カルマの坂 

2006年07月03日(月) 17時27分
ある時代ある場所、乱れた世の片隅
少年は生きるため、盗みを覚えていった。
醜く太った大人達などには
決して追いつけない風のように
今、空腹を満たすのがすべて
是も非も越え、ただ走る。

清らかな、その心は穢れもせず罪を重ねる。
天国も地獄さえも、ここよりマシなら喜んで行こう。
「人は皆平等などと、どこのペテン師のセリフだか知らないけど」

パンを抱いて逃げる途中、すれ違う行列の中
美しい少女に目を奪われて立ちつくす。
遠い町から売られてきたのだろう。
うつむいているその瞳には涙が。
金持ちの家を見とどけたあと
叫びながら、ただ走る。

清らかな、その身体に穢れた手が触れているのか。
少年に力はなく、少女には思想を与えられず。
「神様がいるとしたら、なぜ僕らだけ愛してくれないのか」

夕暮れを待って剣を盗んだ。
重たい剣を引きずる姿は、
風と呼ぶには悲しすぎよう
カルマの坂を登る。

怒りと憎しみの切っ先をはらい、
血で濡らし辿り着いた少女はもう、
こわされた魂で微笑んだ。
最後の一振りを少女に。

泣くことも忘れてた。空腹を思い出してた。
痛みなら少年もありのままを確かに感じてる

ムクロ邂逅 

2006年07月03日(月) 13時28分
◎…好印象 ○…良印象 ●…悪印象 ■…憎悪 □…敵対 ◇…仲間意識 ◆…苦手
+…不思議 ▲…特別 「」…名知らず ()…回数

【諳(1)《◎+》…「…美しい響きの名前…虚ろな瞳では台無だぜ?」】
【霧崎キョウコ(2)《△》…「…気配は感じるけど…中々逢えねぇな…。」】
【黄泉天照(2)《◎▲》…「現は夢…夢も又然り。頬を掠め消え行く儚き夢の彼方…。」】
【未琴(1)《○》…「…異性のようなその名前…驚いてしまって悪ィな…。」】
【「煉」(1)《□◆》…「テメェ…何もんだ。死角ばっか突いてきやがって…。」】
【夜叉 宇宙琉(2)《○◆》…「男なら、ピーピー喚くんじゃねぇよ…仕方ねぇ野郎だぜ。」】
【レイヴン(1)《◎》…「よぉ、楽しかったぜ。…また何時か闘ろうぜ。」】
P R
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:reion_purofeel
読者になる
Yapme!一覧
読者になる