帝王切開レポA

March 30 [Mon], 2009, 14:15
3月30日

帝王切開レポ続きです

麻酔が効き始めてから、事前に聞いていたとおり血圧が面白いくらいに下がっていきました
看護師さんが先生へ小刻みに測定値を報告するのですが、術前が130台あった最高血圧が、70台くらいまで下降
気分はまるで貧血の時のように、くらくらとして気持ち悪く、気力がなくなって行く感じです
あまりに血圧が下がった場合は、薬を使ったりするそうですが、レイの場合はなんとかここで打ち止めだったので、薬は使用しませんでした。

麻酔をかけた先生とは別に、院長先生も合流して、いよいよ帝王切開スタートです。
レイの準備がすべて整った時点で、旦那さんが入室しました。
レイ的には手を握っていて欲しかったのですが、どうやら全く近づける雰囲気ではありません
先生も「ではそこで見ていてください。触ったりすると手術が中止になりますからね」と声をかけていたので、これは立会いというよりは、見学・・・ですね

お腹の上を消毒しているような雰囲気は分かるのですが、もうここからは想像の世界

同時に気分はまだまだすぐれず、せっかくのドキドキな出産場面もかなりのテンション
ここで気をつけた方がいいポイントがあります。
それは、頭を出来るだけ動かさないこと
麻酔の副作用である頭痛が長引く可能性がります。
看護師さんに促されて頭を動かしたりする時も、ゆ〜っくりゆ〜っくり動かしました。
時々、瞼が重苦しく感じることもあり、その時は目を閉じるように言われました。

淡々と機械的なやり取りが続いていたレイのおなかですが、突然「地震」と思うような大きな揺れ
これはかなり驚きました・・・
どうやら、陣痛を感じずに産まれる帝王切開の場合は、赤ちゃんに「これから生まれますよ」という合図を送らなくてはいけないそうです。
でも・・・かなりビックリしましたよ
事前に教えてもらって欲しかったです

そのレイだけの大地震の後、ズズズ〜〜という羊水を吸引する音がしばらくして、「もうすぐ赤ちゃん生まれますよ〜・・・は〜い、おめでとうございます」と、めでたくご出産
突然お腹の上に赤ちゃんが見えて、「わぁ」と思ったらすぐに大きな泣き声
周りの看護師さん達は「足でっかい!」とビックリ
確かに、カラダに対して足が大きかったんです
「元気ですよ〜」と、今まで機械の音しかしなかった分娩室に、赤ちゃんの大きな大きな泣き声が響き渡りました

赤ちゃんを見て初めて思ったこと
それは「よかった、ちゃんと妊娠してた」です
最後の最後、実際に赤ちゃんをこの目で見るまで結局レイは妊娠の実感を持てなかったのかもしれません。
そして、号泣するに違いないと思っていたこのシーンですが、少し涙が出ただけで、落ち着いてしまいました。
理由はあまりにも周りにスタッフの人たちがいることと、スタッフの会話が行き交っていたので冷静にならざるを得ない感じだったのです
う〜ん、残念

赤ちゃんはすぐに処置台の上で羊水を吸い取ってもらったり、体を拭いてもらったりしていました。
旦那さんも赤ちゃんのそばに立たせてもらって、ビデオを片手に声をかけてました。

一通りの処置を終えて、レイのそばに赤ちゃんが
初めてのひとこと・・・それはこんにちはでした
なんでこんにちは?と、言った矢先に疑問(笑)
もっとありがとうとか、やっと会えたねとか、色々考えてたのに、なぜか自然と「こんにちは」でした
そして、レイのお母さんも初めて赤ちゃんに会った時の一言は「こんにちは」でした
親子って不思議
旦那さん親子もこれまた共通していて、「食べちゃいたい」でした
ミラクルですね〜

赤ちゃんはレイの右側に寝かせてもらって、レイはおててを握っていました。
産まれたばかりの時にはすごく泣いていましたが、一緒にいるときには泣きやんで、両目をしっかりと開けてくれていました。

赤ちゃんとの感動の対面を果たしている間も、レイのお腹の処置は続きます。
術前に、卵巣や卵管、卵管采などに異常や癒着がないかどうかを見て欲しいと先生にお願いしていたのですが、ここは全く問題ありませんでした。
明らかな原因が分からなかったレイの不妊症、ピックアップ障害か、卵管采の癒着などが原因と思っていたので意外でした。
でも、内視鏡検査と同じ事をこの帝王切開でやってもらえたのは大満足です

旦那さんはビデオを回しつつ、レイの手術のすべてをきっちり見学していました
縫うときは、子宮を外に持ち上げてチクチク縫っていたそうで、子宮の色は「砂肝みたい」な感じだったそうです

ムギュムギュと子宮を収納して、先生が両サイドからお腹を縫って、手術は終了
一旦旦那さんは退室し、レイは着替えなどをしてもらって、念願のカンガルーケアです
赤ちゃんはじ〜っとレイの胸の上で寝てくれていました
でも。。。。
旦那さんはカヤの外で、中に入れてもらえなかったので、このシーンはビデオ撮影できませんでした
無念

赤ちゃんと離れて、レイはリクライニング車いすに移動。
もちろん全然体を動かすことが出来ないので、すべて先生や看護師さんがやってくれました。

部屋に戻り、頻繁な検温や傷の状態のチェックがあり、手術から約2時間くらいで赤ちゃんがお部屋にやってきてくれました
痛みもそろそろ出始めたころ。
足はまだしびれてまったく動かすことができません。
看護師さんにお願いして座薬を入れてもらいましたが、後陣痛がメインの痛みでした
後陣痛と別に、お腹の中がひきつるように痛むダブルな感じです
ものすご〜く痛いのですが、赤ちゃんが傍に来た瞬間、痛みが少し楽になったというか、我慢できるようになりました
痛いのも辛いですが、空腹も辛い
痛い、よりもお腹空いた!と言う方が多かったです。
もちろん痛いんですが、お腹空いた方が辛かったんです(笑)
おかげで周りからは「そんなに痛くないんじゃ?」と誤解されてしまいました

ペインコントロールとして、痛みが本格化する前にさっさと座薬を6時間ごとに使用していたので、それ以上強い薬(麻薬)に頼ることはありませんでした。

赤ちゃんが傍に来て、旦那さんが「レイ!パイが出てるよ!!!」と洋服のシミを発見!
ビックリです。ほんの少しですが母乳がすでに出ていました
このとき、イケるか?と母乳に期待したのですが、この先今も母乳育児との闘いが続いています

産まれて約4時間後、おっぱいを直接吸わせてもらいました。
レイは横になっているので、助産師さんが赤ちゃんを乳首に吸いつかせるようにサポートしてくれます。
赤ちゃんは・・・大激怒
なかなか吸いつくことが出来ず、「まぁ、今日は練習ということでね」と、助産師さんも苦笑いでした。

赤ちゃんはそのまま夜の面会が終わるまで一緒に居て、夜は新生児室へ。

レイは疲れて眠れるかな?と思いきや、痛みと興奮で全く眠れず。
痛みどめの座薬は6時間ごとにきっちり使用していきました。
頻繁に体の向きは看護師さんが変えてくれていたのですが、腰の痛みも辛かったです。
お腹にそ〜っと触るだけで刺激になって後陣痛はギュギュギュ!とくるし。
そして空腹・・・辛く長い夜でした


明け方にやっと足の感覚が全部戻り、ベッドの上でゴロゴロと動く練習開始です。
傷の痛み、後陣痛、そして腰の痛みに襲われながら、10時ごろにやっと起き上がることに成功。
看護師さんに付き添ってもらい、部屋のトイレまで点滴棒を頼りにヨロヨロと歩きます。
トイレまで無事にたどり着けたので、ここでおしっこの管を抜きました。

その後、すぐに赤ちゃんがお部屋にやってきて母子同室&授乳開始
授乳は部屋のソファに座って行います。
赤ちゃんの元気な足がお腹に当たらないかびくびくしつつ、陥没乳頭でつかみ所がないレイのおっぱいで授乳はとっても大変でした。

お腹の痛みは術後2日目くらいからかなり和らいできました。
術後2日目には朝流動食、昼5分がゆ、夜全粥食といった感じで食事もスタート。
念願の食事でしたが、空腹を満たしてくれるほどではなく、ジュースもまだ駄目という事で温かいハーブティで何とか気分をごまかしました。

その後、毎晩眠ることが出来ない位興奮しつづけ、ついにマタニティブルーとなり、睡眠薬を投与されて一晩寝たりと激動の一週間でした

帝王切開レポ@

March 18 [Wed], 2009, 16:20
3月18日

少しずつにはなると思いますが、帝王切開レポ始めていきたいと思います

まずは入院初日、手術前日の流れ。

入院後、NSTを装着。
時々張りを確認。
張りどめの内服がお昼で終了していたため、助産師さんに「もしもここで張りがひどくなったらどうするんですか?」と尋ねたたところ、明るく笑顔で「そうしたら、即帝王切開始めるだけです」と、なんとも明解なお答でした

夕食は18時からで、その後シャワーを浴びて眠る前にエアーで押すフットマッサージ機を装着
産後の血栓症予防との事。
20分近くマッサージをして、終了

22時を最後に禁飲食となるが、実は下剤を飲み忘れてしまい、23時にこっそり飲みました(笑)


手術当日

一通りの検温を受け、水分補給の点滴が開始。
再びNSTを装着。
ここで、助産師さんにおっぱいの状況を見てもらったのをキッカケに、6分間隔の規則正しい張りが出現
助産師さんが、「結構お腹痛いでしょ?」と言うほどのハッキリとした張りでしたが、正直家にいるときの方がもっときっちり張ってたし、違和感あったなぁと言うと、「これって、陣痛の強さのハリですよ」と、NSTの記録用紙で張りのお山を見ながら説明されました。
「家で頑張ってたんだねぇ」と言われ、やっぱり張ってたんだ、と改めて実感
それでもお腹の中で卵くんは元気いっぱい!
よかった〜

お昼の手術まで、旦那さんとまったり過ごしていましたが、手術の30分前位に友達が来てくれ、ワイワイ騒いでいたので全く緊張せずにその時を迎える事ができました

手術へ行く前にトイレを済ませ、病院の普通のパジャマで歩いて分娩室へ。
分娩室が帝王切開の手術の場だそうです

裸になって手術台へ横になり、まずは背中に麻酔を打つための麻酔。
これが痛〜い!
「動かないでください。」と言われて、大人なんだから出来るでしょ、と思っていたら自然に体が動いちゃう!!
何度か刺して表面の麻酔が効いたところで、本当の麻酔をするために体を海老のように丸めて背中に注射です。
これは・・・鈍い感じだったかな?
そして、注射が終わったら体をまっすぐにして仰向けに。
左足が先にしびれてきて、だんだん下半身が重く動かなくなってきました。
先生が念いりに麻酔の効き具合をチェック
お腹も、子宮のあたりは分からなくなっているのに、上の方は感覚があって、不思議な感じでした

今日はここまでになりそうです
授乳タイム突入〜

入院生活@

March 16 [Mon], 2009, 18:01
3月16日

ミルク中心で余裕の育児をする予定が、入院した産院の完全母乳の流れに乗せられ、出ない母乳に日々奮闘の毎日です
初めから全く期待していなかった母乳。
帝王切開術後1日目からほぼ母子同室で、泣いたら吸わせるの繰り返し
肝心の母乳の方は全く出る気配もなく、号泣するわが子に「お腹一杯にさせてあげられない」という悲しさと、こんな事意味あるのか?という疑問で毎日眠れず、噂のマタニティブルーも経験。
コップでミルクをたったの10CCながらごくごく飲むわが子を見て、涙が止まらなくなっていました。

今も毎日微々たる母乳で頑張ってます

もうちょっといろいろ書きたかったのですが、泣き始めてしまったのでこれにて・・・

ご訪問ありがとうございます。
コメント返しなどがかなり遅れてしまうかもしれません。。。




ママになりました

February 07 [Sat], 2009, 23:23
2月7日(37w3d)

14:38
2840g
帝王切開で元気な男の子を無事に出産しました。
卵だった小さな命は、大きく大きく育ってくれました。

お腹から出てきてすぐに力強い産声をあげてくれ、少しの涙と、「良かった!」という安心感で胸がいっぱいになりました。

出てきた瞬間、本当に赤ちゃんがレイのお腹に居てくれたんだ!って、当たり前なのに、そんな気持ちで見つめていました。

赤ちゃんを見つめる時間も幸せなのですが、同じように赤ちゃんを優しく見つめる旦那さんを見て、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

これから、一緒に人生を歩んでいく、私達の大切な家族。
治療をし、張りもあり、赤ちゃんには負担もあったと思います。
でも、頑張ってきて良かった。

これからは母親として、日々成長していきたいです。

治療、妊娠中に渡り、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

出産の事については、落ち着き次第記事にします(o^_^o)

入院しました!帝王切開前夜☆

February 06 [Fri], 2009, 19:27
2月6日(37w2d)

昨夜はたった一時間寝ただけで目が覚めてしまい、課題のマタニティーアルバムを夜中にほぼ完成させました(^_^;)

午前中、二時間くらい眠って、旦那さんと家で昼食☆
旦那さんは外食に連れて行ってくれるつもりだったみたいだけど、レイ的には家で最後に写真を撮ったり、ワンコ達と過ごしたかったので(^-^)v

念願のマタニティーショットも撮れて、満足です♪

レイが入院する病院は「手ぶらで入院」がコンセプトの、何でも揃ったホテルライクな病院。
・・・なのですが、基本荷物多いレイ、アトピーで自前のシャンプーとかボディーゾーブしか使えないし、アレもコレも・・・と準備していたら、結局すごい荷物になっちゃいました(^_^;)

でもまぁ、一週間の入院だし、使い慣れた物が安心だからね。

入院してからは、施設の説明や初めてのNSTを付けたり、バースプランの確認をしたりしました。
ダメもとで、「帝王切開したあとに、卵巣や卵管の様子をみて欲しいんですけど・・・」って聞いてみたら、あっさり「大丈夫ですよー♪」と言ってもらえました!
やったね(^-^)v

せっかくお腹切るんだから、不妊の理由が分かるかもしれない、チャンスだし(o^_^o)
スムーズに手術が進みますように(^-^)

今日はかなりの寝不足だから、寝れるといいなぁ〜♪
まだこの時間は気持ちも落ち着いているけど、これから興奮しちゃうかな?!

出産前のお墓参り

February 05 [Thu], 2009, 18:48
2月5日(37w1d)

今日は、出産前のお墓参りに行ってきました
ず〜っと行きたかったのに、安静生活で叶わず
旦那さんがレイの気持ちを察して、今日連れ出してくれました

一年前の2月22日が出産予定日だった、レイと旦那さんとの初めての卵ちゃん
今までずっと見守ってくれてありがとう、明後日に無事に卵くんに会えるように、また見守っていてね、とお話してきました
卵くんはず〜っとポコポコと元気いっぱい
お腹が大きくて、前かがみになれない為にお線香があげられないというトラブルもありましたが、旦那さんに支えてもらいながらお参りできました

帰りにいつも行っているお気に入りのお蕎麦屋さんへ
しばらく食べられないので、しっかり満喫してきました

さて、マタニティアルバムが安静生活の為に全く進んでいません
産まれてきてからだと、気持ちも変わってきてしまうだろうから頑張って明日の入院までに仕上げないと

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます
ポチリと押して頂けると励みになります

愛おしいです

February 04 [Wed], 2009, 19:19
2月4日(37w0d)

帝王切開まであと3日
大きなお腹や、胎動を感じられるのもあと3日

ポコ、ポコだったり、
左右にグイ〜っと動いたり。
まんまるなお腹の時もあれば、
左側にかたよった、ヘンな形のお腹の時もあったり。

風呂の時、絶対左右にムギュ〜って動くよね
いつも左側にだんだん偏って、おしりが触れる
あんよが右側のろっ骨の真下くらいに急に飛び出してくるけど、触るとそ〜っと引っ込めるよね
夜、寝る前に旦那さんが卵くんのポコ!を触らないと眠れないから、いっつもちゃんとポコ!してくれるよね

すべての妊娠に関わる感覚が、愛おしくてたまりません。

早く会いたい気持ちはもちろんなんだけど。
もうちょっとだけ、この幸せな感覚を味わっていたい気持ちもあります。

こんなに幸せな気持ちにさせてくれている卵くん、本当にありがとう
3日後、無事に元気に会えますように


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます
ポチリと押して頂けると励みになります

父性全開?

February 03 [Tue], 2009, 19:42
2月3日(36w6d)

今日、以前陣痛に遭遇入院までを見届けた後輩が子供を連れて家に来てくれました
(その時の記事はコチラ)
今3か月
良く笑う、とっても可愛い女の子です

たまたま到着と同時に旦那さんも家にちょっと帰ってきて、念願の抱っこをさせてもらいました
ウチの旦那さん、赤ちゃんにはほど遠い存在で、最後に赤ちゃんに触ったのはいつ・・・ってくらい、不慣れ
去年、一昨年と友人の赤ちゃんが家に遊びに来たときも、怖がって抱っこできませんでした
もちろん、声もかけられないくらい


今日は違った
「抱っこさせてもらったら?」とレイが促すと、恐る恐る赤ちゃんをキャッチ
そして、固まってはいましたがじ〜っと抱っこに成功
向きを変えるときに、「どうすればいい」と、助けを求めましたが、向きを変えてあげたら優しく声をかけたり、笑いかけたりと超ナチュラル

う〜ん、いままでにないこの感じ
父親の意識が、そうさせているのかな


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます
ポチリと押して頂けると励みになります

最後の妊婦検診

February 02 [Mon], 2009, 18:01
2月2日(36w5d)

帝王切開まであと5日
今日は最後の妊婦検診でした
この2週間、好き勝手な食生活を送っていたせいか・・・
体重はプラス1,6キロ
一か月でいうと、2,5キロ増えたことになります
相当の自己嫌悪・・・ですが、昨日買ってもらったケーキを帰ってきてから食べてしまいました





卵くんの方はなんと、推定体重が2,572g
念願の2,500g越えを果たしてくれていました〜
エコー中、先生は「もうちょっとありそうな感じですけどね。」なんて言ってました。
これで予定通り帝王切開が2月7日に決定です

張りの方はというと、やはり薬が切れる頃には頻繁に張ります
先生も「もう飲まなくてもいい時期ですが・・・あるなら、飲みましょうか。」くらいのノリだったので、「少しは動いてもいいですか」と尋ねたところ、「お薬を飲んでるから、家でゆっくり過ごして下さい。」と・・・
そばにいた旦那さん、「この人は何を言ってるんだ」みたいな、つめた〜い視線でした。。。
しかも、「これで陣痛始っても、緊急帝王切開出来る時期ですし。」と、あくまで自然分娩はナシなんですね(笑)

当日はお昼くらいに入院かと思っていましたが、夕方4時ということでちょっとゆっくりできそう
ずっと行けなかったお墓参りに行きたいなぁ〜。
まだ、旦那さんには聞いてないけど


昨日、念願だった美容院にも行けました
ホントは「入院日の午前中になら良いよ」と言われていたのですが、なんとか説得に成功
でも、せっかく久々にメイクとかして行ったのに・・・近くのケーキ屋さんに寄ってくれただけで直帰でした
ま横に西●屋あったのにぃ〜
でも何とか出産前に髪の毛切に行けてよかった〜


ご訪問ありがとうございます
ポチリと押して頂けると励みになります

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

熱いの?

January 30 [Fri], 2009, 19:15
1月30日(36w2d)

もう、1月も終わりですね
ついこの前まで、年末だったような・・・

相変わらず、ビデオカメラ入荷の連絡はありません(-_-;)
不安だなぁ〜

前にダイエット番組で、いきなり炭水化物を食べると脂肪になるとかいう情報を見てから、食事の際にはお味噌汁やサラダなど、ワンクッション置いてから食べてます

で、必ず熱いお味噌汁を飲むと、お腹の中の卵くんの反応がスゴいんですよね
飲んだ直後から、うねうね、ポコポコ
熱いのかなぁ〜

さっきも小腹が空いて、雑穀スープをアツアツで頂いたら、いまだに興奮状態だし
お腹の中で何が起こっているのか、面白いです


今朝目が覚めた時、まさに帝王切開で生まれた直後のシーンが生々しく思い浮かびました
いつもは、家でミルクをあげたりするシーンを思い浮かべるのですが、今朝は生まれたてで羊水を拭き取ったばかりの卵くんをカンガルーケアしてるシーン

改めて、出産への意気込みが沸いてきました
同時に、出産が現実的なイメージになってきたのかなぁと
そして、「泣くな、これは」と確信
それくらい、リアルな空想体験でした


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます
ポチリと押して頂けると励みになります
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:reirei
読者になる
登場人物のご紹介          
レイ・・・30歳、結婚7年目の専業主婦。 小児科ナースを8年勤め、不妊治療に専念するため退職しました
高プロラクチン血症以外、原因は明らかでありませんが、タイミング、AIH6回でも妊娠しなかったため体外受精へステップアップしました
2007年6月に初めての体外受精で出会えた赤ちゃんを8週で流産してしまい、その後胚盤胞移殖をHRT(ホルモン補充療法)、フェマーラによる自然周期で二回TRYしましたが、胚盤胞にステージが進まず移殖断念となりました

クロミッド内服での自然周期で6月9日に採卵、5個の採卵ができ、安全策として急遽顕微授精に方針転換。4つの胚盤胞を得る事が出来ました
6月14日、グレード5AA’の胚盤胞移殖、残り3つの胚盤胞はそれぞれ個別で凍結保存。
6月24日、妊娠反応陽性 
6月30日胎嚢確認
7月11日心拍確認

小児用バファリン28週で卒業
27週からお腹の張りが頻繁に続くようになり、自宅安静&張り止めの内服(一日4回)中 
顕微授精での妊娠の為、病院の方針上2009.2.7帝王切開で出産予定

             
写真のわが子たち上から     
くる・・・・4歳のびびり家を守り、自分を守る、窓辺大好きダックス。ブラック&クリーム。
ペンネ・・・8歳の長女平和を愛しているので、くるを軽蔑している。レイ命レッドのダックス。
菜乃・・・・7歳の次女事実上の末っ子。甘え上手な姫系シルバーダップルのダックス。      
ご訪問、ありがとうございます コメントやアドバイスなど、気軽に頂けるとうれしいです
ランキングに参加しています
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
ポチリと押して頂けるとうれしいです
初めての体外受精、妊娠、流産までを綴ったお引越し前のブログはこちらです
カテゴリー内に、主な治療料金をまとめた各種料金表があります。
最新コメント
アイコン画像ふぁーーーっくwwwwww
» 帝王切開レポA (2009年05月11日)
アイコン画像風花
» 帝王切開レポA (2009年04月22日)
アイコン画像くろねこ
» 帝王切開レポA (2009年04月14日)
アイコン画像ひめ
» 帝王切開レポA (2009年04月06日)
アイコン画像スミレ
» 帝王切開レポA (2009年04月06日)
アイコン画像emi
» 帝王切開レポA (2009年04月03日)
アイコン画像みと
» 帝王切開レポA (2009年04月02日)
アイコン画像レイ→naoさんへ
» 入院生活@ (2009年03月21日)
アイコン画像nao
» 入院生活@ (2009年03月20日)
アイコン画像レイ→hibikiさんへ
» ママになりました (2009年03月18日)
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる