彼は 

May 11 [Sun], 2008, 23:24
かっこいいけどそこまでモテオーラはなってたわけじゃない。

だけど行きかえりの電車でよく見かける彼は、いつの間にか私の憧れの存在になっていた。

きっと彼のことをカッコイイと思うのは自分の周りでは私だけだったかもしれない。若しくは他に2,3人くらい。

髪の毛も真っ黒だったし、寧ろ地味な感じ。

だけど、だんだん だんだん、よく見ると小○旬くんに見えてきた。

顔だけ見るとね(笑)いや、顔だけ似てても旬くん大好きの私にとっては万々歳なんだけどさ。

私とユキナは彼のことをオグチュンと名づけることに決めた。(勝手に)

オグチュンは3年生だった。

自分の教室にいるとき以外はその人を探すのが趣味になっていた。

ストーカーじゃないけど、思春期の女子にはよくあることだと思う。好きな先輩を探すこと。

見かけた日は超ラッキー。

見すぎて本人に気付かれてたかもしれない。相当ウザイ後輩だわぁ。

だけど本気で「好き」って訳じゃなかった。ただミーハー的な感じ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:renai-jinsei
読者になる
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像アニー
» 高校入学 (2008年05月21日)
アイコン画像アニー
» 今日から (2008年05月21日)
アイコン画像ペプシ・マン
» 高校入学 (2008年05月10日)
アイコン画像ペプシ・マン
» 今日から (2008年05月10日)
Yapme!一覧
読者になる