不妊を考えるときストレスは無視できないでしょう。ス

January 27 [Fri], 2017, 16:26
不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。

ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。また、周囲の期待感や気遣い、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療とあいまってストレスになるパターンもあって、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、大切かもしれません。
みんなご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分(人体に必須の元素で、欠乏すると貧血などが起こります)は、どちらも不足しがちなものです。一般的なご飯では、適切な量の摂取が難しいとされています。

ですからご飯で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお薦めですね。



この頃はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分(人体に必須の元素で、欠乏すると貧血などが起こります)と葉酸の両方を含有するものも開発されています。

こうしたサプリを選べば不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという理由ですね。

友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、サプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。



友達はベルタから出ているサプリが良いんじゃないかと考えているようでした。私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと知っていたので、彼女に伝えました。やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気で健康的な赤ちゃんを授かって欲しいと応援しています。

妊活中の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。長男を出産した後でしたので、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが記載されていたので、それを見ながら産み分けにチャレンジし立という理由です。妊娠が発覚した後、性別が判明する時までは期待と不安で緊張していました。

結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。

私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療をつづけていました。赤ちゃんが欲しいと思いはじめてから2年。



基礎体温はつけていたんですけど、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。

でも、義妹や姉のところにおこちゃまができると、自分はどうなのだろうと不安になりました。

産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤が有効というので試してから、早々に妊娠が発覚しました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのはミスでした。もっと早く来たかったですね。

妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。ヨガはダイエットやスタイルキープのために行なうと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。


ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消に持つながります。さらに自律神経を正常にはたらかせる作用があるので、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。

パソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。まさに、「インテル入ってる」ですよね)やスマートフォンでも動画が見れますから、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでもはじめられます。

軽い運動は身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。


これは、崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。不妊の要因になるものといえば、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性側に原因があるものと、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性由来のものとが考えられるでしょう。もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。
不妊対策をしたいと思ったら、女性のみならず男性も検査をうけることが、とても重要な意味を持つのです。妊活を行なう場合、気を付けて欲しい事は、ご飯ですね。妊活を行っているということは、いつでも妊娠する可能性があるわけです。検査薬やクリニックでちゃんと妊娠が分かるより前から、健康的なご飯で栄養バランスを整え、妊娠直後の赤ちゃんがすくすくと育ってくれるように準備しておきましょう。中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。

忘れがちですが、妊娠検査キットによって妊娠が確定するより前から赤ちゃんを授かっているのです。受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的に参ってしまう人も少なくありません。
市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされる自治体が多いですね。治療をはじめた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断でしょう。

私だって来年には四十になるので、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、落ち込向ことが多くなりました。

妊活中に、出来るだけ母体に良いご飯をしようと考える方にとって、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。妊活に効果が高いお茶としては、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にすさまじく、胎児にすさまじく嬉しいお茶だという事ですね。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという事ですので、赤ちゃんを授かった後も、飲みつづけるのがお薦めです。
葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が科学的な研究によって、明らかになっています。
そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品の認定をうけているものもあり、妊婦に特に利用されているといったことも多いです。
亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。妊活中にも、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。

亜鉛不足に陥らないよう気を付けて下さい。亜鉛が卵巣に働聴かけ、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。
このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。男性が摂取した場合、質の高い精子を創ることを助けてくれるんですね。妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。
今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取をすすめてみて下さい。


一度流産を経験しました。私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、やっぱりおこちゃまが欲しいと思い、妊娠を考えて行動することをなりました。

妊娠に適した体になるように、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動をはじめてみました。


その結果、新陳代謝が良くなっ立ためか、低体温が改善し、基礎体温が上がったので冷え性(女性に多くみられる症状で、頭痛や肩こり、免疫力低下、不眠などが起こります)を治すことが出来ました。あなたの体が改善されたことを実感できて、ますます妊活をがんばろうと思いました。赤ちゃんを授かっている時はもちろん、それかつての妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、日々の生活に追われていると、十分に摂取できないという悩みも良くあるはずです。
葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、サプリによる葉酸の補給です。



普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、仮にご飯での摂取が不十分だとしても大丈夫なんですよね。
この頃の研究によって、妊娠に重要な栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。

葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。適切に摂取をつづけることで、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。


1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸の摂取を心がけてみて下さい。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウスケ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる