潰瘍と糜爛

February 22 [Fri], 2013, 19:24
薬の副作用や食生活、ストレスの蓄積等で、胃酸の分泌と胃壁の防御機能のバランスが崩れた際に、起こるのが胃潰瘍です。
胃壁の上層部、本当に薄い部分だけ浸食されている場合は潰瘍ではなく糜爛(びらん)と呼ばれ、ただ爛れているだけだと判断されます。
それ以降、粘膜筋板と呼ばれるところ以上を侵食してはじめて潰瘍になります。
とはいえ、糜爛の状態でも、放っておけば浸食がすすみ潰瘍が出来る可能性はありますので、適切な処置を取る必要があるでしょう。
また、潰瘍は1か所にだけ出来るとは限りません。

胃潰瘍の概要
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:reikjdurhfr
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる