結婚相談所の探し方の知っておきたいこと 

June 20 [Mon], 2016, 5:24



インターネットが全盛になる前は電話帳を使うのが最も一般的でした。タウンページには結婚相談所の専門コーナーがありますから、そこからたくさんの結婚相談所を探すことが出来ます。もっともシンプルなところだと登録している会員同士でマッチングを行い、その人を紹介するところまでで終わるところもありますし、徹底的に面倒を見てくれるところだとお見合いをセッティングしてくれて、そこに同席してくれるところもあります。これはあまり知られていませんが、書店で販売されています。ところで結婚相談所はどこで探せば良いのでしょうか。GoogleやYahoo!など、インターネットの検索エンジンで「結婚相談」というキーワードで検索してください。





数え切れないほどの結婚相談所が出てくると思います。どこまでやってくれるのか、というサービスの深さという点でも相談所によってまちまちです。筆者も実際に見たことがありますが、具体的な結婚希望者の紹介や結婚のお相手探しに使える知識が掲載されていて、なかなか興味深いものでした。結婚相談所とはどんなところなのでしょう?実際に結婚相談所を利用して、そこで結婚のお相手を見つけてめでたくゴールインとなるまでのプロセスを段階別に追ってみたいと思います。選択肢はたくさんあったほうがそれだけチャンスも多いので、これらの方法でまずは結婚相談所を探し出してください。当然結婚相談所も商売なので、サービスがシンプルなところは安いですし、そうでないところはそれなりのお金がかかります。





中には名前と電話番号だけのところもありますから、やはりインターネットのほうが問い合わせ前の段階での情報が豊富だと思います。それが決まったら、自分の求めているサービスを提供してくれる結婚相談所の門を叩くことになります。まず、ここでは第一段階として結婚相談所を探すことから始めましょう。インターネットの他にも探す方法はたくさんあります。とは言えタウンページの誌面でアピールできることは限られています。他にも結婚相談を取り扱っている雑誌があるのをご存知でしょうか。





結婚相談所と一口に言っても、そのサービスはさまざま。それだけだとあまりにも多くの結婚相談所が出てきてしまうので、地域やその他自分のこだわりのキーワードを追加するようにして検索すると絞り込まれます。電話帳というと古い表現ですが、今の呼び方で言うとタウンページですね。答えは簡単、インターネットです。まずはこれらの中から、自分がどこまでやって欲しいと思っているのかを考えます。


結婚式の手紙の関連情報 

May 30 [Mon], 2016, 1:15



結婚式の手紙といえば、新郎新婦からそれぞれの両親にあてた手紙ですよね。





今まで言葉では照れくさくて言えなかったようなことを、ここぞとばかりに書きためて、本人、両親、参列者号泣のアレです。





手紙を読むほうも、紙をカサカサ開き、自分が書いてきた原稿を見ただけで、読む前から泣き始めていたりしますが、そんなことはだれも気に留めず、これから心おきなく涙を流す快感にとらわれている、と思ってしまうのは、結婚式をとっくの昔に終えた私の遠吠えでしょうか。





結婚式というハレの雰囲気におされて、全員いつでも涙腺全開にする準備が整っているので、結婚式の手紙と聞いただけで、もう泣きそうになるゲストもいるはずです。


結婚式の準備の情報収集 

May 19 [Thu], 2016, 3:52



希望の日取りがある場合は、式場選びを早めに開始しましょう。結婚は、人生で最大のイベントと言えます。より多くの情報を入手するためにも、各式場で主催されているブライダルフェアを活用しましょう。スタイルを決めるだけではなく、結婚式の準備は、決めなくてはいけないことがたくさんあります。そして、一生に一度の晴れ舞台である結婚式は多くの性の憧れです。





また、結婚式場を選ぶ際には自分の希望するスタイルに合った式場選びが必要となります。お互いの両親に挨拶を済ませたら、まずは日取りを決めて結婚式場を探しましょう。ブライダルフェアでは、模擬挙式や模擬披露宴を見ることができます。結婚資金の計画、日取り・結婚式場の決定や、招待状の送付など、意外に時間がかかりますので、余裕をもって準備開始の期間を設定したほうがよいでしょう。結婚式の日取りは、最近ではこだわらないカップルも増えてはきていますが、やはり吉日を選ぶ人が多いようです。





最近は結婚式の内容も多種多様化してきていますので、まずは結婚式の流れや、どのようなスタイルがあるのかを知るところから始めましょう。どんな挙式にしたいのか、どんな披露宴を演出したいのか、二人の人生で一度きりの大切な思い出となるように、しっかりと計画をたてて素晴らしい結婚式を作り上げたいものです。直接式場を訪れて、式場の雰囲気やスタイルを把握しておくことが重要です。また、結婚披露宴も、親族にお披露目するだけの簡単な食事会程度の披露宴から友人の招待客を多めにしたパーティー風の披露宴や、レストランウエディングなど昔とは違い、オリジナルの披露宴を希望する人が増えてきています。衣装の展示や、試着なども行われていて、プロのモデルさんなどによるファッションショーを開催しているところも少なくありません。





人気のある結婚式場では、土・日の週末や祝日、そして大安などの縁起の良い日は1年以上前から予約が入ってしまっていることもよくあります。その式場での代表的な演出を見ることができて、なかには披露宴でのコース料理を試食できるところもあるようです。でも実際に結婚が決まり、いざ結婚式を挙げる、となるとどのようにして準備をしていけばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。結婚する二人が夫婦になることを誓い合う挙式には、教会式・人前式・神前式などがあります。一般的には結婚式予定日の12ヶ月前には準備を開始します。


医師専門の結婚相談所の不思議 

May 03 [Tue], 2016, 19:02



ネットでのデータ検索によるマッチングが一般的な結婚相談所のシステムなのに対し、こちらは結婚相談所が主催するパーティーでのご紹介も盛んです。結婚相談所の医師・歯科医師限定ということで、お相手の女性も学歴は短大卒以上としているところもあります。10%しか存在しないということは、医師と出会えるチャンスというものが、そう簡単には無いことを意味しています。6年もの間猛勉強し、さらに国家試験にも合格して、さらにインターン時代を経ていらっしゃる方々ばかりということです。パーティーでの身だしなみやマナー、立ち振る舞いなどは、やはりチェックが入る重要なポイントとなってきます。結婚相談所の医師・歯科医師専門の結婚相談所があります。





結婚相談所の医師専門というと、登録している会員は当然医師・歯科医師です。食事のマナーや一般常識などが求められるのには、結婚相談所の医師のシステムにあります。社会的地位の高いお医者さま方のお眼鏡にかなう女性になるための、自分磨きも怠れないということでしょう。例えば、性の年齢を限定したり、国公立大学卒、身長、次男以下などの「高付加条件」を設定してのお相手選び、厳選した方々とのプレミアムパーティーが開けるという驚きの特典が存在します。結婚相談所の医師・歯科医師限定と言っても、登録する男性側にも厳しい審査があります。





このような、一見女性優位のシステムの結婚相談所でも、医師・歯科医師の登録があるのは、やはり、医師という職業が過酷なことの裏返しです。幸せな結婚をされるお医者様方が沢山いらっしゃることを祈ります。登録の際に使用する写真までお世話をしてくれるという面倒の見方もすごいものがあります。登録している会員は全て医師か歯科医師に限定されているという結婚相談所です。ハードルは決して低くはないということでしょうか。





厳しい審査をわざわざ経た後に登録したにもかかわらず、女性に優遇したサービスを行っているところが多くなっています。医師になったからといって勉強を怠ることは出来ず、特に勤務医であればプライベートの時間もなく、病院という限られた環境の中での人間関係しか無いので、結婚を考えるような女性との出会いはありそうで無いということなのではないでしょうか。また、一般的な結婚相談所と違う点が、普通設けられているカウンセリングの他に、食事のマナーや一般常識、自分を磨く為のセミナーも設けられているということです。勤務医でも年収1,500万〜2,500万、開業医ともなればその倍以上の年収があり、国内の年間高所得者の上位10%に入るという収入です。このような結婚相談所を通して、何がなんでも医師と結婚したいと望む女性の願望達成欲なのか、自己実現願望なのかはわかりませんが、女性はしたたかだと思わずにはいられません。


ネルトン婚活からはじめよう 

April 10 [Sun], 2016, 8:57



婚活ブームと言われて久しいけど、以前はねるとんという名の婚活が盛んだったらしいです。表現のちがいだけだけど、面白い。





会社帰りに「今日、お見合いしていかない?」って誘われたらアレだけど、「今日、合コンいかない?」だったら生きやすいよね、確かに。ところで、合コンやねるとんを婚活とすると、いままでに何回婚活したのかな?そう思うと、18歳くらいから数えきれないくらい婚活してる。





いまでこそねるとんはないけど、合コンだって立派な婚活だし、ねるとんも合コンも形をかえたお見合いだと思う。人って無意識のうちに婚活してるのかも。





今日、婚活していかない?っていうのは恥ずかしいけど、今日、合コンいかない?だと大丈夫。