October 24 [Tue], 2006, 12:28
背が低いことからかってあなたは上からわざと見下ろして

映画館であなたにもたれかかってみた

あたしの頭はあなたの肩にくっつく

こんなこと

ずーっと

続いたらいいのに

先が見えてるわけでもないのに

すごく心配になる

けんかも続かない私たち

あたしが怒ってもあなたがすぐになだめてくれる

『ごめんね』って

それがまた子供に見られてるみたいで

守ってもらってばかりで

嫌じゃないけど

嬉しいけど

蝶のように羽ばたいて

ちょっと外の空気も吸ってみようかな

甘すぎる熱気じゃなくて

吹雪みたいな外の空気で

深呼吸してみようかな

そうしたら

もうあなたの所

もどれなくなるけど

『大好きな人』

そうやって

外の世界の人たちに

紹介してあげよう

『危ない』なんて

止めないで

my me 

October 24 [Tue], 2006, 11:58
なんであたしはこの地球と言う惑星に生まれてきたんだろう

どこで

だれが

私のこと

この世に送り出そうと思ったんだろう

好きで生まれてきたわけじゃない

だけど

生まれた事を後悔してるわけでもない

私。

生まれてきた理由なんてなくたって

生まれてくる事ができた

なんであなたのことスキかなんて

あなたのどこがスキかなんて

きかないでね

理由なんてない

すきだから、スキ

それが

わたしの私に対する答え

理由なんて

理屈なんて

後からついてくれば

それでいい。

あなたのあなたは

今何を

疑問におもってる?

自分に対する答えは

ちゃんときいておかなきゃ

こんがらがって泣いてもいいよ

それさえ

私への答えだと

受け止められたなら。
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:remioromen03
読者になる
Yapme!一覧
読者になる