この青い空は何処までも 

August 08 [Wed], 2007, 14:39
ヤプログちと重いのでヤフーへ避難します。

http://blogs.yahoo.co.jp/yutsuki_rekka

空にこの悔しさを 

August 02 [Thu], 2007, 22:50
日々8割無駄な時間を過ごしております。レクサです。

バトンを貰ったので、れっつらごん。
え。オタクっぽい?

だってアニメもコミックもゲームも好きなんですもの。



■アニメといえば?
今は難しいな…。親友と過ごしたこの4年間で作画と声優を気にするようになったから。
うむ…とりあえず、終わり方はとにかくとして、かなりはまったのはシャーマンキング。
これが今の私の原点かもしれないですね。(笑)


■コミックスといえば?
現在は休止されてますが、幕末異聞PEACE MAKER(PEACE MAKERクロガネ)
こちらも第2の原点です。
新撰組の事も学べるので中々。


■声優といえば?
子安武人さん…ですかね!
現在放送中のアニメで嫌な役してますがw
「○球へ…」を見ていては…。

ゲフンゴフン。

い、色々怒号が…。


■↑の方といえば?
「この人達はカバじゃない!」
ねームーミン、がヒント。


■曲と言えば?
曲は私の妄想の源ですからね…。
これはちょっと悩む…。
まぁ、カルマが好きなんでカルマで。
バンプです。


■ゲームといえば?
『テイルズオブジアビス』!!!

■ラジオと言えば?
もう全く聞いてないのでパスです。(苦笑)


■サイトといえば?
早く更新するためにがんばらなくては…!の一言しか出てこない。


■雑誌と言えば?
よ、読んでないです…。


■前の人の質問といえば?
『セレブになれたら一度やってみたい無駄使いの仕方は?』
私にとっては無駄じゃないのだけれど…。
野良ねこ、犬の為の施設。
人だけ幸せなんてあんまり好きじゃない。



■次の人に質問。
『幸せを感じるときは?』
私にとっては人に認めてもらったときです。


■次に回す五人!
ご自由にどうぞ。(待て)

色々考える19歳 

July 29 [Sun], 2007, 1:12




注*今回の日記はかなり愚痴ってます。
   ごめんなさい。毒抜きしたかったのです。
   あまり愚痴がとか弱音が好きじゃない人、見ないで下さいね。




























































































日々だらだらしてる自分が情けない…。
あの5人のクラスで一番遅れていて、実力もなくて、才能もないのに。
何でこんなにダラダラしてるんだ。
夏休みこんなんでいいのか…?
自問自答しながら過ごしてる。
何か一つでもいい。
行動できればいいのに。

高校の時みたいにパソコン関連の検定諦めすぎた時のような気分だ。
くだらない対人関係、というか劣等感を抱いて諦めて。
あの先の道はなんだっけ。
その先に行く為に諦めたのはなんだっけ。

全商エクセル   特に好きだった
全商ワープロ   ただのプライド
全商情報処理  少し出来たから興味心

本当に馬鹿じゃないのか…。
書き並べると自分の鬱陶しさに苛々する。


今やるべき事、諦めちゃいけない事。

剣道
3DCG
フラッシュ
小説
イラスト
画材知識
デッサン
人間の身体の仕組み
バイト

発狂してしまいそう。
もうね、何か無理。
対人ストレスも溜まりきった。
不安も溜まりきった。
自分のうざさにむかついた。

こんなに鬱なのは久しぶりだ…。
焦りなのか不安なのか苛立ちなのか。
何?これ。
もう何だか無理だよ。
対人問題も自分自身も、なんか無理。



一昨日で19歳になったけど、何も変わらない。
頑張りたい。
乗り切りたい。
乗り越えてみたい。
全部を見返すぐらいに。

気付かなかった 

July 26 [Thu], 2007, 12:37
ちゃんとアップしたと思ったのになぁ…。
姉の事での記事がアップされてませんでした;

えっと、一週間と二日前に、処置は無事終わりました。
姉も今では身体的に元気です。
でもやはり…その処置というのはお産と同じ痛みを伴うらしいのです。
なのに、そんな思いをして産んだ子供はもう死んでるって…。
悲しすぎます…。
でも今は、姉にはちゃんと休んで欲しい、そう思います。

何かの喜び何かの痛み 

July 20 [Fri], 2007, 23:44
学校が8月1日、栄オアシス21でイベントを開くのですが。
生徒出展作品で選ばれましたっ。
個人的にはやっぱ嬉しいのです。
同じクラス内から何人も選出されていても。
目に付いたって事だけで嬉しい。
次も頑張れそうな気がします。

作品名は「             」

この作品が出展されてる間、一人でも多くの人に伝えたい事が伝わると嬉しいです。

明日というもの 

July 17 [Tue], 2007, 0:27
明日、というか性格には今日なのだが、姉の治療だ。
お腹に残された胎児を出してあげるための。
どうか、無事でありますように。
陣痛を伴うため、どうしようもないほどに痛いらしく、母さんに病院には来るなと言われた。
だから祈ることしか出来ないけれど、どうか無事でありますように。
どうか無事でありますように。

清々とした青空の下でナクナル者 

July 16 [Mon], 2007, 0:52
また一人居なくなってしまった。
光を見るはずだった命が、闇の中で目を閉じてしまった。


その小さくも大きな存在の誕生という発見を、死んだばあちゃんも聞いていた。
そして喜んでた。
ばあちゃんだけではなく、周りの人も。

私だって楽しみだった。

なのに何で目を閉じてしまったんだろう。
何で悲しみは続くんだろう。

今日はこんなにも清々とした青空なのに、吹き荒れる風の如く心は黒く荒んでいるんだろう。
自分にこんな時、何か出来るのかな。
まだ子供で大人な自分である私が、大人で母親になりつつあった姉ちゃんに何か出来るのかな。



ばあちゃんが見守ってくれる事をただただ祈るばかり。

元気元気 

July 05 [Thu], 2007, 22:30
パソが天に召されかけているので別のパソから、レクサです。

今日も空が綺麗でした。
帰り道、自転車に乗りながらついつい空を見上げてしまいます。
本当に綺麗だなぁ…。

さてさて…。
今日はばあちゃんが亡くなってから丁度3ヶ月です。
時間が経つのは早いなぁ。
そしてもうすぐって程ではないのですが、初盆も近づいてますね。
やはり遠いので行けませんが。
というより、しばらくは福島には行きません。
なんというか、変わってしまったんだなと思うと、あまり気が進まないものです。
人と場所。
場所はともかく、私は人の変化をあまり好みません。
だからあまり見たくない。
それにせっかくだから目標を立ててみようと思いまして。
今年の秋か来年の春に剣道の昇段試験を受けたいな、と。
あと痩せたいなと…。
目には目を、歯に歯を。
変わってしまった人には、変わった自分を。
れっつら目標。


あとは少しでもいいから、学校で役に立つ知識や才能がほしい。
やっぱね、置いてけぼりとかは趣味じゃないから。

大丈夫だと思える 

June 27 [Wed], 2007, 23:30

夢にばあちゃんが出てきてくれました。
やっと会えました。
でも何だか色々と奇跡だったような気がする。
日々の自分が作り出したただの夢かもしれないけれど。
そんなような気がしない、とてつもない夢でした。


葬儀の時だったのかな。
もしくは通夜。
ばあちゃんの身体はまだ肉体として残ってて、棺に入ってた。
私はそれを運んで、車に乗せて、運転して何処かへ行こうとした。
何を思ったのかはもう覚えていない。
現実逃避がしたかったのか、後悔をしたくなかったのか、その先にある事が嫌だったのか。
もう覚えていないけれど、私は車のハンドルを握っていた。
しかし、実際でも私は車の免許を持っていない。
当然、運転の知識というのはほとんどない。
行きたいのに行けなくて。
ばあちゃんを何処にも連れて行くことが出来なくて。
とりあえず泣いてた。
確か「ごめんね、ばあちゃんごめんね」ってずっと言ってたような気がする。
私が泣いてたら目の前にばあちゃんの笑顔があった。
生前、ばあちゃんがよく私に言っていた「大丈夫だ」。
それを目の前でばあちゃんが笑いながら私に繰り返して言っていた。
「大丈夫だ、大丈夫だよ」

ぼんやりとだけど今も覚えている。
その時の笑顔。
昔からのばあちゃん笑顔。

とりあえず凄くうれしかった。
やっとまた会う事が出来たんだと。



後日、帰宅直後に近所のおじさんに会いました。

「おかえりー」(おじさん)
「ただいま〜」(私/以下繰り返し)
「今日は暑かったねー」
「本当に暑かったですよね〜。風も吹かないから余計に」
「そうだよねぇ。昨日までは雨が降ってて暑いなんて感じなかったのに」
「あー。雨が降った後だから湿気で蒸し蒸しっていうのもありますよねー」

会話が終わって家に入りました。


あれ。会話が続いた。


実は、ばあちゃんが亡くなってからというもの、人との会話があまり続かなかったんです。
一部は除いて。
それがいきなり長く喋れていたからびっくり。

ひょっとしたらばあちゃんの夢見れたから救われたのかな?
それともうれしかったのかな?


ばあちゃん、ありがとうね。
大丈夫だ。
ちゃんと頑張るよ。

まるで別の世界のような空 

June 19 [Tue], 2007, 21:55
知人様のブログを読んでて改めて思いました。
いや、毎日感じることでもありますが…。



自分の大切な人がどうなろうと世界は何も変わらない。

回り続けてる。

悲しみに暮れている自分を当然知らない他人。
その悲しみの理由がなんなのかも判らないし、知るようなものではない。
だから当然自分の耳には笑い声が聞こえるし、喜怒哀楽の感情が聞こえる。

世間で明るいニュースがあれば暗いニュースもある。
だけどばあちゃんの死は当然親族以外誰も知るはずがなく。

空は当然のように青く、雲が時折流れる。
曇りの日もあれば雨の日もある。
それはばあちゃんが死ぬ前も死んでからの現在も変わらない。

何も変わらないのが不思議と思えるのに。
その反面、世界が変わったと思ってしまう私が居る。


前と変わらずやっぱ空を見るのだけど、なんか微妙に違うんだよね。
よく判らないけどさ。



何書きたかったのか…忘れちゃった…(あ)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:レクサ
  • アイコン画像 誕生日:7月27日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:短大生・専門学校生
読者になる
たまーに程度の更新です^^;
中々学生生活っていうのはハードですね。
提出課題がいっぱい…orz
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像レクサ
» 色々考える19歳 (2007年08月02日)
アイコン画像machi-machis
» 色々考える19歳 (2007年07月29日)
Yapme!一覧
読者になる