不動産ファンドのチェックすべきポイント

September 06 [Fri], 2013, 21:47
不動産ファンドを評価するうえで、重要なポイントが4つあります。

まず1つ目は利回り。

誰もが気になるポイントですよね。

不動産ファンドに投資して、1年あたりの利回りは何%なのか。

この利回りによって配当金が決定される訳ですから、最も注視すべきポイントかと思います。

2つ目は物件の賃料。

不動産へ投資したとしても、賃料があまりにも低かったり、下落する一方であれば、配当を得られる見込みはありません。

物件の立地など、マーケティングも必要になってきますね。

3つ目は物件の稼働状況。

いくら立地がよく、人気になりそうな物件だとしても、入居率が低かったり、空きが出た際に中々入居者が決まらない様ですと、賃料収入は得られません。

そして4つ目は広告宣伝費用についてです。

物件を知ってもらう為にも、広告宣伝する事が必須となります。

だからと言って、いつまでも高い広告宣伝費を使い続ければ、いつになっても費用だけが累積され、利益はいつ出るのか?という話になってしまいます。

上記の4つのポイントは連動しており、いかに広告宣伝費を抑え、物件の稼働・入居率を高く維持し、賃料収入を得られるかが、利回り・配当に結びついてくるのです。

マンションやアパートといった物件があり、節税効果があるとも言われていますが、バブル期とは時代が違い、下手をすると節税どころか全く得にならない投資となってしまいます。

充分な知識を資料請求などから学び、最適な不動産ファンドへの投資を心がけましょう。




>>小口からスタートできる投資ファンド<<
少額・小口からもスタートできる不動産系の投資ファンド。富裕層が不動産で利回り得ていることは多いと聞きます。そんな不動産への投資を初めてみませんか?資料請求は無料です。投資のチャンスを最大限拡大しましょう。

>>利回り重視の不動産投資情報<<
投資で成功するにはしっかりとした資産運用計画を。不動産投資の概要がすべてわかる資料は請求無料!アパート経営などに興味がある方にお勧めです。


不動産ファンド,不動産ファンド利回り,不動産ファンド賃料,不動産ファンド入居率,不動産ファンド広告宣伝費
P R
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
不動産ファンド,不動産ファンド利回り,不動産ファンド賃料,不動産ファンド稼働率,不動産ファンド広告宣伝費
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ポポロン
  • アイコン画像 誕生日:1977年4月15日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:茨城県
読者になる