きット僕ハ予想以上に…君をアイシてる 

2006年09月23日(土) 13時14分
夜明け前の闇に体格の良い青年の影が一つ
何とか帰ってこれた。良かった、誰にも見られていない…
内心呟きながら溜め息を一つ吐き帰ってきた最近見付けたばかりの廃墟
そっ、と建物の中に入り直ぐ様浴室へと向かう
古びたコンクリートに紅い足跡が着く


流れる紅い水が綺麗で汚くて排水孔に溜っていたのを踏みつけてみた
ただ、強く跳ね上がっただけだった
使い成れた傷だらけの体を洗いながら過去に受けた古傷や今しがた着いた腫れた痕など生々しいが痛みは無くて
いっそ腕を落としでもしたら痛みが出るのだろうか、と思い付いて自嘲した
そんな事をしたら大事な…玩具が減る、と
浴びるシャワーすら熱いのか冷たいのか、分からなかった
否、分かろうとしなかった


身なりを整えてから向かう先は何処に居ようとも変わらない
己、自身の体
眠り続ける少年体に触れる
自分が自分に触れる等馬鹿馬鹿しいが此だけは止められなかった
そして必ずするこの行為も

髪に微か隠れた耳たぶに触れる
この体に相反して柔らかい肌。そして其に不相応な銀の輝き
眠るベットの脇にある棚から針を取り出す
まだ穴の比較的空いていない箇所に当てる
そして微笑みながら、一思いに突き刺す

     

毎回何かを呟いているのに数秒後には忘れてしまう
そのまま突抜た針を引き抜いて銀の十字のピアスを入れる
そしてそのまま体を手放し眠る体に意識を戻す。今まで居た体は疲労からか心労からかその場に崩れ落ちる
崩れ落ちた体を乱暴に今まで眠っていたベットに押し上げジッと見下ろす
軽くはおっていた上着に紅いモノがにじみだす

鈍く痛む
何処の痛みだか分からないが、その痛みが可笑しくて声を上げて嘲笑った
その時初めて何時も呟く言葉が思い出せた


「アイシてる」


気が付けば夜が空けていた
輝く光に目を伏せてから開く
その顔は薄く笑っていて瞳は何も映さず
ただ紅に濡れた銀だけがさらに紅く耳に光っていた




終り

サイト巡り中にチア骸チアサイト様を見て思った散文
骸さんは深層ではランチアさんに悪いと思っているけど憎しみや負の感情に寄って言葉にしたりしても忘れちゃうんです
痛みも感じない支配だからせめて自分の体に痛みと印を残そうとファミリーを潰す度にピアスやらを耳につけている
でもその時はほぼ無意識だから結果的にまたランチアさんの中に入って人を殺めて…の繰り返し

痛い、でもキレイな愛…

はじまりのはじまり 

2006年09月09日(土) 18時33分
はい、自サイトが書きにくいからメールで書けるブログに鞍代えしました翔こと佐渡翔です。皆さまよろしくお願いしますm(_ _)m
では簡単に紹介をば

シリーズものですが繋がらない予定です
エログロの段階はカタカナが多いほど強くなっていきます!!
主に短(単)〜中文です
内容は何でもあり、エログロばっち来いな方のみご覧下さい(説明注意書きはしますが)
書き方は行きなりエログロかったり半端に終ったりしそうですカプは様々ですがリボーン、ここ重要です
むしろこのシリーズにはまったらpop.nはサブジャンル扱いと…なるのでしょう
そんな文でよろしければお読み下さい…

ハイテンソンで送るつもりでふ!!
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ふぁーーーっくwwwwww
» きット僕ハ予想以上に…君をアイシてる (2009年05月11日)
アイコン画像ぷるん
» きット僕ハ予想以上に…君をアイシてる (2008年10月05日)
アイコン画像新妻Y
» きット僕ハ予想以上に…君をアイシてる (2008年09月30日)
アイコン画像名医
» きット僕ハ予想以上に…君をアイシてる (2008年09月26日)
アイコン画像ちちち
» きット僕ハ予想以上に…君をアイシてる (2008年09月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:relovedborn
読者になる
Yapme!一覧
読者になる