劣化診断費用 

April 12 [Sun], 2009, 14:17
劣化診断の費用は、劣化診断をする場所によっても
変わってくると思います。

例えば、大きな小学校であったり、公民館であったりする場合と
警報機や壁のみの診断である場合はかなり価格も変わってくるということです。

参考までにある業者の劣化診断の費用を上げてみると、
防水層の劣化診断で、目視、指触、打診調査診断などの項目の場合、
費用は30000円であるようです。

作業員一人でこれには報告書の作成費用等も含まれているようでした。

また、防水層のサンプルを採取して実際に詳しい調査をする場合には、
作業員が二人一組となり、費用は50万円になるようです。

このようにかなり費用にも幅があるようですから、
劣化診断するだけでもかなりの出費になってしまいますね。

劣化診断の費用は場合によってはかなりかかってしまうものの、
必要経費だと考えるしかありません。

劣化診断を怠っていると、劣化診断に必要な費用以上の損害を
被ることになるのです。

しっかりと劣化診断をして、大きな損害を防ぐとともに、
劣化診断で指摘された箇所を補修していくことが大切になってきます。



糖尿病を克服

建物の劣化診断法 

April 12 [Sun], 2009, 14:15
建物の劣化診断などは、定期的に行う必要があります。
劣化診断を行うことで、建物が安全かどうかしっかりと調べることが
できるようになっているのです。
劣化診断を専門に行っている業者もあるので、
そのような業者に依頼するのが一般的です。
劣化診断の方法としては、概観を目視して破損やひびなどを見る方法、
細部点検にて細かく建物の状態を見る方法、
保守管理記録などから設備機器の劣化度を診断し、危機の状態を触診したりする方法
などが上げられます。
また実際に建物を利用している方からのヒヤリングをし、
空調の状態や、環境の問題などについても調査することがあるようです。
劣化診断の方法にはこのように多くの方法がありますが、
やはりその建物に合った方法を選ぶことが大切になってきます。
コンクリートが多く使われている建物には、
コンクリート強度の劣化診断もかなり必要になってくるので、
しっかりと安定性を確かめることが大切です。
劣化診断には、劣化診断士という資格を持った方が対応するので、
劣化診断をした後の安全性には問題はありません。
劣化診断で指摘された箇所を補修していけばいいのです。



>>宅建主任者教材H24年版



>>建物の劣化診断法

コンクリート劣化診断 

April 12 [Sun], 2009, 14:14
建物の中でも劣化診断が特に必要になってくるのが、
コンクリートであると思います。
コンクリートの劣化診断は、見てひびなどが入っていてわかることも
あるのですが、実際に専門の機械などで強度などを調べなければ
いけないこともあるので、専門の業者による診断が必要になってきます。
コンクリート劣化診断の方法として主なものは、
圧縮強度試験、圧縮強度の推定、ひび割れの調査、
中性化深さ調査、塩化物量の分析、鉄筋腐食の調査、
アルカリ骨材反応の調査など、いろいろな方法があるものです。
中にはコンクリートの一部を削って一度業者が持って帰り、
後から結果がわかるというものもあるようです。
コンクリートの強度は、見た目だけではわかりませんし、
崩壊したときにはかなりの損害を与えたり、被ることになるので
しっかりとコンクリートの劣化診断を行っておく必要があります。
地震や火災などの災害が起きた後では遅いので、
しっかりと調べておくことにこしたことはありません。
公共の建物の場合、コンクリート劣化診断が課せられている場合が
あります。専門の業者に頼んで、安全性を定期的に確認しましょう。


>>宅建主任者教材H24年版



>>コンクリート劣化診断

建物劣化診断 

April 12 [Sun], 2009, 14:12
建物の劣化診断は、何年かごとに定期的にする必要があります。
中国で地震があった際、多くの小学校が崩壊し幼い命を奪ってしまった背景には、
建物の劣化診断がしっかりと行われていなかったという事実があるようです。
建物の劣化診断をしていないと、地震や災害の際に
大きな損失を被ることになるので、公共の施設では定期的な劣化診断が
課せられています。
また建物のリニューアルをする際に劣化診断を行えば、
本当に前面改修が必要なのか、一部だけで大丈夫なのかということが
わかってくるので、コスト的にも抑えることができるのです。
特にコンクリートで作られている建物である場合、
強度などもしっかりと調べる必要があるので、
専門の業者に依頼して建物の劣化診断をする必要があります。
専門の業者には、劣化診断士という資格を持った人材がいるので、
安心して依頼することができます。
建物は歯と同じようなもので、
築年数が上がるにつれて必ず痛んでくるものです。
修理も必要になってくるので、定期的な点検が大切です。
大きな災害が起きてしまう前に、劣化診断をしっかりと受けておく必要があります。


>>宅建主任者教材H24年版




建物ac性能低下を劣化診断 

April 12 [Sun], 2009, 14:05
建物は、築年数が多くなるにつれて劣化し、ac性能がだんだんと低下してきます。
これは自然なことであり、生活していく上で仕方のないことです。
建物が安全かどうか調査するという意味での劣化診断は、
建物の更新や建て直しの際の一つの基準になりますし、
あなたの命を守る意味でもかなり重要になってきます。
そこで建物の劣化診断で主に聞かれる質問を挙げてみます。
「漏水している箇所がありますか?」
「表面仕上げの劣化やひび割れ、破損などが見られますか?」
「変形、破損、開閉不良箇所がありますか?」
これらの質問が、劣化診断の際に主に聞かれるものです。
審査場所としては、外壁、内部、屋上、トイレなどいろいろな場所の状態を
見ることになります。
実際に聞かれる質問は、かなり多いので建物の中をしっかりと調査して、
不具合がないかどうか確かめながら劣化診断について答える必要があるのです。
公共の建物であった場合、劣化診断ですぐに手当てが必要になった場合には、
早急な措置が必要になってきます。
例えば、小学校や公民館が劣化している場合、地震などが起きてしまったら
多くの命を失うことになってしまうからです。
劣化診断は、多くの命を救うためにも大切な作業です。


>>宅建主任者教材H24年版



P R