人手不足に物申す 

January 18 [Thu], 2018, 17:31
最近「働き方改革」で「誰でも働きやすい労働環境を」と言われているけど、過大解釈というか、手におえないアホが続出している...。

例えば、それまで「全員、月25日勤務がベースで、用事がある日は休暇届を出して休む」システムだった私の会社。
基本的に休暇届が却下されることはないので、それで充分良かったはずなんだけど...
「週2日しか出られません」と言う人が続出した。
「土日祝日、正月、お盆など一切出られません」とかね、年中無休で土日祝日が主な稼ぎ時の業種で、以前は「土日祝日に仕事に来られない人は雇いません」というルールだったのが、人手不足で「週1日でも出られるなら誰でも雇う」ようになった。

時給システムのパートなら、働いただけ貰うんだから、出勤日数が多くても少なくてもフェアでしょ?と思うかもしれないけど、現実はそうじゃない!

たまにしか仕事に来ない人は、そもそも従業員である自覚などなく、お客様気分でやって来ては「へぇ〜忙しいんですか。それはご苦労様です。がんばってくださいね。」などと言ったりする(お前も従業員だろうが!お前が来ないから残業になってんだ!)
たまにしか仕事に来ない人が、毎日仕事に来てる人と同じだけの仕事を覚えられるわけではないし、できない仕事が多すぎる...結果、周りへの負担が増える。
でもそういう貢献度の低い人に限って「他の人より時給が低いのが納得いかないから辞める」とか言い出す...。

あとは人材不足で「誰でも良いから雇うしかない」という状況になり、できない人も解雇はできないから雇い続けるしかなく、できない人ほど残業代を貰って大儲けという詐欺みたいな状況も生まれる。

以前、私の職場に「恐ろしいほど仕事ができない30代の男(Aさん)」がいた。
見た目は普通の人なのだが、恐ろしく仕事の覚えが悪く、何度も噛み砕いて説明しないと理解できないおバカな人だった。
人が4時間で終える仕事を6時間かけてやるタイプの人間で、法定最低賃金で雇っていても結局残業代を山ほどせしめて大儲けしている詐欺師男だった(詐欺師だったのか、本当に仕事ができいない奴だったのか、最後まで本当にわからなかった)。
1年くらい前に「よそで良い仕事が見つかったから」と辞めていったんだけど、しばらくして「月収が5倍になった」と自慢していたらしい。
(私はもうそのAさんの顔も見たくない・噂も聞きたくないほどウンザリしていたんだけど、なぜか仲良くしてる同僚たちもいて飲み会など一緒にやってるようで噂は入って来ました)
私は「いいな〜」ではなく「経営者が可哀想」と思った。
Aさんは「朝から夜遅くまで働いてるからそれぐらいもらって当然」と思っているようだったけど、2年間Aさんの働き方を見てきた私からすれば、きっと「Aさんは8時間で終らせるべき仕事を12時間かけてやっているだけ」なんです。
人手不足でクビにしたくてもクビにできない、労働基準法が厳しくなって残業代で目いっぱい儲けられる時代になり、会社の弱みに付け込んで詐欺みたいな働き方をしている男、それがAさんなのです...。
詐欺師なのか、本物のバカなのか、誰にもわからない...それがAさんなのです...。

以前「人の下で働きたくないなら経営者になれ」みたいなこと言われたけど、今の時代、経営者が一番可愛そうじゃありませんか?
できない従業員に残業代をたくさん払って(タイムカードが厳密に管理されるようになって残業代も10分単位で払わなきゃいけなくなった)、できないからって解雇することもできなくて...。

60代や70代のヨボヨボのお爺さんお婆さんまで雇わなきゃいけないんですから、どこの会社も追い込まれてるって事ですよね。
確かに60代70代でも現役バリバリな人が半分くらいはいるけど、残りの半分はもう仕事なんてできない状態。
決して悪口じゃありません。
うちの父親は60代で死んでるし、父親のお兄さんも60代で認知症で寝たきり生活です。
それでも人手不足だから無理させて若い人と同じ労働量でコキ使うしかない...やってもらわないと他の人が残業して片付けるしかなくなるから。
「もうできないから辞めさせて〜」と言われても「お願いだから!もうちょっといて!」と年老いたオババたちを使い続けるしかない...
しかもそういうオババたちも会社の弱みに付け込んで「頼まれたから来てやってるだけ。本当はいつ辞めても良いんだけどね。あなたたちと同じように働くつもりなんてない。」と言いながら、できてないのに雇ってもらい続ける...どれだけ周りに迷惑かけても「残業になるよりはマシ」って事で雇い続けるしかない。

たとえ時給や待遇面で差がつけられてても、上の理由で良い気分がしないし、お客様気分でたま〜にやって来る従業員のフォローしなきゃいけないってバカバカしくないですか?(フォローされてる側はフォローされてる自覚などない)

「働き方改革」と言っても、いまだに「年中無休・24時間勤務」みたいな事をしてる会社もある...ほとんど職場に住んでる状態の人ってのもいるんです。
「店長」のような立場だとタイムカードもなくフレックス勤務、つまり会社に10時間いようが20時間いようが給料は同じ?バイトが休めばフォローに入る、怒ればパワハラで訴えられる、散々じゃないですか?
フランチャイズだと従業員を確保するために時給を上げたくても本社の許可が下りなければ時給を上げることもできず、足りない従業員の分は店長が働く、そんな話をよく聞く。
従業員には有給休暇を取らせなきゃいけないし、残業もさせられない、店長ポジションの人が一番損してる気がする。
そこまで頑張って仕事してても、それに見合った給料をもらってるとは思えませんしね。
ある人は経営者の立場でありながら労働時間が長すぎるせいで時給換算すると平社員より時給が低いと言ってました...。

一生懸命働くだけ損、そんな風に感じてしまいます。
「私はお金なんていらないし〜働く気もないし〜」って、ダラダラと楽して暮らしてる人ほど得だと思う...
障害者年金とか母子家庭手当とか生活保護とか、本当はお金に困ってないのに貰うだけ貰って一般人より働かずして良い生活してるような人がたくさんいるし、そういうのを見てると「働くだけ損」「税金払うだけ損」って思っちゃうんだよね。

仕事が終ったら逃げるように帰る!それしかない。
会社や同僚と関わるだけストレスだもの...


欧州選手権など 

January 16 [Tue], 2018, 8:24
モスクワで欧州選手権が始まります。

欧州選手権・Online Results

四大陸選手権は1月22日から台湾です。

以前「四大陸選手権を欧州選手権と同等の大会にする」などと言っていた時期があったけど、五輪前であろうが基本的に有力選手が全員エントリーする欧州選手権と、五輪や世界選手権前の調整のための大会(希望者のみ参加)という印象が強い四大陸選手権とでは大会の価値が全然違うのが実情...。

最近1つウンザリしている事がある。
とりわけ日本の選手に関して言える事なのですが、「同じ曲を使いすぎ!」ってこと。

2000年代に荒川静香や高橋大輔が使ってきたのと同じ曲を使う選手が多すぎ...
すでに他の選手が名演技を見せた曲で滑っても、何も得にならないと思うのだけど?
ショパンのファンタジー、チャイコフスキーのロメジュリ、プッチーニのトゥーランドット、オペラ座の怪人...もう飽き飽きしている。
またかよーってチャンネル変える事もある(特に全日本選手権)。
最近一番多いのは「レ・ミゼラブル」...あまりにも多すぎる。
いくら良い曲でも何度も何度も同じ曲で滑られると「くどい!」と思ってしまう。

そして世界中の選手に言える事だけど、下手な選手に白鳥を踊らせたくない。
洗練された動きのできる選手なら綺麗だけど、下手な選手が滑ってるのを見ると、子供が白鳥のチュチュを着せてもらって「わーいわーい」ってやってるみたいに見える...特にジュニア年代の選手など未熟さを露呈するだけなのに、なんでそんな曲を選ぶの?と疑問。

そもそもコーチや振付師がそれほどたくさんの曲を知っているわけではないのでしょうね。
「あの選手が金メダルを獲った時の曲よ!使ってみましょうよ!」みたいなシーンが容易に想像できる。
五輪シーズンだから余計にそういう過去に勝っている縁起の良い曲を選ぶのでしょうけど、すでに他の選手の演技が有名になっている曲で滑る事に抵抗感はないのか?
何十年も前の名演技ならまだしも、近年で名演技があった曲を使うのは、見る側からしたら「真似した」印象になってしまうしマイナスにしかならないと思う。

さて、ロシア勢は欧州選手権のあとでピョンチャン五輪に参加するかどうか発表するようです。
金メダル有力の選手なら強行出場もアリだけど、メダルを獲れない選手は国を裏切る形で出場するほどの価値があるのかどうか...。

トゥーランドットに飽き飽きしていると書いたけど、それでも今大会で私が楽しみにしているのはペアのスイ・ハン組と、宇野昌磨くん。
やはりアジア人に滑らせたら一番ドラマチックに盛り上げてくれる曲だとは思う...
そしてアジア人が最も有利になることは間違いないので、ペアではスイ・ハン、男子は日本選手が金メダルを獲得する可能性が高いと思う。
女子も上手くいけば宮原さんが銅メダルに届くかもしれない...
今回、自国の韓国選手でメダル有望な選手がいない事は他国の選手にはラッキーですね、五輪にしても他の競技界にしても開催国の選手が圧倒的に有利なことは間違いないですから。

今さらGPFのスコアや演技をチェックしたりしてるのですが、私の中でかなりの勘違いが起こっていて、GPFの結果ではペアはドイツのサフチェンコ・マソットが高得点で優勝、アイスダンスはパパダキス・シゼロンがバーチュー・モイアに勝ってるんですね。
サフチェンコ・マソットのGPFでのFPを見ると確かに3ツイストリフトの高さとかかなり出来は良いと思うし、ノーミスで滑ればスイ・ハンより上に行くかな〜という気はするのですが...欧州選手権に欠場するのは怪我のせいではないようですが、五輪では「大大大ベテランvs若手ナンバー1」の金メダル争いになりそうですね。

アイスダンスと女子は今あまり興味がないな...特に好きな選手もいないし。

ピョンチャン五輪は競技の時間が朝10時〜14時半ということで、男子の日は休暇を取ってるんですが、他の競技の日はどうなる事やら...スマホを持ち歩きながら随時チェックするしかないか。

輸入食品を大量購入! 

January 08 [Mon], 2018, 18:27
1年に2回くらい、ネットショップのティラキタさんでベジタリアン向け輸入食品を5000円分〜6000円分購入する(5000円以上で送料無料になるため)。



日本のレトルト食品やインスタント食品はベジタリアン向けがほとんどないし、田舎のスーパーだと調味料や食材の品ぞろえも悪いので、海外で食べて美味しかったから自分で作ってみようと思っても作れない。

安くはないけど、品ぞろえが抜群に良くてベジタリアン・ビーガン食品が多いこのネットショップはかなり便利。
輸入食品はベジマークやビーガンマークがついてる食品が多いので安心して買えるのです。

今回買ったのは、インドのレトルトカレー、ベジタリアン用スパイスミックス、クミンシード、中東のクスクス、イギリスのベジタリアン用ハンバーグミックス。

昨年ドイツに行った時に見つけた、ビーガン用ソーセージ、あれも輸入して欲しいなぁ。

*ベジタリアン = 植物性の物、卵、乳製品を食べる
*ビーガン = 植物性の物のみ食べる(卵や乳製品はNG)

一番のお気に入りはもちろんインドのレトルトカレー!
1つ400円くらいで2人前入ってる。
いつものリピート品、ホウレン草&カッテージチーズの「パラク・パニール」、スパイス1粒1粒の味と食感が美味しいジャガイモカレー「アルー・ラスワラ」、そして今回初めて購入した「アヴィアル」という白いカレー...。
インドに行った時にもレトルトカレーをたくさん買って帰りました。

私は辛いカレーは好きじゃなくて、食べれないわけじゃないけど、舌がヒリヒリすると味がわからなくなってしまうのが損した気分になるんです。
インドのカレーはスパイスの1粒1粒が美味しいし野菜の味もしっかり噛みしめながら食べたいので、あえて「ノット・スパイシー」です。

昨年の11月にグルジア滞在中、4回インド人経営のインド料理屋に行ったんだけど、4回とも感動するぐらいに美味しかったんです。
で、また私の中でインドカレーブームが復活!

昨年から目をつけていた南インド専門の旅行会社があって、ケララ州のプロの料理家や一般の主婦のお宅でインド料理レッスンを受けられる企画があるんです。
希望者はホームステイもできて、レシピも貰えるんだとか。
料金が全く公表されてなかったので予想もつかないのですが、インドだから安いのか、バカ高い仲介料がかかるのか...ケララ州はインドで一番生活水準の高い地域なので安くはないかも。

で、一番の問題はケララ州へのアクセスの悪さ。
シンガポール経由が一般的だけど、デリー経由とかアブダビ経由もある...だけどどれを選んでも乗継時間が10時間前後ある...すごく不便。

私が行きたいのはトリヴァンドラムという最南端にある街なのですが(世界中からサーファーが集まるコヴァラムビーチがある)、インド料理レッスンはコーチンなのです...列車で4時間半もかかる...
列車の旅は景色も良いし地元民の気分も味わえておもしろいですが、私は乗り物酔いが...T_T

南インド旅行に関しては、行くとしたら真冬が良いので(夏は死ぬぐらい暑い)1年後くらいを目標に情報を集めていきたいと思います...

クスクスは今や世界中で人気の食材になってますが、意外にも「健康食品」なわけじゃないんですね。
原材料はセモリナ粉だしマカロニみたいなもんです。

昨年3月にアメリカで料理レッスンを受けた時、クスクスを簡単に調理する方法として、ホストマザーは野菜スープで炊くってのをやってました。
たくさん作って余った野菜スープに、クスクスを入れてちょっと火にかけてフタをして火を止めて数分待つ...それだけ。
おかずにも主食にもなる万能食材ですね。

今夜はカレー風味のクスクスを作ってみたのですが、「たっぷりのサラダ油でクミンシードを炒めつつ、みじん切りの野菜を炒める」「塩とカレー粉を少し混ぜてコップ1杯の水を加えて沸騰させてスープを作る」「水と同量のクスクスを加えて火を止めてフタをして数分待つ」という簡単な作り方で、まずまず美味しく作れました。
次はサラダを作ってみようかな?

語学と料理をセットで学べるコースがあれば、また参加したいと思う。
第一希望は南インド...イタリアにもそういうコースはあるけどイタリア語を勉強してるわけじゃないので私が行ってもあまり意味ないかも(通訳を同行させたら何の勉強にもならないし)。

そんな事を考えてるうちに、以前一度利用しようとしたけどいろいろあって利用しなかったファイブスタークラブ(旅行会社)の事を思い出した。
利用しようとしたけど利用しなかったというのは、ネットで検索してもらえばわかるけど問題が多すぎて、例えば私の時は航空券を申し込んでから2週間メールで音信不通になり会社に電話したら「忙しくてまだ購入してない。」って言われて「頼んでた航空券はもう完売してるから、もういいです」ってなった。
そのファイブスタークラブは体験型の個人ツアーがたくさんあって、例えばマイナーな国の一般家庭を訪問して一緒に民族料理を作ったり、貧しい国の孤児院などでボランティアに参加したり、学生さんや上級旅行者が喜びそうな個性的なプランがたくさんある...
だけど以前の出来事があるのでこの旅行会社を使う気にはなれないけど、「この国でこんな事できたら楽しいだろうなぁ〜」と参考にしたりしてます。
(中国でパンダ飼育体験って昔からあるプランだけどパンダに抱きついてツーショット写真も撮れるんだって!これもいいなぁー!)

最近、市内の業務スーパーが潰れて、輸入食品を安く手に入れる事ができなくなった。
業務スーパーは輸入物の調味料やハーブ・スパイス、冷凍食品、缶詰、レトルト、インスタント食品、何でも安く手に入って天国のような店だったのに...
だけど誰にその話をしても「輸入食品なんか気持ち悪くて買えない、絶対に健康に悪いのに、なんでそんなもの食べられるのか不思議」なんて言われた。
だからお店のお客さんは出稼ぎ労働者のブラジル人やフィリピン人が多くて、あとは地元のレストラン経営者とか...
保守的地域で輸入食品店は成立しないって事か...



あけおめ2018 

January 03 [Wed], 2018, 22:15
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしく。

大晦日はなんだかんだ普段通りで、特におもしろい事もなく。
BSで伊藤英明のシベリア旅の番組を見て、その後はAbemaTVで「朝青龍を押し出したら1000万円」を見た。
ネットTVは初めて見たけど、意外と綺麗に見れるもんですね、無料だし。
途中から途中までしか見なかったけど、テレビでの番組よりおもしろかったし豪華でした(実は現役時代の朝青龍のファンだったのです...)。

正月はBSで「孤独のグルメ一挙放送」とか「シャーロック再放送」とか、地上波での「めちゃイケ中居&ナイナイの日本一周」とか、海外ドラマの一挙放送などダラダラしながらテレビ三昧。

今年はなんと言っても2月にピョンチャン五輪、6月7月はロシアW杯...
W杯の方はオランダが不出場なのでたぶん見ない...見たくないさ...T_T

<重要!>

ピョンチャン五輪のフィギュアスケートは開会式の日(2月9日)の午前中に、開会式に先立って団体戦が始まるらしいです!!
団体戦が入ると競技日程も長くて、ずっと仕事休むわけにもいかないので、男子SPと男子FPの日だけ休みを取る事にした。
そう!お隣の韓国で時差のない開催地なのに、競技時間が昼間なんですよ!!!てっきり夕方5時くらいから始まると思ってたのに〜!!!
なので仕事休まないと見れない!!!
皆さん、競技日程・時間、早めにチェックしてください!ヤバイです。
フィギュアスケートの競技時間は、午前10時〜午後14:30です...。

ピョンチャン五輪・フィギュアスケート日程

以前、北京五輪の時だったかな?
アメリカのテレビ局の圧力で、競技時間をアメリカの時差に合わせて「決勝を午前中にやる」という無茶なスケジュール組んでたんですよね...。
見る方も困るけど、一番困るのは選手たちですよね。

スポーツは生放送で見なきゃおもしろさが9割減だと思う。

年末年始は例年通りずーっと仕事。
明日は1日だけ休み。
なので今日は自分へのご褒美に...久々のパフェ!おひとりさまカフェ〜(笑)。

観光客にも人気の地元のお茶屋さんで、皆さん名物の「ぜんざい&抹茶」を食べてらっしゃったけど、私は地元民に人気の抹茶白玉パフェ。
下の方は寒天ばっかりだけど〜...ソフトとアイスが美味しい。
たまーにパフェとかクレープが無性に食べたくなる(特に冬)。

とりあえず五輪が始まるまでは資格試験の勉強しなきゃな〜1日30分くらいしかやってないけどね^^;


2017年ラスト 

December 30 [Sat], 2017, 19:23
毎年、年末が嬉しい。
何をするわけでもないけど、1年年を取って、着実に人生が進んでる感じが嬉しい。

ここ2年くらいは地獄だった。
数年前のこのブログ記事を読むと「私はこれから2・3年、ものすごい運気の悪い時期に入るらしいです」と書いていたのを見つけた。
そして今年は「厄年」だったらしい。
本当にそうだった。

この2・3年は、IL VOLOと出会ったこと以外は不幸ばかりだった気がする。
だけどその「これから2・3年は運気の悪い時期に入る」と書いてあった占いでは「その運気の悪い時期に頑張って無理をすると体調を崩し、余計に不幸な事になる」と書いてあった。
私はIL VOLOと出会って以来、舞い上がって無理に無理を重ねてしまった。
昨年の6月にその無理がたたってかなりヤバい状況まで落ちた。

今年の前半もかなりキツかったけど、IL VOLOと出会う前の生活に戻すために、7年ぶりにドイツへ行ったり、ロシア語の語学学校に通ったり、1ヶ月の休暇を取ってずっと長期滞在したかったグルジアとアゼルバイジャンにも行った。
1ヶ月の休暇中には「頑張らない」をテーマに、資格試験の参考書にも手を付けず、「やらなきゃいけない」という考えを捨てた。
何も手を付けない勇気、頑張らない勇気が、意外と難しい...でも今回はもう自分の中で限界に来てる事がわかったので、思い切って「休む」ことに徹底した結果、今は超元気!
この2年の絶不調が信じられないくらい絶好調。

資格試験のテキストも、1ヶ月やらなかったことで忘れちゃってるだろうなぁと心配だったけど、逆に3倍くらいのスピードでスムーズに進むようになった。

とはいえ、冬になり腰痛が酷くなった。
最近の心身の悩みは腰痛のみ。
休日は15時間くらい熟睡してしまう私は、起きた時には歩けないくらいに腰が痛くなってる。
仕事で体を酷使した日よりも、長時間熟睡した日の方が体が痛い。

来年はまず4月にニュージーランド。
航空券を買った後で気がついた事だけど、東京からニュージーランドは、ヨーロッパへ行くよりも遠い!!!
ヨーロッパだと東京から行く時は12時間くらい、帰りは10時間くらいでしょ?
ニュージーランドは地球の自転とか関係ないから、行きも帰りも12時間かかる...
行きは羽田→成田まで移動しなきゃいけないし、帰りは羽田で8時間も乗継時間がある...
朝食を食べて東京土産を買って、有料の休憩室があるらしいので2・3時間は休憩させてもらうとしても、シンドイ旅になりそう...。
と、1つ困ってる点は、帰りのオークランド発が夜の22時くらいで、ホテルのチェックアウトは正午頃でしょ?
どうしよう...ただでさえ最近、飛行機で吐くことが多いのでギリギリまでホテルでリラックスしていたいのに...。
かと言ってホテルをもう1泊取るのはお金がもったいない。
旅行は楽しみだけど、長時間の移動は本当にナーバスになる...以前、吐き気止めの薬を飲んだら2・3日下痢して、吐き気止めの薬を飲むのも嫌なんです。
困った体質...T_T

4月までは確定で、その後の予定がなかなか立てられない。
私としてはILVOLOの欧州ツアーの日程を最優先で、そこを軸に他のスケジュールを組んでいこうと思ってるので、ツアーのスケジュールが決まってチケット販売が始まらないと、他のことも予定を決められないのです。

資格試験の講習会が6月〜8月くらいの間で3日間、行くチャンスは4回くらいあるので、どうにでもなるとは思うのですが...。
秋の試験が11月。

ILVOLOの欧州ツアーが秋以降なら、夏はアゼルバイジャンにもう一度行きたい...今度こそ山に入りたい!
冬に旅行するなら、思いっきり雪を堪能しにフィンランドかアイスランド、もしくは逆にポカポカ休暇でカレー三昧の南インドが良いと思う。

いずれにせよ、今の私にはILVOLOのツアースケジュールが一番気になる事です。

「元の生活に戻るためにドイツへ行った」と書いたけど、ドイツ語のメールや手紙も続けてます。
やっぱりドイツ人と話すのが一番落ち着く。
語学学習の話とか、ベジタリアンの話とか、旅行の話とか、音楽の話とか、生活の基本的な部分での共通点が多くて変人扱いしてくる人もいないし楽。
日本の田舎で生活してると、上に書いたような話題はタブーだったりする...最初は興味津々で聞いてきても、最終的には嫌味ばかり言われてキレられたり説教されたりで面倒くさいだけ。


1年半くらい前に「35歳までにやりたい事リスト」というのを作ったんだけど...
「アメリカで英語の短期研修をする」ってのが唯一達成できた事かな...
あれ以来、英語で話すことに抵抗感がなくなって、語学力が上達したわけじゃないけど、私にとっては大きな一歩だった。

35歳まであと2年か...
あと何をしたいかな。
とりあえず「ニュージーランドでロードオブザリングの世界を体験する」は4月に叶うでしょう。
あと来年の現実的な所では「不動産関係の資格を1つ取る」「アゼルバイジャンで山岳地帯を歩く」。
旅行ではリトアニア北部のバルト海沿岸で休暇したい...インドでインド料理三昧...ロシアでバレエ三昧...挙げだしたらキリがない。

楽しくない事も多い人生だけど、楽しいことを最優先で考えて生きていきたい...

最近、私の周りに信じられないような人間が出現した。
アホで何も知らないので、いろいろ教えてあげるのですが、1週間くらい経つと私が教えてあげた知識を私にひけらかして「あんたそんな事も知らねぇの!?バッカじゃねぇーの!」とすごいバカにしてくる...だけどそれ、私が1週間前にあなたに教えてあげた事だよ...?
私に対してだけじゃなく、誰に対してでもそう...私が数日前に言ったことをそのまま自分の言葉として人に偉そうに言う...「バッカじゃねぇーの!」って言いながら...。(何度もそういう事があった)
親しくなるまでその人がアホだと気がつかなかったのですが(もっと謙虚だったしアホがバレないように黙ってたのかな?)、あの人の頭の中どうなってるんだろう?
常識だ〜なんだ〜と偉そうなことを言うわりに、人に対して平気で失礼すぎる振る舞いをしまくるし。
誰もが「おかしい人ね」と笑いつつ、ちょっと顔をしかめる...
以前は「面白い人」として慕われてたけど、最近どう付き合っていいのかわからなくなってきた。


さてさて、私は年末年始6連勤...いつも以上にハードワーク。
腰痛だけが気がかり...

皆さん良いお年を!

全日本&全露フィギュア 

December 24 [Sun], 2017, 23:17
冬季五輪、ロシアはどうなるんでしょうね...
フィギュアスケートでは中心的な国なので、出て来るかどうかで他の選手にも影響が大きいですよね。

ロシア選手権は終了しました。
ロシア選手権・結果

女子は@ザギトワAソツコワで、実績あるトゥクタミシェワは7位、ラジオノワは10位、レオノワ15位...メドヴェージェワは欠場しました。
4年前の段階ではトゥクタミちゃんとかラジオちゃんとか、次の五輪で表彰台上がるんだろうな〜と思ってましたけど...
4年に一回のピークに合わせるには運もありますね...。

男子は今シーズン絶好調のコリヤダが圧勝、2位にサマリン、3位がアリエフ、4位がボロノフ、コフトゥンはSPのみ滑ってFP放棄。
ガチンスキーはもう出場してませんでした...引退しちゃったのかな...。

アイスダンスがね〜4年前の状況から一変...
ソチで銅メダルを獲得したイリニフ・カツラポフは五輪後に解散して新たなカップルで競技会に出てましたが、イリニフの相方が引退してイリニフは競技会に出場できてないですし、カツラポフのカップルは最初こそ注目されていたものの...ロシア選手権がSD4位のあと放棄しました。
で優勝したのがベテランのボブロワ・ソロビエフ...。

ペアも4年前の期待は外れて、ソチで銀メダル獲得したストルボワ・クリモフは2位、タラソワ・モロゾフが優勝。
ストルボワ・クリモフなんてソチでの「アダムス・ファミリー」で一気に注目されたのにその後はサッパリ...

ドーピング問題の真実がどうであれ、4年前に私が期待していた選手は全滅と言っていいぐらい、あの頃の輝きはない...。
ロシアの選手たちが好きな私にとっては、ソチ五輪はロシアの選手がたくさん活躍して嬉しかったんだけど...。


全日本選手権。

男子は羽生氏が欠場したことで、勝負としてはおもしろくなかったですね。
やっぱり羽生・宇野が揃って出場した時の緊張感・レベルの高さは全然違うし...
羽生氏は五輪にぶっつけ本番になっちゃうのかな、2度目とはいえ試合勘がちょっと心配。
宇野くんはまだジャンプ構成が定まってない(どうとでもできる器用さはあるけど、それゆえに決めかねてる?)のが気になるんですけど〜おそらく五輪本番では成功率の高いジャンプだけ入れてくるのかな?2アクセル4トゥは現実的ではないかも。
ちなみに私は昨年のプログラムの方が好きなんだよな〜。

注目されていた女子の2枠。
優勝は順当に宮原さんで、2枠目は2位に入った坂本さん。
私的には樋口さんの方を五輪で見たかったけど、彼女はどうもここぞというときに簡単なジャンプの失敗が出てしまう。
三原さんや坂本さんの安定感はすごいけど...
坂本さんは演技のおもしろさがない...身体能力はすごく高そうだけど、表現の仕方が「素」すぎる感じが...。
でも樋口さんと坂本さんの今現在の得点力が同じくらいなら、伸びしろが多そうな坂本さんの方が五輪で化ける期待は大きいかな?

ペアは木原選手のペアが五輪行くんですね。
彼はソチ五輪の団体戦のためにシングルからペアに転向して、まだ全然練習足りてないのに団体メダル有力の日本チームのペアで滑らなきゃいけなくて、でもシングルのままなら五輪出場なんて絶対叶わなかったのに、大きな挑戦に出て2大会連続で五輪出場ですからね〜サクセスストーリーですよね。

五輪の前に四大陸もありますが、一応代表は発表されているものの、五輪代表選手は調整のために出場したいかどうか選べるんでしょうね?
若い選手は場数を経験したいし、ベテラン選手は体力温存かな?団体戦に関しても若手が優先してエントリーするのかな?と思ってますが。

なかなかフィギュアスケートモードにならないですが、五輪まで1ヶ月とちょっと。
ロシアの代表選手の件など、まだまだ気になる事はありますが、いよいよカウントダウンが始まった感じですね。
開催地が朝鮮半島ということで、まさかそんな事はないだろうとは思うけど、野次などが飛ばない事を祈ります...。

IL VOLO来日のオマケ 

December 19 [Tue], 2017, 18:48
昨日、毎朝仕事に行く前に見ているTBSの「朝チャン」に見覚えのある方が出演なさっていました。

東京渋谷にある人気蕎麦屋さんの特集...
「イタリアからコンサートスタッフとして来日しているシルビアさんとバルバラさん...」とナレーションが入って、IL VOLOファンにはお馴染みの女性マネージャー・バルバラさんが一般人のように出てきたのです!



「イタリアからのコンサートスタッフ?渋谷?そういえば彼らもこないだ渋谷に...あ!バルバラさん!!!」って(笑)。
シルビアさんってお友達かな?初登場だよね?

普通のイタリア人の観光客みたく、蕎麦屋に行って食券の販売機で食券を買い、食券の販売機に感動して販売機の前で記念撮影(笑)。
どんなお蕎麦を食べていたかは忘れたけど、パスタみたいにスプーンにクルクル巻いて食べてました(笑)。
日本式の食べ方にもチャレンジしてみるも「やっぱり無理だわ〜」と断念。
でも日本人からするとスプーンにクルクルして蕎麦を食う方がよっぽど器用だと思うけどね^^;
IL VOLOのメンバーもああやって日本の麺類を食べてるのかな?

ついでにスクランブル交差点に大興奮してる所まで放送してたけど、バルバラさんたちって一般人ではないんだよなぁ〜私たちにとっては。
まぁ「朝チャン」見てた人は「普通のイタリア人のオバちゃん観光客」と思っちゃっただろうけど^^;

TBSって、朝やった特集をまた後日夕方のニュースで放送したりするから、このバルバラさん出演の蕎麦屋特集も、「ひるおび」や「Nスタ」で再放送される可能性があるかも。
実は私は情報番組&ニュースはTBSと決めていまして、朝は「朝チャン」「ビビット」、昼は「ひるおび」で夕方は「Nスタ」と決まっているのです(たまには他のも見るけどね)。

動画が撮れれば良かったんだけど、残念ながら写真撮ることしかできず...だって不意打ちすぎるんだもの^^;

SNSでは毎日のように日本をエンジョイする彼らの写真が投稿されていましたが、マネージャーさんも楽しんでたんだね。
ご家族たちも一緒に来れば良かったのに〜ガールフレンドたちも。
お馴染みのマーくん(ウクライナの大金持ち、彼らと同年代で親友)はコンサートは見ずにチラッと日本に寄ってすぐにどっか行っちゃったらしいです。

私の方はといいますと、来年のツアーに関していろいろと策を練っているのですが、スケジュールや訪問都市が発表されてない段階ではどうしようもなく...
現段階で何も細かいスケジュールが出てないと言うことは、早くても6月、私の予想では7月8月がイタリア、秋にヨーロッパ、年明けてからアメリカ?とか思ってます。(* あくまで私の予想)

グルジア&アゼルバイジャンから帰国して3週間経ちますが、アゼルバイジャンはもう1回行きたい。
今度は必ずや暖かい時期に行って、山にも入りたい。
でもIL VOLOコンサートが7月〜10月ぐらいの間に入ってしまうと来年は行けないって事になってしまう。
1つだけ全てを解決する方法があるのですが...ILVOLOコンサートでモスクワをチョイス、モスクワ経由でアゼルバイジャンへ行けば8泊〜10泊でスケジュールが組める。
アゼルバイジャンへ行くなら経由地はイスタンブールかモスクワかドーハぐらいしかないので、コンサートと合わせて行くならモスクワしかない...でもモスクワはチケットの競争率が高くチケット代もヨーロッパの2倍以上...。

まぁツアーのスケジュールが出てみないと何とも言えないけど...。

今年もインスタグラムで「ベストナイン」作りましたよ。
意外な結果に...!

1位が「少年時代の彼らと桜並木」それほどお気に入りじゃなかったんだけどな^^;
2位になぜかラザレフのバースデーが入って〜...
この中だとギリギリ9位に入った「桃の木とピエロ」が一番好き。
あとは4位の「雪の白川郷&彼ら」。
私的には来日のために作った「Welcome To Japan」のシリーズが1つもランクインしなかったのが意外...どれもかなり上出来だったと思うんだけどな。
なぜか上半期に投稿した写真のみです...下半期に投稿した物は1枚もランクインしなかった...ちょっと悲しい。

IL VOLO日本での記録 

December 07 [Thu], 2017, 20:00
彼らが帰国して1週間ですが、今になって動画や写真が少し出てきました。

こちらは特集です。
IL VOLO関連の記事がいくつかあり、写真も綺麗な物がたくさん。

川崎公演レポート(写真あり)

日本は写真の権利など厳しいので転載とか加工とかアウトでしょうか...
すでに拡散された写真をけっこう見ましたけど、転載・複製がなければ第三者の目に入る事もほとんどないのでは?という疑問が...シェアならOKと言うことか。

日本での動画、いくつか紹介しておきます。

おもしろ滞在記


あさいち


You Tubeで「il volo japan」で検索すると多少出てきます。
スタッフが撮ったらしきコンサート動画(ピエロのソロとフィナーレのみ)、完全にスマホで盗撮してる動画もありましたが消されてしまうかもしれませんね。

最近、フェイスブックでは日本人の参加者が急増して「あなた知ってる!」とか「ずっと見てましたよ」と言ってくださる方がいて、日本人は少ないと思ってたけど派手に活動してる人が少ないだけで、あるいは今回の来日公演のためだけにフェイスブックを始めてファンサイトに参加された方とか、実はすごく多いんです!

コラージュ・写真加工も褒めてくださる方が多いのですが(今のところ注意・警告はされてない)、これから日本のレコード会社や日本人のファンの方に「違法だ!全部消せ!」と怒られる可能性もあるし、来年は活動縮小でやっていきます。
今は欧米人ファンが加工・転載・盗作などやってても問題になってませんが(無法地帯)、日本国内には独自のルールができる可能性もありますしね(その場合、日本人の私だけアウトになるのか?)。

日本公演では、来年も来るような事を言っていたらしいですし、次回のワールドツアーでもアジアに来るのでしょうか?
もしくはアイスショー出演も現実的にありえますよね(スケーターのコンディションもあるからなかなかスケジュールが合うかどうか...羽生さんとか)。

私としては、「来年もツアーやる」と聞いて以来、いつごろ?とか地域とかも発表されてませんから気になります。
7月以降にしてもらいたいな...。
その前にニューアルバムの発売もありますからね^^

Il Volo Japan fan siteさんで、来日中の写真(ファンが撮影した物)など見る事ができます。
空港やホテルでも出待ち・写真撮影ができたそうです。
Il Voloの公式アカウントでも写真や動画など紹介されていました。
次の来日情報も、Japan fan siteさんが一番情報早そうですから、ぜひチェックし続けてください。
(ファンサイトさんを紹介したことで感謝されまくったのは私の手柄なのかファンサイトさんの手柄なのか...笑)。
だって私よりも上手に説明してらっしゃるんだもの、ファンクラブ入会方法とかM&G参加方法とか。
私の所にダイレクトメッセージなどで聞いてくる人が多かったので、そのたびに説明するより「便利なサイトがありますよ!」って教えた方が早いんですもん(笑)外国人のために英訳・伊訳もありますし。
私はただの橋渡しで良いです...。

それとやはりファンクラブには入会された方が、コンサート前のサウンドチェックにも参加できるので、満喫したい方はファンクラブ入った方が良いですね。
今回、サウンドチェックに参加された方で「車椅子の息子を連れて行ったら3人がステージに上げてくれて息子を囲んで歌ってくれた!」と感激してらっしゃいました。M&Gでもイグが車椅子を押して親切にしてくれたと。
そもそも彼ら、子供や障害のある人にとても親切でフレンドリーで、いつも一緒に歌ったり写真撮ったり、一生の思い出になる事をしてくれるんですよね。
日本公演は車椅子エリアがあったのでしょうか?
体が不自由だと外出するのも気が進まないかもしれませんが、そういう方でも彼らに会ったら笑顔になれるんです。
以前からSNSを見ていても、おそらく障害がある感じの方が、目が飛び出るくらい喜びいっぱいで笑ってるのを見た事がありますし、彼らが凄いのは「歌が上手いこと」ではなくて「人を幸せにできること」かな、といつも感じます。


来日公演終了・IL VOLO 

December 03 [Sun], 2017, 19:32
1週間以上、日本に滞在していたにも関わらず、意外とメディア露出は少なくて、テレビ出演は「あさいち」ぐらいなものだったようです。
日本の有名人と絡むところをもっと見たかったですが、「あさいち」ではグッチさんから寿司キーホルダーをプレゼントされて喜んでいたり、どこだかわからないけどデヴィ夫人との写真もありました(笑)。

あとは雑誌のインタビューや、イタリア大使館でのPRイベントでしたかね。

12月5日の「ノンストップ」で特集があるらしいですが、コンサートでの様子も出てくるのでしょうか?
気になりますね(彼らが帰っちゃった後で放送して意味があるのか?)。

浅草を観光したり、寿司を食べたり、飲み屋で騒いだり、日本を堪能していましたが、東京近辺のみだったようです。
時差ボケとか調整するために早く入国しただけだったのかもしれませんね。




コンサートチケットは東京・川崎ともに完売し、高額すぎると話題になったM&Gも、なんだかんだたくさんの方が参加されたようです(やっぱり東京ピープルはお金持ってました/笑)。
5万円も払うぐらいだったら、空港やホテルで出待ちをして写真を撮ってもらった方が良いと思うのですが(本人たちには迷惑かもしれませんが)。

世界中のファンが日本公演に注目していましたが、予想通り撮影は絶対禁止で、公式カメラマンもいなかったのか、まともな写真は1枚も出てきていません。
一部の韓国人ファンがフィナーレで動画撮影をしていましたが、日本のオバちゃま方が握手するためにステージに上がって彼らを追いかけていたのが写ってました...^^;

あとは頑張って出待ちしてなんとかピンボケ写真を撮影できた感じのファンたち...

撮影禁止にするぐらいなら、公式カメラマンに綺麗な写真や動画を撮らせればいいのに、出てきてた写真と言えば、スタッフが撮ったらしきステージ裏からのピンボケ写真だけでした。
なんか納得いかない...せっかくの記念すべき初来日だったのに、写真も動画も残ってないなんて。



私はアゼルバイジャン滞在中に「あさいち」の動画を見て、あとは帰国する前後で忙しかったのでそれどころじゃないうちに来日は終了しました...。
海外滞在中に日本のテレビ番組の動画が見れるとは、録画して投稿してくれた方々に感謝です!海外のファンたちも喜んでいました。

海外のファンたち、ファンサイト運営者の方々は「コンサートのレポートを送ってください」とか「写真や動画を投稿してください」と、私を名指しでリクエストしてきていたのですが...

最初の頃は「私は地方在住なので東京のコンサートには行けない」とか「日本のファンサイトに英訳・伊訳が載ってますよ」と返答していたのですが、だんだん面倒くさくなってきて...
だってそもそもそういうメッセージは英語やイタリア語やポルトガル語で送られてくるし、翻訳機能を使いながら解読して、英語で返信していたのですが、時間もかかるし困りました。

外国人は図々しいです...
悪気がないのはわかってますけど、「英語はわからないのでポルトガル語で返事をください」とか「この記事をイタリア語に訳してください」とか「電話で英語でチケットの買い方を教えてください」とか、簡単にはできないような事を初めてのメッセージで平気で言ってきます...。

「イタリア語で書いてください」などと言われてわからないからほっといたら「なんで返事を書いてくれないのか!」と言われたこともあった...
最終的には「イタリア語を勉強してる日本人にメッセージを送った方がいいと思います。私はイタリア語わかりません。」と言って終了する。
友達になってもらえる事はありがたいけど、IL VOLOファンだからといって当たり前にイタリア語やポルトガル語が通じると思われたら困る。

まぁ今回の来日で、私以外にも、イタリア語や英語が堪能な日本人ファンがたくさんいるという事をわかってもらえたと思うので、これからは私の所に無茶なお願いをしてくる人はいなくなると思うのですが。

私は私で、自分のペースでお金と相談しながら来年の欧州ツアーを目指していきたいと思います。

ところで、日本公演の後はオーストラリアで何かのイベントのオープニングセレモニーで歌う事になっていたはずなのですが、なぜか皆様イタリアへ帰国されました。
ネットでも「オーストラリアに行くはずでしょ?」と話題になってましたが...オーストラリアという情報自体がデマだったのかもしれません。
公式サイトがほとんど機能していないせいで、デマが拡散されても止める者もおらず、キャンセルになっても説明もなく、出所のわからない情報に振り回されるSNS生活です...皆さん気をつけましょう。

ところで、1つ余計な話も書いておこうかな。

M&Gって毎回(毎年)参加されてる方と、決して参加されない方と、けっこうハッキリ分かれます。
私は一度も参加したことない。
「お金がない」と言うことにしてますが、実は他にも理由があるんです。

こんな事を書いたら腹を立てる人もいるかもしれないけど、これは人に対して思ってる事じゃなくて、自分に対して思ってる事。
もし、5万円出して彼らに抱きついて写真を撮ったとします...
おそらく一生恥ずかしい気分で後悔すると思うんです。
これを「幸せー!」って思える人は良いのですが、私は「幸せー!」って思ったあと、とんでもない後悔がくると思うんです。
なぜなら、私のような中年オバハンが、肉体労働で苦労して稼いだ5万円で、イケメンたちに抱きついて写真を撮る...惨めすぎやしませんか?
それがどうしてもM&Gのシステムが受け入れられない点なんです。
例えばどこかで偶然に会って「写真撮ってくださーい!」って撮ってもらって「ラッキー!」っていうのとは全然違う。
「お金がないのに無理してホストクラブに通って破滅する惨めな中年オバハン...」自分の事がそんな風に思えるのです。
お金持ってる綺麗な奥様が「撮って下さるかしら?おほほほほ」みたいなのとも違うし、若い子がキャーキャー言って喜んで撮ってもらうのとも違う...私が同じ事やったら惨めすぎるんです。

「ってお前、充分お金使ってるじゃん、今さら何だよ」と言われそうですが、コンサートのために5万円払うのと、抱きついて写真撮るために5万円払うのとでは全然違う。
自分の行動として受け入れられない...性格でしょうね、考えすぎなのかもしれませんが。

IL VOLOを日本に招致するという目標もようやく叶い、おそらく今後はコンスタントに来日してくれるでしょうし、来年からは肩の力を抜いて、自分のペースでコンサート楽しめるな〜と思ってます。
コラージュ・合成写真も、誕生日や季節ごとに1枚くらいで良いだろうと(まだファンやってるよ、ってのは伝えたい)。

そういえばクリスマス用のコラージュもこれから投稿していくのですが、作ったの夏でした(笑)。
秋は忙しくて時間取れないのわかってたので、夏から準備してましたよ...。
まず1枚目はIL VOLOから〜(Eurovisionのスターたちも数人分用意してます)。
Instagram @ayaka_japan




バクーにて食事 

December 01 [Fri], 2017, 19:10
いろいろ食べましたね〜
だけどアゼルバイジャン料理は何も食べてないかも...

というのも、出発前からレストランはたくさん調べていたのですが、アゼルバイジャン料理を出す店って意外と少なくて(グルジア料理屋の方が多い)、トルコ料理屋や地中海料理屋でそれっぽい物を出すところもあるんですが「3人以上で注文してください」とか書いてあってお一人様では注文できない...。

例えば「グタブ」っていう、肉や野菜のペーストをクレープで挟んだような料理があるのですが(ロシアで食べました)、それも「10個以上から注文可」になってたし、ピラフを春巻きの生地みたいなので包んで焼いた大きなパイみたいなのがあるんですが、それもグループでしか注文できなかった。

かといってもうグルジア料理はいいやって事で私が食べてたのはロシア料理とトルコ料理。

ホテルの近くにあって何度も行ったMari Vannaってロシア料理店。
写真にはないけどアイスがめちゃくちゃ美味しい(フェイジョアってフルーツのアイスを食べました^^)。

パンケーキにスメタナ(サワークリーム)とサクランボのコンポートが添えてあります。


オシャレな野菜バーベキューと、ヴァレニキってロシアの餃子(野菜餃子)。
食器が可愛いでしょ?
お茶が入ってるトルコっぽいカップ、こういうの良いよね〜。


ヴァレニキ(カッテージチーズ入りと、サクランボジャム入り)。
甘いヴァレニキを初めて食べて美味しかったんだけど、やっぱり野菜入りが一番美味しい。


このロシア料理のお店はちょっと不思議な店で、店内が「ロシアの可愛いおうち」風で、本棚とか可愛い家具・小物がたくさんあるのです。
家庭的な雰囲気を演出しているのですが、ウエイトレスはモデルのような美女&中年オヤジばかりで、この方たちが可愛いエプロンをして働き者の小人のようにセカセカと動き回ってるのです(笑)。
普通、家庭料理を演出するなら中年のオバちゃんでしょうが!と思うのですが...^^;
インスタ映えする可愛い料理がたくさんありました。

あとトルコ料理屋で食べたクナファというスイーツ。

めちゃくちゃ美味しいんですよ!
外側は素麺を揚げたようなパリパリなのがまぶしてあって、中はチーズ&モチ?柔らかい甘いトローッとしたものが入ってます。

これもトルコ料理屋かな?レバノン料理か、アラブ料理か...と、ピッツァ・インが共同経営してる感じのお店...
ピザの種類が多いし、ベジタリアン向けの料理が多く、アルコールもあって良い店です(アゼルバイジャン・ワインも飲める)。
お客は地元のイスラム系の人ばかりで、水タバコ楽しんでるオジサン・兄ちゃん・姉ちゃんなどがまったりしてる雰囲気です(笑)新しい綺麗な店なんですけどなぜか観光客は全然入らないんです。
ニザミ通りのAlbatros Pizza Inn。
一番美味しかったのはこのレンティル・スープ!(豆スープ)


これはいろんな料理があるカフェ・レストランのような所なのですが、メニューがたくさんあるわりにはベジタリアン向けのメニューが少なくて...
ロシア料理のキノコのブリヌイ(クレープ)と、グルジア料理のナッツペーストをナスで包んだ料理、サラダ...美味し
かったけど、他に食べられるメニューがなかったので1回しか行かなかった。


ところで、アゼルバイジャンからグチのブログも書いたのですが、アゼルバイジャンの飲食店、問題ありです。
ウエイターが注文をまともに聞かないんです。
まず、メモとらない、だから3・4品頼むと覚えきれなくて間違える。
何か質問してもまともに答えない...例えば「これはベジタリアン?」とか聞いても「イェス、ベジタブル」と言っておきながら肉がゴロゴロ入った料理が出てくる...。
今まで他の国でこんな事はなかった。
心配なのでメニューを指差しながら「これね、野菜の」とか言っても、それでも間違える...。
なんででしょうね〜...
チップ取らないのは良いですが、だからやる気がないのかな?
感じが悪いとか、態度が悪いとかじゃないんです、やる気がない...^^;
「お兄さん頼むよ〜もー!」って感じ...。
グルジアだと、メニューに関して質問すると皆さん丁寧に答えてくれたのですが...注文間違えられたことも一度もなかったし。
メニューの成分表示なども適当すぎて...書くならちゃんと書け!と思うのですが、肉が入っていても「野菜」としか書いてないことがあって当てにならない。

アゼルバイジャンって不思議と「感じの悪い人」ってのはいないんですよ。
たぶんイスラム系の国としてはだいぶオープンマインドな方だと思う。

ホテルや街は安くて便利なので滞在も快適なのですが、食事の面でベジタリアンの立場からするとちょっとストレスあるかな〜と感じました。
でもレストランも基本的には安くて美味しいし、グルジアみたいに山盛りの料理がドカドカ出てくる事もなかったので、食事制限がない人は食事面でも楽しめると思います。

ちなみにアゼルバイジャンワインは名物なのですが、一応はイスラム系の国なので、アルコールを置いてないレストランもけっこうある...。
でもワインショップみたいなのもあるし、バーやクラブみたいなのもある。

お菓子などはトルコ物が多いです。
お土産用のお菓子も、ロクムとか、アゼルバイジャン製の似たようなお菓子とか...お菓子は中東系ですね。
ただ、味は当たり外れがけっこうあります^^;
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ayaka
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1985年
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
フェイスブックあります!
Ayaka Jp

インスタもあります。
ayaka_japan

YOU TUBE チャンネル
Ayaka Jp

<ドイツ語>
2007年4月から独学で。
ドイツ語資格 独検2級
    GoetheInstitut-B2
    Oesd-B2
語学研修 2008Frankfurt,1週間
    2009Basel, 1週間
    2010Muenchen,1週間

<ロシア語>
2011年1月から独学で。
ロシア語の資格 露検3級
       ТРКИ-1(B1)
語学研修 2011Moscow 2週間
     2012Moscow 1ヶ月
    2017 Tbilisi 2週間 
 
<英語>
英語の資格 英検2級
語学研修 2017Chicago1週間

<愛犬>
ヨハン(ボーダーコリー・オス享年15歳2001,10,3生)
キミ(シーズー×プードル・メス8歳2009,4,10生)
ドナ(マルチーズ×プードル・メス1歳2016,6,20生)
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ayaka
» バクー最後の1日 (2017年11月27日)
アイコン画像ふ〜
» バクー最後の1日 (2017年11月26日)
アイコン画像ayaka
» 二度と来ることがない気がする... (2017年11月15日)
アイコン画像ふ〜
» 二度と来ることがない気がする... (2017年11月15日)
アイコン画像ayaka
» 来日まで1ヶ月! (2017年11月02日)
アイコン画像ふ〜
» 来日まで1ヶ月! (2017年11月01日)
アイコン画像ayaka
» 来日まで1ヶ月! (2017年11月01日)
アイコン画像volovolo
» 来日まで1ヶ月! (2017年11月01日)
アイコン画像ayaka
» 日本公演M&G ! - IL VOLO (2017年10月28日)
アイコン画像ホーミー
» 日本公演M&G ! - IL VOLO (2017年10月28日)