おや、貴方も亜空間に?奇遇ですなぁ。

2011年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
書いてる人
ooku/桃源矜持
(読み:オーク/トウゲンキョウジ)
亜空人間です。好物は玩具。
嫁(葉花)の事と玩具をメインに。
週2位で何か書いてます。
最近はTwitterが連絡手段として
一番有効かつ早いと思います
お気軽にお声をおかけください。
ここのウラ話とかもあるよ!後すぐ友達になれるよ!
メールは此方から
【reloaders.tougen☆gmail.com】
☆を半角@に変更してご連絡下さいまし。
最新コメント
アイコン画像ooku
鋼鉄ジーグ (2017年04月20日)
アイコン画像このは
鋼鉄ジーグ (2017年04月19日)
アイコン画像ooku
鎖蜘蛛 (2016年09月10日)
アイコン画像マッドリオ
鎖蜘蛛 (2016年08月30日)
アイコン画像ooku
バトップ (2016年07月28日)
アイコン画像Eashes
バトップ (2016年07月26日)
アイコン画像ooku
放水龍 (2016年06月23日)
アイコン画像名無し
放水龍 (2016年06月19日)
アイコン画像ooku
NOT破壊大帝 (2016年04月30日)
アイコン画像紅澪斗燭鍍
NOT破壊大帝 (2016年04月24日)
月別アーカイブ
« 葉日1468 | Main | 葉日1467 »
蛇バイク / 2011年04月21日(木)
サーペントバイク
■Kenner 「The Shadow」
SERPENT BIKE

今回はシュリョーンにニューマシーン
と言うより初のバイク、ついにBIKE
 
...と言いつつ、買った途端に金プラが砕けた
そんな素敵なバイクをご紹介しましょう(画像はまだ無事な頃です

1994年にKennerが展開していた「The Shadow」シリーズ
同名のTVドラマをKennerがフィギュア化して発売していました。

割と幅広く、マシン類から端のキャラまで商品化しており
かなり色んなアイテムが出ていたシリーズで、魅力的だった作品で
SERPENT BIKEはその中の一つで、敵が使うマシンです

主役であるShadowの敵は中国系の悪党軍団で
基本的に弁髪で上半身裸で青竜刀振り回す感じの人がメインで
このサーペントもそんな人が乗るバイクですが、割とカッコいいデザインです

色合いとか装飾は確かに中国系な感じですね
ただ、どうも玩具オリジナルらしく、作品には登場していないようです
もしかするとコミック版に登場しているのかも?
まぁ、実車は作れそうに見えてありえない構成なんで実車は存在しないと思われます

在りし日のバイク
■サーペント本体
「...これバイクってレベルか!?」

まずは本体、見ての通りサイドカー付きですが
普通に外れて二台のマシンになるというミクロマンのマシンみたいな
なんとも言えない素晴らしい遊び心が素敵です

で、まずはバイク本体
特にギミックはないですが、有無を言わせぬ迫力が魅力
本体は5inフィギュア用ですが、5inには少し小さめな印象なので
サイズ的には4inでも玩具的に見れば見栄え良く乗れるサイズです

ただ、構造的にろくに可動しない5inフィギュアありきで作られているので
シートの位置が異様に遠く、ハンドルも妙な位置についています
(膝や肘が曲がらないので伸ばしきった位置に合わせてある都合)

で、見た感じでは乗せると変かなぁと思ったんですが
実際はタンデムシートっぽくなるだけで、特に問題なく乗れました
それどころか変な位置にあるハンドルが妙に持たせやすくて凄い安定します

ギミック的にはコロ走行と、フロントの問題児・金プラ部分にソードをさせますが
さしたら割れますし、元から軸が折れてて5センチ下に落ちたらこうなりました
...他のように塗装か軟質パーツで行って欲しかったなぁ

タイガーシュートかも知れない
■サイドカー
「ファイナルレスキュー的な奴ではないぞ」

気をとりなおして次に。
分離したサイドカー部分は個別のビークルに

デザイン的に中華風なサイドファントムって感じですが
意識したのかは分かりません、多分してないと思いますがサイドカーは似てます

本体が割と金プラ部分以外個性が弱いデザインなんですが
サイドカーはおもいっきりSFチックな仕上がりで
これ単品でも十分に成り立っていていい感じです

サイズはこっちは完全に4inサイズで、多分5inだと干渉しまくります
実際の中国の方はかなり無茶して乗せるんじゃないかなぁ...と言う感じ

ギミックは大きい車輪2つと下部にあるローラーでコロ装甲が可能で
後部には付属のソードを収納できるという巨大な鞘でもあります

まだ最大のギミックとして虎?のレリーフのようなパーツが発射できます
さながらファイナルレスキュー、しかもよく飛びます
このパーツと剣は軟質素材なので金色ですが割れる心配はありません

ダブルソード
■ダブルソード
「持ち歩かなくていいのが便利だろ?」

いや、亜空間から直で取り出せっ(ry
そんな感じで続いては付属のソード

フィギュア用のアクセサリーとして付属しており
同じ物が2本付属、上記のようにサイドカー後部に挿し込んだり
フロントパーツにつけて角っぽく出来ますがすると砕けます、やめといた方がいい
...いや、それ関係ないところで砕けたから大丈夫といえば大丈夫だけど

剣の方は軟質素材で柄が太いですが
シュリョーン達はある程度のサイズには対応できるよう幅を持たせているので
割と余裕で保持可能、サイズ的にもちょうどいい感じです

波打った刃の感じとか実にデザインラインは面白く
全体的に中華風ながらどこかスパルタンなSF要素も濃かったりと
不思議なデザインで妙な魅力があって気に入りました

Kennerらしい玩具的な魅力もありますが
元作品の良さも生きていて、いい感じにお互いを高めあっている感じがします

これはこれで
■フロント無し
「金プラはやめろって...今なら言える」

でもタカラトミーとか今でも余裕で使ってるしなぁ
金プラは割れるけど色がいいから付かいんたいんでしょうねぇ

と言う感じでフロントがないとこんな具合に
割とこれはこれでカッコいいですね
クリアの風貌とか伸びた機関銃的なパーツが素敵です

と言う感じでサーペントバイクでしたが
予想よりずっと面白い玩具でした、もっとシンプルなものだと思っていたので
かなり派手に盛り込まれたギミックには楽しませてもらいました

デザインもドラマの玩具シリーズにしてはかなりヒロイックな要素が強く
善悪共に今の目で見てもカッコイイものが多いので他も気になりますね

金プラだけは残念ですが
玩具としては非常に素晴らしく、物凄く気に入りました
今後もシュリョーンのバイクとして活躍してもらいましょう
...あとフロントに良いパーツでも探してみるとしましょう

Posted at 21:00 / ガング / この記事のURL
コメント(2)
この記事のURL
http://yaplog.jp/reloaders55/archive/4909
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

いえいえ、無事買えたようで何よりです
割と入荷量は多いみたいですねぇ

サーペントは前が砕け散りましたので
又違うパーツでも探してくっ付けてから
塗っちゃうのもいいかもしれませんね、この色も合うので悪くはないですが

キャラ物は大体ほしい物は揃ってしまいましたので
今後はオリジナルと、ロボ物で幾つか位は予定しています
ノンキャラのほうが遊べるので楽しいですね、自作の方がやはり落ち着きます。

Posted by:ooku at 2011年04月22日(金) 21:23

こんばんは。ガイアクロス参考にさせて頂き買って来ました。いつも購入の参考にさせて頂いてます。
また今回のような珍しい玩具とカスタムも楽しみです。今回のバイクも良いですね。これ黒金ならシュリョーンさんにバッチリと思います。サイドカーってのがまた良いです。メイナーさんが派手に横で重火器ぶっぱなしたりとか…自分だけのオリジナルって楽しいですね。手を動かしたくなりました。
Posted by:THE-炎人 at 2011年04月21日(木) 23:03

   
 Powered by yaplog!