エステで痩身することのメリットは

May 26 [Thu], 2016, 12:25
冬の間はコートなどで着こんでいるので、あまり体型が目立ちません。コートを脱いだとしても、ざっくりしたセーターでお尻まで隠れていれば、お腹周りのお肉も目立ちません。
また、どうしても家にこもりがちになって食べる機会が増えたり、鍋など、気が付けばいつも以上に食べてしまうメニューになりがちというのも、体重増加に拍車をかけることは間違いありません。
春の気配が近づくと、そろそろダイエットしなくてはまずいかもという気になってきます。
がっつりつまめるお腹の肉をどうにかしないと、薄着になったときに困ることは間違いないからです。
何より、春物の洋服が着られないおそれもあります。そこで、短期間に痩せたいとなれば、エステを選択する人も増えると思います。確かに30代体型維持エステですらりとスリムになろうと思えば、かなりの出費を覚悟しなければなりませんが、それだけのお金を出すメリットを、痩身エステは体験させてくれることでしょう。
エステで痩身を目指すことの最大のメリットは、たとえダイエットへの意志が弱くても、エステに行きさえすれば、あとはエステティシャンがしっかりとやってくれるということです。

レディースティーで、女性でも技術を競えます

April 26 [Tue], 2016, 11:35
如何しても、男性より女性のほうが体力的に劣る部分があるので、あらゆるスポーツでそれぞれにハンデがあります。
体操でも男子だけの種目、女子だけの種目が存在していますし、球技でもオリンピックの正式種目として、男子は野球で女子はソフトボールと言った感じで、フィールドや塁間そのものが狭いといった場合もあります。
ただ、見ているだけではゴルフの場合、そういった配慮が無いように感じます。男性のほうが単純に力があるので、飛距離ではハンデがあるでしょう。ですから、アプローチやパッティングなどで女性は男性よりうまく出来る人がいても、それでは数字が付いてこずに、それで判断してしまっていては、面白くないです。
しかし、ゴルフにはホールごとに、選手によるレベルに合わせたティーグラウンドとゴルフ 芯に当てるコツが存在しています。
例えば、プロゴルファーやシングルプレーヤーにオススメの、グリーンから遠い位置にあるバックティー、そして、平均かそれより上の男性や、ハイレベルな女性のレギュラーティー、さらに初心者や、あまり飛ばせないお年寄りのためのフロントティーがあり、最後に一般的な女性のためのレディースティーというものが存在します。

伝わるかな?

April 19 [Tue], 2016, 15:30
昨日、下の子のクリスマスプレゼントが宅配便で届いた。上の子のプレゼントはすでに用意してあったので、これで今年のクリスマスプレゼントの準備はOK。ただ、ギフト包装なしのネット通販で購入したので、どっちも商品がむき出しのまま。これにラッピングするのは親の作業。今の時期は100円ショップでもクリスマス用のラッピングが売られているので、手に入りやすくて便利なんだけど、問題は梱包作業。もともと不器用な私は包装紙できれいに物を包むのが苦手で、あちこちにシワが寄ったり、よれたりしてしまう・・・。なので、最近は袋もののラッピングを買うようにしてるんだけど、今年の下の子のプレゼントが意外と大きく、サイズに合うラッピング袋があるかどうか怪しくなってきた。最悪、包装紙を2枚使ってラッピングしなきゃいけなくなりそうだけど、ちゃんとできるか今から不安(;´Д`)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ななえ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/reinbadsyo/index1_0.rdf