤2枚セット(¥350)

豆本フェスタ3 

2012年10月05日(金) 22時59分
『ちょっと親切な紙袋』¥250


twitterでお知らせした『ちょっと親切な紙袋』が完成しました。
豆本フェスタ3会場、配置番号16の蓮月堂にて販売致します。
数に限りがございますので、お入り用の方はお早めにどうぞ。

何がどの程度、ちょっと親切なのかは、
以下の図をご覧下さい。





見た目はごくごく普通のシンプルな紙袋です。
持ち手はそこそこ手に優しい紐、わりと丈夫な厚手の紙袋です。
自己主張はしないタイプのシックな緑と、シックな赤の二種類をご用意しました。
大人しいクリスマス色です。まだちょっと暑いですけれど。

気になるサイズですが、
高さはだいたい25センチ、横幅はだいたい20センチ、底部分はだいたい12センチ。
豆本を入れるとすると、かなりたくさん入るでしょう。

その1「それなりに丈夫な底敷ダンボール」
薄手のダンボールをカットして敷き、底敷を強化しておきました。

その2「中に高さ6センチ、袋の幅を中央で二分割した枠を作って入れました」
繊細なものを入れておくのに、ほどよく安心です。

その3「フタ、兼、第2の底敷をご用意しました」
この高さ6センチの枠の上にこの「フタ、兼、第2の底敷」を置くことで、さらに色々入れることができますし、下段に入れた大事な豆本を傷めずに持ち歩くことができる。そんな気がします。

その4「口留め用のリボン」
穴を開け、カシメてからリボンを通しました。これで口を閉めておけば、中身が飛び出しにくく安心して持ち歩くことができます。

東京堂書店3階 ツリー豆本に納品しました 

2011年12月15日(木) 10時24分
東京堂書店3階で開催中の『豆本ツリー』に納品しました。
初日に準備した時から、売れて行ったり、また納品も増えたりと、
ツリーの様子も少しずつ変わって来ています。

蓮月堂の今年のクリスマス豆本は、初めてちゃんとクリスマス仕様の完全新作となりました。
こちらは、ひとつずつ手塗りで制作したマトリョーシカケース入りの豪華バージョン(\4,000)

こんな風に開きます。
マトリョーシカは、クリスマスツリーに下げるオーナメントでもあります。

中身は絵本です。
絵本だけの通常版(\1,500)もあります。


豆本がちゃぽんもすぐ近くで開催中。(一回\100)
まだがちゃっとできますので、豆本ツリーや豆本コーナー、豆本がちゃぽんと、
豆本をじっくりご堪能いただけます。
神保町へお越しの折りには、是非、東京堂書店3階まで遊びにいらして下さい。

なお、東京堂書店では、
昨日2011年12月14日よりポイントカードを導入。
\100円につき1ポイント、300ポイント貯まると、
\300の商品券などの特典と交換できるというもの。
豆本をご購入の際もポイントがつきます。
昨日12月14日〜1月9日まで、
〜\2,999までのお買い上げポイントが2倍、
\3,000〜のお買い上げではポイントが5倍もつくというキャンペーンも実施中。

ちなみにSuicaでのお会計も同日からできるようになったのですが、
こちらのポイントが貯まるのは、現金でのお会計に限るそうです。

東京堂書店・豆本棚&豆本がちゃぽん 納品 

2011年12月05日(月) 23時31分
東京堂書店、本店3階の豆本コーナーに、豆本を納品して参りました。
品切れになっていた「とりまと1」や「ソラスケッチ」、
東京堂書店には初めて納品した「あやし草紙」「秋の紋(ミニ巻物)」(←冬ですが)
などもあります。


本日5日夜からは豆本ツリーも始まりました。
オーナメントのようにツリーにさげられた豆本をお楽しみ頂けます。
もちろんどの豆本もお買い上げ頂けます。
ただ、蓮月堂の豆本ツリー用の豆本、開始日に間に合いませんでした。
週末くらいには納品できるよう、制作を進めて参りますのでいましばらくお待ち下さい。

明日6日からは豆本がちゃぽんも開始となります。
お近くにお出かけの際には、是非、東京堂書店3階の豆本コーナーにお立ち寄り下さい。
豆本コーナー、豆本ツリー、豆本がちゃぽんは階段の付近です。

明後日7日からは、
有燐堂書店厚木店の地下の豆本がちゃぽんも開始予定です。
中身は東京堂書店と同様のものですので、こちらもよろしくお願い致します。


豆本ツリー現時点での参加作家さんたちはこちら
赤井都さん
おおくぼゆみこさん
オレンジ宇宙工場さん
こがりょうこさん
つくも堂さん
Heart Cafeさん
瓢箪堂さん
よしの屋さん

えーと、漏れがあったらごめんなさい。

デザインフェスタ33 

2011年05月23日(月) 13時53分
5月14日・15日は、東京ビッグサイトで開催されたデザインフェスタに参加して来ました。

間借り参加なので、ブース主の週末旅行さんが作ってくれたお洒落フレーム看板。


最初のブースの様子はこんな感じでした。

翌日には、ここにさらにミニチュア作品が隙間を埋めて、さらにごちゃごちゃしておりました。
意外にご好評を頂いたのが『ぴよマガ全8冊紙袋入りセット』¥1800でした。
紙袋ももちろん手作りです。

立ち読み率が最も高かったのは『ソラスケッチ』で、大勢の方の笑顔を拝見することが出来ました。
あらゆるジャンルの、膨大な人数の作家が一堂に会するイベントは熱気が凄いですね、気温や気候のせいばかりではないでしょう。
震災後ということで開催も危惧されていましたが、被災地の作家さんからの「是非開催してほしい、なんとしても行きます」という言葉が寄せられたというお話を聞きました。
個人個人が前向きに活動を続けることが、復興の力なのではないかと思います。
そんなことを考えながら、二日間を過ごしてきました。

会場にいた全ての皆様のご多幸をお祈りしつつ、さてさて、次は何を作りましょう。

東京堂書店ふくろう店 豆本がちゃぽん 

2010年12月12日(日) 16時58分


本日、豆本がちゃぽんの納品をしに東京堂書店へ行きました。
豆本がちゃぽんは、明日13日から東京堂書店ふくろう店にて。
売り切れるまでがちゃっとできます。
100円玉をご用意下さい。
お一人様、3回まで。
店内の豆本ツリーと豆本棚もよろしくお願いします!

東京堂書店・豆本棚&豆本ツリー 納品 

2010年12月09日(木) 9時26分
東京堂書店 ふくろう店に納品しました。
まずは通常豆本棚。

『散文書書』は、旧版は販売終了となり、今後は新版となります。
本文用紙をより柔らかい和紙に、表紙用紙と、綴じ糸も変えました。
サイズも、よりページを捲りやすいように変えました。内容は同じです。
これにより、お値段が(¥900)に変わりました。

『散文書書』を旧版(¥600)で揃えている途中だったのに!という方には、
材料が残っている間は、ご注文に応じて旧版をご用意いたします。
まことに申し訳ありませんが、材料がなくなり次第、販売は終了となります。
メール、または東京堂書店ふくろう店までご相談下さい。
メールの方が、より確実により早く対応できます。

品切れになっていた
『ぴよマガvol.1』(¥200)
『空の写真集ソラト』(¥3,500)も追加納品しました。

東京堂書店初売りの
『ソラスケッチ』(¥1,500)も納品。
もし売り切れていても、また近いうちに納品しますので、
どうぞお待ち下さい。

豆本ツリーも始まっています。



蓮月堂からは、『とりまと』『とりまと2(新作)』を二冊セットにした、
『とりまとクリスマスセット』をぶら下げております。


中身はこれ。
ツリーにぶら下がっているものはラッピング込みで(¥1,300)。
豆本棚の方に、バラ売りもしています。
こちらは『とりまと』『とりまと2』ともに(各¥500)での販売です。

豆本づくりのいろは 二日豆本市のお知らせ 

2010年01月12日(火) 11時35分


赤井都さんの著書『豆本づくりのいろは』の関連イベントで、
本書の「豆本図鑑」に登場する作家の作品を交えた二日間のイベントが開催されます。
この展示に、蓮月堂も参加させて頂くことになりました。
掲載作品の『武田若千・著/散文書書シリーズ』
『高橋百三・著/スクランブル』の他にも、
いくつか持って参ります。
基本的に作家が直接販売する対面展示形式ですが、もちろん見たら買わなきゃいけない。というわけではないので、お気軽に遊びにいらして下さい。
ただ、お店があまり広くはないので、入店時に少しお待ち頂く場合も予想されます。

赤井都さんのワークショップも同日開催なので、豆本を作ってみたい!という方は、是非ご予約下さい。

『豆本づくりのいろは展 二日豆本市』

赤井都と手作り豆本図鑑 
2010/2/20(土),21(日)

Eckepunkt(エッケクンプト)
address 〒158-0083 世田谷区奥沢7-13-13
tel 090-6181-1182
e-mail hello☆eckepunkt.com
※☆を@に変えて下さい。
http://www.eckepunkt.com

東急東横線「自由が丘駅」徒歩8分
東急大井町線「九品仏駅」徒歩5分

2/20(土)10:30〜12:30 ワークショップ
     16:00〜20:00 豆本市

2/21(日)11:00〜15:00 豆本市
     16:00〜18:00 ワークショップ

赤井都ワークショップ 革表紙の豆ノートを作る
参加費5000円 材料費込み・道具貸与
各回定員5名 予約はEckepunktへ(予約ページあり)

二日豆本市
参加作者 五十嵐彪太、小笠原麻子、木月禎子、武田若千、茶柱立太、蔦谷耕書堂ほか