手を抜く

May 19 [Thu], 2016, 20:03
もうすぐ息子は3歳になります。
9月から幼稚園に入ることが決まりました。
この4月に旦那の転勤で県内ですが引越しをし、
生活環境が変わる中でいろいろ考えます。

以前の社宅は子育て世帯も多く、付き合いも多かったので
気にしていなかったんですが
息子とずっと2人。旦那は遅く帰ってくる。
話し足りないんでしょうね。
日中は勿論家事があるし、
なるべく息子にいろんな体験をさせようと連れて出るようにしています。

なんだか久しぶりに何もやる気が起きなくて
一日中パジャマのまま、化粧もせずに、
息子と家から一歩も出ずに過ごしました。
そして1人で遊んでくれる間に本を読みました。
1冊読んだのっていつぶりだろう!
育児のhowto本だから簡単だったってのもあるけど。

男の子は手を抜いて育てなさい、というような内容でした。
かれこれ2年10ヶ月一応母業してきましたが、
なんというか手を抜くのが下手というか
どこが完璧を追い求めてしまって
出来ないこととか、上手くいかないことに
腹を立ててしまったり。
そもそも、子供が思い通りになるはずないんですけどね。
今のままではパンクしちゃうよ、と言われることがあります。
自分でもわかってるんですけどね、
どうしていいかわからないんです。
出来ることは出来るだけしてやりたいし、
ご飯だってちゃんと栄養バランス考えて作りたい。
だけどお金も時間も、限りのあるもの。
自分の時間も、少しずつ作っていかなきゃなのかもなぁ。

7月に2人目が産まれる予定です。
急にお腹が大きくなりだして、ナーバスになってるのもあると思います。
もっと大変になるんだから、
あれはダメこれはダメ!ではなくて
少し、楽をする、というのを許していきたいです。

ラストチャンス

July 16 [Thu], 2015, 13:46
早くも結婚3周年になりました。
息子は2歳になりました。

チビがちょろちょろするので追い回して
怒ってばかりの日々です。

そろそろ…というのは、わかりますよね。

私の親は1人目のとき大変だったし
子育てはお金がかかるので、
もういいんじゃないかと言います。
旦那は自分が兄妹がいるので欲しいと言います。
義理の親は当然次をと考えてます
(旦那が長男なので)

私は、自分が兄妹がいるので
やはり2人欲しいと漠然と思っていました。
だけど私の親は
2人目産むなら2歳差でないと、と言います。
2歳差を産めるラストチャンス、この6月だったんです。
だから私はなんとなく、年初に思い立って、

6月までに出来たら産もう、
ダメだったらもう諦めようと考えていました。


幸か不幸か、6月に受精したんです。
だけど命は宿りませんでした。
そして、明日手術をする予定です。


最後の最後でな、と。
決意が揺らぎます。


私は両親の言うことを聞きすぎてしまうので、
もう結婚しているし、
そんなに気にしなくていいとも自覚してます。

だけど約30年間そうして生きてきて
簡単に振り切れない、ですよね。


正解はないんだと思います。
ただ、私1人でどうなることでもないので。

失うと、惜しくなってしまいますね。

my way

August 17 [Sun], 2014, 22:45
気が付けば、心のゆとりを失っていた。
来年1月まで育休の予定だったのを5月末で早期に自己都合退職して
普通に考えれば時間の余裕やらなんやらあるはずなのに。
うすうす感付いてはいたんですが、
自分で気が付かないふりをしていたのかな。
子供をことをたくさん見て、遊んであげあれると思って
いや実際その通りなんだけど。
たぶん、その日その日をやり過ごすばかりで
自分の目標とか、他のところに心を留めておくこともなく、
知らず知らずのうちに自分で自分の首を締めていってたのかもしれない。

はじめてだからわからないことばかりで
ネットとか本とか、そういうものを参考にするしかない。
自分の中で、子供を育てる上で「こうしたい」という思いが強くて
息子に押し付けてしまったり
旦那に当たってしまったり
両親の意見に耳を貸せなかったり、しました。

自分的には、一生懸命だから何が悪いかわからなくて
自分が悪いと思えなくてモヤモヤしてた。

子育てなんて、正解はないんだよね。
なんだけどつい自分の気に入ったやり方に縋ってしまって
そんなんじゃ息子も神経質になってしまう。

心のゆとり、売ってないかなーなんて。
まぁこう思えるようになっただけ、マシになったかな。

自我が芽生えてきて
これからいよいよイヤイヤ期に突入するんですが、
その前にこうして一度歩みを止めることが出来てよかった。

自分だけで育ててるんじゃないんだ。
周りの人に感謝!
そして息子をもっと大切にしよう。

私の道は、もはや私だけのものではないのだから。

筆舌に尽くし難い

August 30 [Fri], 2013, 20:42
小さい頃から親に反抗する度に、
「親にならんとわからんよ」と言われてきた。

そりゃぁそうだ、当然でしょう。
だけどそれが悔しいから、
あたしも親になりたいと思ってきた。
だから26歳までに結婚して
30歳までに2人子供を作ろうと人生計画を立ててた。



で、子供が生まれてみて。

やっぱり、と言うか

ようやく、と言うか

はじめて親の気持ちが解ったよ。




こんなに小さな命が
一生懸命、生きてるんだなぁって。

もうとにかく可愛くて。

そんでもって、不安。
自分のことじゃないから、何かあるとすごく心配になる。


20歳になるまで無事に育てるって
途轍もなく、長く険しい道のりなんだなぁって。

こんな自分を、どれだけ大切に育ててくれてたか。
もう本当両親には頭があがらないです。


これからでも遅くないから、親孝行しよう。

そんでもって、まっすぐ子供と向き合っていこう。
それがたぶん一番大切なこと。


これまで26年間生きてきて
自分の性格とか、今更なかなか変えらんないと思う。

これまでの自分を改める、とすれば
誰かのためじゃないと無理だと思ってた。

1.旦那

…のおかげで、実際少し性格が丸くなった。
そんでもって今回。

2.子供

本当に今回、新しい自分になれる確信がある。
この子の為ならなんでも出来る、と思う。
自分のお腹から出てくるって本当に凄いことだ。


筆舌に尽し難い。
2013年7月9日に2838gの男児を無事出産。

これからの未来に希望のあらんことを。

Spring has come

March 16 [Sat], 2013, 10:13
すっかり春らしくなってきましたね、
春が来ると言いたくなる。
丸暗記より記憶に関連付けて覚えるのがやっぱり1番だなぁ。

我が家にも、新しい生命がやってきそうです。
ちなみにいま6ヶ月。
どうしようかと考えたんですが、
いざ産まれてしまえば忙しくて書く時間なんてないんじゃないかと思って。
早めにご報告することにしました。

妊娠して半分くらい時間が経過して
少しずつ周りも自分も変化してきました。
こんな早く出来る予定ではなかったから最初は戸惑いが大きかったですが
さすがにお腹が大きくなってましてや中からキックするようになれば
大切に想う気持ちも育っていくもんですね。
いろんなことはありますが、総じて幸せです。
いまはあと数ヶ月の旦那と2人きりの生活を大切にしなきゃなって。

ホント人生って皮肉なもんだと思います。
まだ結婚して一年経ってはいないですが、
まさか自分がこんな幸せな結婚をするなんて思ってなかった。
昔の自分に言ってやりたい、
「案外人生捨てたもんじゃないよ」って。
人を愛するって凄い事だ。
人間ってなかなか変われないけど、
「誰かの為」なら壁を乗り越えられてしまうこともある。

私も彼も、4ヶ月後には親になってるかもしれない。
またひとつ、ゆっくり山を登って行こう。

砂の城

October 10 [Wed], 2012, 21:02
結婚して3ヶ月が経ちました。
ようやく夫婦生活も慣れてきたところです。

喧嘩をすることもありますが、
結婚っていいもんだなぁってつくづく思います。
人間って不思議なもんです、
他人を想うことは難しいけれど。
全くの他人が一緒になるから、はじめて歩み寄れるんだと思う。

やっぱり、結婚と恋愛って違う。
まぁ当然なんだけど、
改めて感慨深く思います。
結婚で大切なのって、相手を尊重すること。
なんだかおかげでだいぶ穏やかになったように感じる。
日々反省もありますが。


どんな過去も所詮過去でしかなくて。
恋愛って、きっといまを追い掛けること。
結婚は少しずつ未来を築いていくこと。

すべてがあるからいまの自分がいて
それを否定したら彼すらも否定することになる
いいことも悪いことも認めて
彼に感謝して

もうすこし、すこしずつ、やさしくなれるといいな。
そんな26歳の目標。
穏やかな日々を大切にして
いつか丈夫なお城になりますように。

partner

April 21 [Sat], 2012, 23:44
あたしの価値観について。



人間てのは、有機的な生命体である以上
子供を産まなければと生きてる価値がないと思う。
だから早く子供が欲しい。家庭が欲しい。
よく意外って言われるけれども、
26歳までに結婚しようと心に決めていました。

極端な話をすれば、妥協をすれば誰でも結婚出来ると思う。
最近はメディアのせいで恋愛至上主義というか純愛ブームだから、
こればっかりはなんとも言えないけど。
結婚するまでは遊べばいいと思う。
理想なんてのは空白の時間が長ければ長いほど高くなる。
さりとて自らを顧みて、果たしてその理想にふさわしいのかどうか。
だって少なくとも誰もが老いていくわけだから。
いまどんなに頑張ったって、見定めるべきはきっと別のところにある。

愛なんてのはたぶんインフルエンザみたいなものだ。
人間はつくづく自己中心的な生き物だから、
たとえ愛する人であっても最終的には他人でしかなくて。
それを凌駕出来るとすれば、子供以外に何があるだろう?

お腹を痛めて産んだ子。
自分の遺伝子を半分継ぐ者。


そして、それを共に守るパートナーがなにより欲しかった。
自分だけの、大切な人。




だからあたしは常に恋愛にすがっていた。
自分を愛してくれる人をがむしゃらに求め続けていた。
好きな人の条件は、「自分を好きな人」
ハードルも低いし、とにかくいろんな人を見ようと思った。
そしてベストな人を見つけられればいい。


付き合った人の数は2桁になったけれど。
今となって思うのは、結果としてその選択が間違いではなかったこと。
確実にステップアップしていったし、
最終的に今の人をパートナーとして得ることが出来た。




1月に彼と1週間アメリカ旅行に行って、プロポーズをされました。
そしてようやく結納も済ませて7月に結婚する予定です。


たくさん失ったし、
たくさん過ちを犯してきたし、
これまでのあたしがしてきたことが正しいかどうかはわからない。


だけど、あたしにとって大きないま転換点に居て。
彼の為にもっと変わろうって思える。
そしてこんな自分でも愛そうって思える。





愛すべき存在を手にしたとき、人は強くなれる。

もっと強くなりたい。

終着点

February 04 [Sat], 2012, 16:02
前の彼とまだうまくいってたら
もうすぐ結婚だった。
別れたことを後悔していないです。
むしろ、もっといい人がいると突き放してくれた彼に感謝さえする
冷静になったから言えるけど、
とにかく好きだったんだなぁって。
なんで好きなんだろうってたくさん考えたけど。

不思議なものだ。
いまとなっては、彼のダメなところばかりが目に付く。
皮肉なことでいまは同じ係で同僚として働いているけれど。

好き、ってのはとても限定的な、極めて一時的な感情なのかもしれない。






だけど、どうかな。
今の人にだって勿論嫌なところはある。
まだいまは好きだから大抵のことは目を潰れる。

でも、それも、いつまで続くの?



不安に思うのは簡単だ。
わたがしみたいにふわふわと膨れ上がる。

だけど、今回は、もうこの人についていこうと決めたんだ。
「俺が守っちゃる」って言ってくれたから。



強さも、弱さも、
すべてを愛して
自分の何を擲っても
彼を支えていこうと心に誓う。

proud

January 01 [Sun], 2012, 22:10
愛なんて、錯覚にすぎないかもしれない。

そのときは区別が付かない。
自分はまともな判断がつかなくなる。





だけど、確信がある。
いまの人が好きだ。
このひとならたぶん一緒になれる。


少し、怖い。
彼はあたしとの結婚を前提としていると言う。

だけど、だけども。

彼は案外現実的な人間なんだ。
結婚しない人とは付き合わない。
価値観があわないならば早く別れた方がいい。



怖いんだ、
だけどそれよりも彼と一緒になりたい思いの方が強い。


それは単なる結婚への憧れなのか。
わからない、だけど。


今年はそばにいる人を大切に、
目の前にあることになるべく完璧に、

これまでも近くにあったものをより考えて
たくさん考えることで、

次なる未来を生んでいきたい。







自分ために
大切な人のために


愛を。

自覚

December 18 [Sun], 2011, 23:46
とても好き。
いまの彼氏を愛している。

自分でも理解しているつもりだったけど、
思った以上だったみたいだ。



あたしと彼はあまり喧嘩をしません。
だけどよく口論になることが1つだけあります。

あたしが小さい嘘をつくこと。
たとえば昔の男関係の話。
そんなん知ってもなんもいいことないと思って問われれば嘘をつくけど
彼の執拗な問いが怖くて本当のことを言ってしまう。
言わなくても機嫌悪くなるし
言ったら怒るし。
それでいつも喧嘩になる。

あたしが嘘をつきそうせればいいのに。
出来ないなら最初から本当のことを言えばいいのに。

あたしのなにを信じればいいかわからなくなるって。



本当に好きで
結婚の話とかも頻繁にしたりして
このままいけば、ってあたしは安易に思ってた。

だけど彼は、一生一緒にいることを考えて
あたしの本当の姿を見ないと決められないって。







そりゃそうだ。
好きだけでいられる恋愛と結婚は違うもの。




好きになってほしくて
嫌われたくなくて、
頑張ってたことが逆効果だったみたいだ。




あたしもなるべく自然体になって
彼に認めてもらえるよう、頑張ろう。
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像雨→ゆきえさん
» 手を抜く (2016年06月29日)
アイコン画像Yukie
» 手を抜く (2016年05月27日)
アイコン画像雨→さっちょんさん
» ラストチャンス (2015年09月10日)
アイコン画像雨→ゆきえさん
» ラストチャンス (2015年09月10日)
アイコン画像Yukie
» ラストチャンス (2015年07月16日)
アイコン画像さっちょん
» ラストチャンス (2015年07月16日)
アイコン画像
» 筆舌に尽くし難い (2014年08月26日)
アイコン画像Yukie
» 筆舌に尽くし難い (2014年08月19日)
アイコン画像
» 筆舌に尽くし難い (2014年08月17日)
アイコン画像yukie_e37
» 筆舌に尽くし難い (2014年06月11日)
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE