ノロウイルス

December 19 [Wed], 2012, 22:57
母が一昨日ノロウイルスにかかってしまい、それが父にうつってしまって嘔吐下痢熱に繋がったみたいです。
医者がもしかしたらノロかもしれないと言ってました。
嘔吐をしてから父の吃逆が止まりました。
でも容体が心配です。
便が詰まってるとお腹が上に押されて横隔膜を刺激して吃逆や嘔吐につながるらしいです。
もしかしたら年を越せないかもしれません。
不安と恐怖でおかしくなりそうです。
母もそうだと思います。
一番苦しいのは父ですが、結局医師が家に来ても父の血管が細すぎるのと抗癌剤の影響でもろくなってる血管には、針が通らなくて口からの水分補給に切り替わりました。
流動食はストップです。

急変

December 19 [Wed], 2012, 19:16
父の容体が急変しました。
今現在看護師が家に来てくれてますが、1度目は胃液を吐いたと思ったら、今度は口から汚物の臭いがする泥状の嘔吐をしました。
熱も38℃から37・9℃に下がったと思ったら39・4℃まで上がってこれから医者が家に来るみたいです。
父に看護師が病院に行くように促しても、病院には行きたがらないし、家で点滴をする事になりました。
看護師が言うには、危篤状態に近づいてる感じみたいです。
夜から流動食もストップして医者が来るまで夜の薬をストップしてます。
父の状態は下降していってるそうです。
また医者が来て治療をしてくれたら改めて書きます。

しゃっくり

December 15 [Sat], 2012, 18:17
父は3日からしゃっくりをするようになり、看護師に母が相談したら便が詰まってるからとの事で看護師に便を書き出してもらいました。
お蔭で一時は吃逆も止まったけどまたずっとしてます。
寝てる時だけ止まってるけど・・・・・。
父の我儘は相変わらずです。
夜中のオシッコは自然現象だから仕方ないにしてもやれ痒いから掻いてとかマッサージとか母が起きる時は母が父の相手をしてるが母が起きない時は私の電話に父から掛かってきて私が相手します。
起きてればいいけど正直辛い・・・・・。

お休みしてた間のまとめw

December 13 [Thu], 2012, 1:42
父は最近やたらマッサージや体が痒いと言うようになった。
トイレにも行かなくなって尿器でオシッコをしている。
背骨に沿ってかゆみがあるらしいが皮膚じゃなくて皮膚の下が痒いって言う。
医師からかゆみ止めを調合してもらったけど皮膚が痒くなかったら利きようがない。
母は正直参ってるみたい・・・・。
ストレスだけが溜まって行くのが本音。
父もストレス溜まってるんだと思う。
これが在宅介護なんだなぁ〜と実感。
私は母とたまに衝突してしまうがお互い我慢してるから大きな問題にはなっていない。
飼い猫の蓮だけが私を癒してくれる。
あとどれだけ父と居れるかわからないけど明日もがんばろっと。

今日は訪問ドクター日

December 03 [Mon], 2012, 17:24
父の具合は良くはありませんが、酷くもないです。
今の調子だったらまだあの世からお迎えが来ないみたいでほっとしました。
ただ容体が変われば逝ってしまうと言われてるので毎日不安な気持ちは変わりありません。

訪問看護師

November 30 [Fri], 2012, 10:48
昨日は看護師の日でした。
昨日の方は丁寧で感じが良く色々教えてくれました。
リンパマッサージのやり方等レクチャーしてもらいました。
父の機嫌は少し悪くて母と口論になりましたが今日は機嫌が普通で少し体調が悪いみたいです。
今日は入浴の日ですがお風呂に入れれば良いけど少し心配です。

すべてが違うのねー。

November 27 [Tue], 2012, 21:30
在宅医療に変わってからお薬は薬局に変わった。
金額も薬と流動食の値段を合わせてすごい金額。
母もびっくりして薬剤師に聞いたら納得。
それでも少しでも父には長生きして欲しいから値段が高くても仕方ない。
私と言えば病院に行ってきました。
節々の痛みは注射したおかげでとれました。
父が掛布団が重いと言っていたので母が奮発して西川の羽毛布団を買ってきました。
早速父に掛けてあげたら軽いと喜んでました。
今日も頑張ってトイレまで歩いて行ってるので病院にいる時より元気になった気がします。
声も張りが少し出てきた感じです。

訪問ドクター

November 26 [Mon], 2012, 21:21
今日は訪問ドクターが家に来て診察してくれましたが、5分ほどしか家にいませんでした。
結局看護師としてる事は対して変わらないです。
唯一違うところは薬を出してくれるところだけです。
父の様子ですが、手の指が浮腫んでいて少し心配です。
まだオシッコが出るから深刻ではないと思うけどやっぱり心配。
父自身は落ち着いた感じで穏やかでした。

ネガティブな父

November 25 [Sun], 2012, 21:00
今日の父はかなりネガティブです。
退院後保険屋に申請したのですが、父が入退院を繰り返してる為一つのところは日数分、お金が出なかったので母と話してたら訳の分からない事を父が言い出し、葬儀屋の話だとか、いきなり家にはお金が無いんだから、訪問入浴はいらないとか、とにかく昨日といい今日といい母も私も精神的に辛いです。
一番辛いのは父なんですが、父は耳が遠いのですべての会話を聴き取れない為、話が混乱してるんだと思います。
確かに家にはお金が無いので、本当だったらヘルパーまで入れたいけど、お金がかかるのでヘルパーは入れてません。
最低限、ホームドクターと訪問看護師と訪問入浴だけ。
お金のある家だったら、他にもデイサービスへ行かせたりも出来たと思います。
でも出来ないから仕方ないです。
きっと父が死ぬまでネガティブな発言などするのかと思うと気が滅入ります。
優しく接してた母も流石に今日は父にキレてました。
父に対する接し方ももう少し変えていかないといけないとしみじみ思った一日でした。
父の機嫌が悪いときは、意外といつもより声が出てるので、その点だけは少し安心もします。
変ですねwwそれでも静にボーっと過ごされるよりかはいっぱいなんでも良いから声を出して元気な姿を見せて欲しいと思います。

悲しさとイライラと・・・・。

November 24 [Sat], 2012, 21:13
父は抗癌剤の副作用で大腸に穴が開いてしまってる為、食事は流動食です。
鼻から管を大腸まで通してます。
きっと常にお腹は空いてたのでしょうが、それは入院中もそうだったと思います。
でも、昨日くらいからご飯を食べて早死にしても良いとか、言っていて聞いてるだけで悲しくなります。
まして私も母も、体調が良くないので余計に悲しさとイライラとでやるせない気持ちになります。
流動食を選んだのは父だし、本音だとしてもそんな事言ってほしくないです。
退院するときに大量の流動食を病院から持ってきたので、父にはご飯を食べたかったら食べても良いけど、まだ大量に流動食が残ってるから、食べるなら流動食が全部無くなってからにして!と言ってしまいました。
本音を言えば、末期で余命も数ヶ月しかないので、好きな事がご飯を食べる事なら望みは叶えてあげたいけど、そうしてあげるには私と母の心の準備が必要になります。
何だかブログを書いてても悲しくなってきたので今日はこの辺で・・・・・。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蓮ママ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:その他
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像姉ちゃん
» ノロウイルス (2012年12月22日)
アイコン画像姉ちゃん
» お休みしてた間のまとめw (2012年12月13日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ren_1/index1_0.rdf