モテるための必読テクニック

May 01 [Wed], 2013, 15:10

モテる事とは、まず最初に女に自分を意識させることから始まります。

恋愛をしたいけどできていない人のほとんどは、本人が自分で何らかの

コンプレックスを言い訳に恋愛から逃げているだけなんです。

そのコンプレックスが女に意識させるテクニックになるのです。

モテたい男ほど、自分で勝手に憶病になっています。

≫≫恋愛コンプレックスの大間違い

 ■俺って自分でも不細工だと思うし・・・

馬鹿なこと言ってはイケません。

自分のことハンサムだなんて自慢するヤツこそ底の浅いアホ男です!

 ■お金がないし、食事にも誘えない・・・

女性の心は、お金では動かされません。

どんな場合でも確かにお金は、強い武器になりますが

お金と心の豊かさは、反比例するのが世の常です。

 ■話べただし、女性の前では緊張して・・・

そんなあなたみたいな人が、本当は一番もてる男なんです!

≫≫恋愛力強化プログラム

恋人をつくることは決して難しいことではありません。

あなたは既に充分にモテる男のテクニックをもっています。

出会のチャンスは連続

March 01 [Fri], 2013, 16:26
 人と人との出会いには、「縁」という言葉でしかいいようのないものを感じることがしばしばある。生きていく過程には数多くの出会いがあるが、ほんの一回しか会わずにすれ違っていく人もたくさんいる。その中で、ある人とは親しくなり、ずっとつきあいが続いていく。ある人とは親しくなったものの、ケンカ別れしていく。

 ある純情な青年が、スナックのホステスに恋をした。彼女はなかなか奔放なタイプで、周囲の友人は、「おまえには合わないからやめておけよ」と忠告した。しかし彼は、「彼女はそんな女ではない」と弁護し続け、数年間、彼女を想い続けた。そして、ついに彼女との交際に成功したのである。

 今度は彼女にプロポーズし続ける彼を見て、周囲はまた心配したが、彼は、いつか彼女が自分と幸せな家庭を持つ気になってくれると信じて、待ち続けた。しかし、彼女は数年後、スナックの経営者の男性と結婚してしまった。彼とつきあっている間もずっと、彼女はその男性ともつきあい続けていたのである

 それを知った青年はさすがに、「オレの8年間を返せ!」と泣きわめいた。
 彼の気持ちもわからないではないが、その女性を好きになり、想い続けたのは彼本人である。きっと彼にとって得るものもたくさんあっただろう。もしも失うものしかなかったというのなら、そんな恋はさっさとやめればよかったのだ。

 やめなかったのには何か理由があるのだろう。彼女を想い続けていること自体が幸せだったのかもしれないし、自分の愚かさを知ったのなら、それはそれで8年を費やした意味があるというものだ。次はもう少し自分に合った女性を選べるだろう。

 私は、出会いには無駄がないと信じている。どんな出会いも、必要があってそうなつたのだ。どんな出会いも、発展させるかさせないかは、結局、自分で選んでいるし、どんな人でも、他人とふれ合った経験は心に残る。

「失敗した、無駄だつた」と思えば、本当にそれだけの意味しかなくなってしまう。
「ああ、楽しい思い出がたくさんできた」「いい体験になった」と思えば、本当にそうなる。どんな出会いも無駄にせず、次の出会いをレベルアップさせる糧にしていこうではないか。

続けるダイエット

パワーストーン・チャームで愛情運UP!

June 23 [Tue], 2009, 21:38
第1号のパワーストーンの幸運チャーム(神秘のローズクォーツで出会い恋)に付いてくる付録のチャームは愛情運を上げるローズクォーツで、スリランカ産の石をカットしたハート型。

小冊子も読み応え&説得力大!

ローズクォーツには、出会い・恋愛・結婚・愛情etc.人間関係運をUPさせる効能があるといわれています。

その謂れや神秘のパワーについて、冊子で解説し、実際に身に着けていただけるよう、付録はアクセサリー仕様に。

ローズクォーツはスリランカ産の最高級品(天然石で人工着色をしていません)、チャームの地金部分にはシルバー925を使用し、アクセサリーとしてのクオリティも高い商品です。

神秘のローズクォーツで出会い恋