2.青春 

2007年08月12日(日) 23時18分
高校に入って、同じクラスの男の子を好きになった。

今回は話しかけられるだけで嬉しかったり、いろんなことに一喜一憂。

後ろの席の人だったから、毎日学校が楽しかったと思う。

初めて、好きって気持ちを伝えたいって思って、ラブレターを書きました。
当時、手紙はやってたし仲良かったから手紙を渡すという行為自体は普通だったけど、やっぱり渡す時は本当ドキドキ!
体育の授業の前だったか帰る前にさりげなーく渡して、渡した後はやり遂げた感で結果どうこうじゃなくて、ヨッシャー!って感じ。
次の日の朝、かなり緊張して登校。その日に限って仲良い隣の席の友達が遅刻。なかなか教室に入ることができず、始業ギリギリで席へ。
そしたら彼が、さわやかな笑顔で手紙を渡してきました。
その場ではさすがに読む事ができず、休み時間になった瞬間トイレにダッシュ。
内容の詳細は覚えてないけど、「親友だから」って玉砕。

その後も友達を続けつつ、やっぱり好きなまま。
でも高校2年生になって、クラスは見事に端と端。
それでもやっぱり仲は良くて、時々「私が好きなの知ってて思わせぶりだなぁ」と思ったり。
夏休みなんて、彼の家に泊まって翌朝彼のお母さんに怒られたり…
密着はしてたけど、キスとかはなし。
秋の修学旅行もみんなで彼の部屋を訪ねたり、楽しかった。

完全に、私が彼の事を好きって気持ちを分かられた上で振り回されてました。
あの頃もそれを分かっていたと思う。
でも誰かの事を、こんなに一途にピュアにまっすぐに片想いできたのってこの時だけ。
大人になると、臆病になって、うがった見かたをするようになって・・・こんな恋愛できません。

高校1年15歳の夏ぐらいから高校2年17歳の秋まで片想い。
いい加減に諦めようと思ってた矢先に他の人に出会って、いったん彼とは恋愛からは離れることになります。
この彼はこの後も何度か登場するんだよな・・・.

1.初恋 

2007年07月30日(月) 0時11分
出会いは10歳ぐらいだったと思う。小学校中学年。よくあるケンカ相手がいつか気になって・・・って流れ。小学校5年でクラスが離れてケンカ相手が近くにいなくなって、「あれ?なんかさみしい」って思った。その気持ちを「好き」だと思ったんだろうな。

中学1年の時にクラスがまた一緒に。それで仲良くなった覚えはないけど、中学2年の時に告白されて付き合う事に。
かわいい付き合いだったなぁ。かなりプラトニックラブ。手つなぐのもなし。
あの頃は携帯なんてないし、ポケベルもまだ出始めたばかりで中学生で持ってる人なんていなかったから、主な連絡手段は手紙。渡し方もかわいいもんで。
中学2年ではクラスが離れてたからそれぞれのクラスの共通の友達を通してやりとり。
例えば彼の友達が給食当番だったりすると私がおぼんを持って並ぶと、お皿と一緒に彼からの手紙がおぼんの上に。ドキドキしながら手紙をみると出だしが《Dearest》で始まってて、Dearの意味なんて《〇〇へ》ってぐらいしか分からなくて帰って辞書で調べると《親愛なる》って意味って事が分かって嬉し恥ずかしで一人で部屋で悶絶したり。
部活や塾の帰りに待ち合わせて一緒に帰ったり、デートらしいデートなんて特にしなかったな。

約1年半付きあった頃、別々の高校に進学。そして破局。電話で別れたことは覚えてるけど、別れた理由も覚えてない。特に理由もなかったと思う。
別れてそれなりに悲しかったと思うけど、悲しみに明け暮れた記憶はないな。

ま、今思えば恋に恋してる感じ。
10歳から15歳までこの人一途だったしステキな初恋だったんじゃないかな。

恋愛遍歴 

2007年07月29日(日) 2時15分
現在、自分は恋愛において袋小路だと思う。

なのでとりあえず自分の過去や今を整理して、客観的に自分を見つめなおそうと思う。
もう結構いい歳なので昔の経験も、時間が経つとどんどん忘れてきてるし。(忘れた方がいいのかもだけど)

とりあえずは、ちょこちょこ今までの事を思い出しつつ書いていくつもり。
私の主観のみなので相手が見たら怒るかもな。でも私が感じてる真実なので。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:renaihenreki
読者になる
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる