彼持ち腐女子に学ぶ!本当に自分を理解してくれる男の特徴

December 19 [Fri], 2014, 12:57

彼持ち腐女子に学ぶ!本当に自分を理解してくれる男の特徴

by 柚木深 つばさ




女性がBL好きと聞くと、大半の男性は一歩引いてしまいます。ましてや異性として見た場合、なおさら恋愛対象外に感じる男性も多いのが現状です。
しかし世の中には、腐女子だと分かっていながら、恋人として付き合っている男性たちも存在しています。同じ腐女子としてなんとも羨ましい限りですが、そんな理解ある男性を一体どうやって見つけ出しているのでしょうか。
気になった筆者が、実際彼氏を持つ腐女子たちへの取材をもとに、偏見なく、本当の自分を理解してくれる男性の特徴について調査してみました。非腐女子のみなさんも、ぜひ彼女たちの意見を参考にして、理想の男性をゲットしてみてください! 1.小言や愚痴が少ない 「まだ付き合う前の話。私が彼を見ていて好感を持ったのは、仕事に対する不平不満が少なかったところ。愚痴や小言をいう人は、ほかのことに関しても口うるさいので(笑)おかげで、私が腐女子を公言しても『趣味は人それぞれだから』と、彼はイヤな顔ひとつしませんでした」(28歳/派遣)
たしかにあれこれと口を出す人は、なにかと口うるさいイメージがあるかもしれませんね。反面、彼の場合はそれとはまったく真逆なので、彼女の腐趣味にも口出ししなかったという、腐女子にとってはありがたいタイプです。
非腐女子の方も口うるさい男性は極力避けた方が、のちのちの付き合いが楽だと思いますよ。 2.仕事や趣味が充実している 「イケメンでもなんでもない彼ですが、仕事に一生懸命になっている姿がとにかく格好いい。かといって、休日は趣味のテニスやゲームに夢中なので、私生活も充実している感じです。なので、私がBL好きと言ったときも『趣味は仕事の息抜きに大切だからな』といって咎めるどころか、むしろウエルカムでしたよ」(27歳/広告)
仕事に一生懸命な男性は、それだけで高ポイントですよね。そんな彼なので、いい仕事をするために趣味は欠かせない。彼女の趣味がBLだったとしても一向に構わない、といった意見にも頷けます。
この手の男性は、仕事に生きる女性にはもってこいのタイプです。「仕事を頑張っているのなら息抜きも必要だよね…」と思ってくれる男性なら、頑張りすぎずに付き合えそうですよね。 3.物腰が柔らかい 「入社してきた頃から、彼は物腰柔らかい印象で、仕事はできるんだけど男としての迫力がないので、女子社員とも隔たりなく仲がよかった。そんなところが気に入って、付き合い始めたんですが、BLに理解があるどころか、私がBL本を読み出すたびに、どことなく顔を赤らめるので見ていて面白いです(笑)」(26歳/販売)
彼のように性格が優しければ、BL問わず強く責め立てるような言い方はしなさそうですね。腐女子にとっても、女子にとっても、もの優しげな男性は好感を持つのではないでしょうか。
あまりにウブで乙女男子だと「男性としてちょっと心配…」と思う方も多いかもしれませんが、ひとつの指標としてぜひ参考にしてみてください。 4.職業や容姿で人を見ない 「イマ彼の特徴は、仕事柄や容姿で人を判断しないところでしょうか。今までは同じオタク趣味を持つ人を恋人にしていたんですが、必ずしも性格が合うわけじゃないんですよね…。反対に趣味は合わないけど、色眼鏡で見ない人の方が『BLってなに?』と興味を持ってくれて、新鮮な気持ちになれます」(29歳/飲食)
趣味が一致するからといって、必ずしも恋人としてうまくいくとは限りませんよね…。仮にも相手の男性がBL好きだったとしても、そもそも性格が合わなければ付き合うのは難しそう。
むしろ、見た目や条件で判断しない相手の方が、一から関係を築けそうです。いままで自分の趣味や考え方などにとやかく言われてきた女子は、こういった男性を彼氏基準に考えてみてはどうでしょうか。 おわりに 自分の生きがいである趣味について、あれこれ言われるのはちょっと不服ですよね…。それが彼氏であれば、なおさらのこと。本当の自分を受け入れてくれる男性をゲットするためにも、彼氏選びは慎重に行いましょう。その際は、ぜひ上記のポイントを参考にしてみてくださいね。
(柚木深つばさ/ハウコレ)媚薬
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rejytkuylueer
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rejytkuylueer/index1_0.rdf