【 更新情報 】

スポンサード リンク

不妊検査と夫婦

不妊検査を受けるのは

女性だけではありません。

男性の方も、精子が多いか

少ないかの検査があります。

不妊検査というものは女性だけの

問題ではなく、男性の方にも

問題があるのかもしれないのです。

不妊というものは、夫婦二人の

問題です。

ですから、できるだけ、不妊検査には、

男性の方が、女性に付き添ってあげて

ください。

そうすることで、女性の心理はとても

楽になります。

夫婦二人で力をあわせる。

この不妊検査にも、その夫婦の力が

必要となってきます。

不妊検査の結果、

どちらに不妊の問題があったとしても

それは、問題ではありません。

むしろ、そこからがスタートなのです。

不妊検査を終えると不妊治療が始まります。

嫌な検査も沢山あります。

それを、夫婦二人で乗り越えることが

これからのご夫婦にとって大事だと

思われます。

不妊検査は、ぜひ、ご夫婦二人で

付き添いあいながら、いってみてください。

これから、二人で歩む、また、もう

一人の家族が増えるかもしれないという

期待と不安で入り交ざる心境になると

思いますが、一人より二人です。

これからの二人の人生のためにも…。

不妊検査と病院

不妊検査というものに

問診があります。

その問診には大抵、男性の医師が

行うのですが、医師の中には、

ちょっとこの人…、っていうくらい

質問のマナーをわきまえていない

ことがあります。

不妊検査なのだから、おそらく

感じのいい医師なのだろうと

思ったら、大間違いです。

世の中には、いろんな医師がいます。

その医師を私たちは、なかなか選ぶこと

ができません。

しかし、最近では、インターネットなどで、

医師の評判を口コミで書かかれていることが

あります。

それを病院の掲示板というのですが、

こんなときこそ、インターネットの

掲示板を検索するのがいいと思います。

そんな口コミの掲示板をよくみて、

自分で、これだ!という病院に

行くことをお勧めいたします。

不妊検査は、一生のことを決める

検査といってもいいのです。

あなたの家族とあなたのこれからの

大事な検査です。

嫌な思いをするなら、感じのいい

医師に診てもらったほうがいいに

決まっています。

近くの病院で、不妊検査をしてしまおうと

いうより、これから長くつきあっていく

医師や病院を選んでいくことのほうが

大事だと思います。

不妊検査と不妊治療助成金

不妊検査を受けるにあたって

いろいろな心構えを書いてきました。

不妊検査というものは、もちろん

子供を作ろうという思いから

受けるものです。

しかし、その不妊検査が嫌だと

いう人は沢山いるでしょう。

そして、不妊検査には高額な

費用がかかります。

不妊検査を受けたくても

費用の面のほうの理由で

受けられないという人は沢山

いると思います。

そんな不妊検査を受けるにあたって

不妊治療助成金というものが

あります。

これは、不妊検査をして、不妊治療を

行う場合には、戸籍上の夫婦であり、

不妊治療を受ける病院を指定の病院で

受けているならば、国や自治体が

その費用のいくらかを負担してくれる

というものです。

不妊治療助成金は、少子化対策のために

作られたものです。

これを利用しない手はないと思います。

ぜひ、不妊治療助成金を活用して、

不妊検査を受け、不妊治療をうけてみましょう。

ほかならぬ、あなたから、生まれる命の

ためです。

あなたが、本当に欲しいと思った命の

ために、ぜひ、不妊検査をうける

勇気をもってください。

これからのあなたと、これから

生まれるであろう命のために…。

不妊検査、されど不妊検査

不妊検査というものは

子供が欲しいと思っていても

できない女性にとって、

とても大事なことでもあり、

また、心理的には、かなり

負担になる検査です。

不妊検査には、問診というものが

あって、そこで、流産の経験や

生理のことなど、根掘り葉掘り

聞かれるのです。

私は、乳がん検診のときに

問診を受けましたが、本当に

嫌なものでした。

特に、若いお医者さんが、興味深

そうに聞く様子に耐えられず、

早く終わって欲しいと思いました。

なので、不妊検査なら、問診を

受ける女性は嫌な思いをすると

思います。

不妊検査の際は、リラックスして

受けてください、と、いいますが、

本当に、しっかりとした心構え

でないと、女性にとって、つらい

問診となってしまいます。

嫌な問診がある不妊検査ですが、

本当に自分の、これからのためだと

わりきって受けることが大事だと

思います。

お医者さんの顔を見ながらでは

なく、ネクタイのふきんを

見ながら、返答していくのも

手だと思います。

また、緊張しないようにエッセンシャルオイル

をちょっと湿らせたティッシュを

ポケットにいれておくと

リラックスできますので、

ぜひ、試してみてください。

オレンジなどの柑橘系のエッセンシャル

オイルがお勧めです。

不妊検査、ぜひ、トライしてみてくださいね。

不妊検査と子育て

不妊検査というと

本当の女性にとっては

病院にも行きづらいものです。

産婦人科でさえ、女性には

敬遠されているものですから、

ましてや、不妊検査となると

女性の心理面で大きな負担に

なると思います。

そして、不妊検査には、膨大な

お金がかかります。

そのことも不妊検査を受けづらくしている

状況なのです。

しかし、現在は、不妊治療助成金というものも

できて、国は自治体が、治療費をいくらか

負担してくれるようになりました。

このように、制度が整ってくれば

不妊検査ももっと、ポピュラーなものに

なるのではないかと思います。

後は、女性の考え方次第だと

思います。

自分のためでもあり、これから

生まれてくる子供達のためでもある。

そう考えて、えいっ!と不妊検査に

望んでみてはいかがでしょうか?

子供を作ることは、本当に大変です。

動物が子供を作るのとは、訳が違います。

産むのも大変、育てるのも大変なのが

人間の子供です。

でも、その中で、子供を育てるということで

自分自身が大人になっていく、そんな

経過を楽しむこともできます。

子供を育てるのは、自分を育てることでも

あります。

ですから、胸をはって、どうどうと

不妊検査に望みましょう。

不妊検査とこれから生まれる命

不妊検査について、

いろいろと書いてきましたが、

今までの記事が、大体、

日本でやっている不妊検査です。

不妊検査を受けるということは

女性にとって、本当に深刻な

問題です。

もし、昔に流産していたら、

もしかして、産めないのでは

ないか?という不安の下に

病院へ行って、不妊検査を

受けるのですから…。

そして、流産をした経験などを

また、思い出さなくてはならない

のですから。

でも、これから、不妊検査を

受ける女性の方に、これだけは、

思っていて欲しいのです。

これから、もし、待望の赤ちゃんが

できたら、あなたは、きっと

本当にうれしいことでしょう。

そして、その赤ちゃんを育てる

という立派な役割をもらうことは

他の誰にもできません。

あなたにしかできない

大きな仕事なのです。

そして、その仕事は、生命を

育てるという、本当にかけがえのない

ものなのです。

一時の不妊検査の、嫌な思いなど、

あなたの大きな役割とかけがえのない

仕事に比べれば、比になりません。

どうか、勇気をもって、不妊検査に

望んでください。

そして、夢をもって、あなたの

将来の希望にかけてください。

不妊の原因となる検査

不妊検査について、

4日間書いてきましたが、

このほかには、男性に

精液の検査をしてもらいます。

男性にマスターベーションをしてもらい、

その精液から

精液量、精子濃度、精子運動率、精子奇形率

を調べる検査です。

これまでのすべての検査で

排卵があって、、卵管が通っている、

そして、精液に問題がなければ妊娠が可能です。

それなのに、妊娠しないときにはどこかに「妊娠しにくい」

という原因があるのです。

いったい何が原因なのかを探すという検査を

紹介したいと思います。

まず、H.ホルモン検査というものがあります。

月経が数カ月に1回しかないという人、

月経と月経の間隔が不規則な人は、排卵が起こりにくいと

考えられる場合があります。

排卵がないと妊娠しにくいのです。

いったいどんなことが原因で排卵が起こりにくくなっているのかを

を調べるのがこのH.ホルモン検査なのです。

この方法のやり方は、採血で血液中のホルモン値を測定するのです。

そして、そのホルモン値の測定から

脳下垂体ホルモンのFSH、LH、プロラクチン、卵巣ホルモンのエストロゲン

の値を調べます。さらに黄体機能を調べる検査があり、

プロゲステロンというホルモンというものも調べます。

不妊検査は、簡単ではありません。

いろんな不妊の原因を探るのが、不妊検査です。

そして、原因を治療していくのも

不妊検査の重大な役割となります。

不妊検査を怖がらずに、ぜひ、受けてみてください。

わからないことが、わかる、ということは

とても必要なことです。



卵管の検査

不妊検査を受けたいという

方は多いと思います。

しかし、不妊検査ってなんだか

怖い…、という方、沢山いらしゃるのでは

ないでしょうか?

そんな方に不妊検査のことを、紹介しています。

今日は卵管が通るか通らないかを調べる検査です。

その一つに子宮卵管造影という検査があります。

この方法は、比較的どの病院でもやっています。

まず、子宮腔にカテーテルを入れます。そして、造影剤

を入れ、それが子宮から卵管を通り腹腔内に流れる様子を

をX線で見るという検査です。

この検査で、子宮腔の形や、卵管の通りやすさ、卵管の太さや卵管の

出口付近の癒着などがわかります。この検査をすると3カ月位は妊娠し

やすくなるといううれしい検査です。

この検査のほかに腹腔鏡という検査があります。

この検査では、全身麻酔を使います。臍から内視鏡を腹腔内に差し

、子宮や卵巣、卵管などを調べる検査です。

この方法では卵管付近に癒着がないか、子宮内膜症がないか

調べることができます。

しかし、全身麻酔を使うため、事故などが起こり易く

日本ではあまり普及していない方法です。

このように不妊検査にはいろいろな

検査があります。

ぜひ、どんな治療法をしているのか

病院での検査を調べてから病院へ行くのが

いいでしょう。

排卵の検査

不妊検査では排卵の検査をします。

排卵というものをしっかりと把握してらっしゃるでしょうか?

卵子というものは液で満たされた卵胞という袋に入っているのです。その卵胞は月経(生理)が終わるあたりから

日々直径が1.5mmづつ大きくなっていき、

直径が20mm前後になるとき卵胞が破れて、液と一緒にに卵子が流れ出るのです。

これが排卵というものです。


排卵の検査は基礎体温の検査と超音波検査による卵胞の観察、黄体ホルモンの血液検査の3つがあります。

基礎体温の検査は自分で毎朝行うものです。

音波検査による卵胞の観察では、

排卵前後に何回かの超音波検査をします。

そうすることで、排卵を確認することができます。

この検査には痛みは伴いません。

黄体ホルモンの血液検査は、

採血で、、黄体ホルモンがでているかを調べる検査です。

日本では基礎体温や超音波を用いて調べることの方が多いようですが、

欧米では、黄体ホルモンの血液検査のほうが主流となっています。

このように不妊検査には、

いろいろな検査があります。

不妊検査のことをできるだけ、みなさんのためにできるだけ

調べていきたいと思います。

安心して、女性の方が不妊検査を受けていただくためにも

この不妊検査ブログを続けていきたいと

思います。

不妊検査って?

子供が欲しいと願う女性にとって、

不妊検査とは本当に大事なものです。

しかし不妊検査というものがどんなものなのか

よく知られていません。

不妊検査では、まず医師による問診があります。

この問診では、医師から、生理のこと、以前の妊娠のこと、過去の流産経験

などを問われます。

女性にとっては、とてもつらい質問だと思います。

ですので、この問診をうける際には、なるべくリラックスして

うけるようにしてください。

また、ほかには、尿検査と基礎体温を調べる検査があります。

尿検査では妊娠の可能性や膀胱炎有無、ホルモンの状態や排卵の有無を検査されます。

基礎体温は、病院ではかるものではなく、、毎朝自分で測るものです。

受診のときに、基礎体温のグラフを医師に見てもらいます。

基礎体温表をつけると、いろんなことが分かるのです。また、治療や検査の

役にたちます。

不妊検査がどういうものか、わからずにいきなり病院へいって、

検査をうけると、とても不安ですね。

ですから、こうやって、私のブログなり、インターネットで

事前に調べておくと、かなり安心できるのではないでしょうか?