中国企業の対日M&A、37件に急増技術?ブランド狙い米国抜く12ページ

January 03 [Mon], 2011, 19:43
中国企業による日本企業のM&A(企業の合併?買収)が増加している。調査会社のM&A助言大手、レコフによると、29日までの平成22年の件数は昨年比約42%増の37件。この4年で2?2倍になった。上場企業を狙う動きも目立ち始めていて、日本の技術やブランド力を取り入れるために対象業種をハイテク製品から衣類や日用品などに広げつつある中国勢は、年明け以降、一段と貪欲にM&Aを仕掛ける可能性が高い。中国企業による日本企業の買収や資本参加の件数は、それまで日本企業の買収件数で首位の座を維持してきた米国の35件を抜いてトップとなった。金額では米国、ドイツに次いで第3位の288億8300万円(昨年比約1?1%増)。37件のうち、中国本土企業が26件で、香港企業が11件。中国本土企業は4年前と比べて約2?9倍だ。ゴルフ用品専門メーカー、本間ゴルフは、中国企業が出資する持ち株会社、マーライオンホールディングスの傘下となり、6月にはジャスダック上場の東山フイルムに対して、中国系ファンドのCITICグループが株式公開買い付け(TOB)を実施した。
アイオン RMTアラド RMT信長の野望 RMTFF14 RMTRom Gold
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fdfsdf
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/remlllk2/index1_0.rdf