いよいよ明日 

December 16 [Sat], 2006, 22:52
論文のこと、またたくさんあるのに。
遥々に、あなたのところに行きます。
一ヶ月ぶりの再会。

明らかに、私と長く喋りたくない感じです。
それは、そうでしょう。
私にそこまで言われたからです。

私も、明日何を話せばいいか分かりません。
実は、本当にあなたと会うのはいいかどうかさえ分かりません。
縁を切るべきなのに。

あなたを失う恐怖?
いや、それはないでしょう。
もう失ったからです。

Little Voice 

November 21 [Tue], 2006, 23:19
勉強しても、授業中でも、ご飯を食べても、お風呂に入っても。

テレビを見ても、音楽を聴いても、本を読んでも、学校に行く途中でも。

スーパーで買い物しても、ご飯を作っても、掃除しても、ぼーとしても。

いつも、いつも、小さな声が心の奥にささやいてる。



あなたに会いたい。ただ、会いたい。会いたい。


それは、まだあなたのことが好きというサインか、私でも分からない。

宿題終了? 

November 19 [Sun], 2006, 21:41
自分にはなまるをつけたいくらい頑張ったと思う。
私は頑張った。私は良かった。私は素晴らしかった。

何も失わないなんて不可能だよ、と言った。
二度と私を傷つけないでください、と言った。
言いたい放題でなんかすっきりした。

しかし、震えたあなたの手を忘れられない。
あなたのこと、今も好きです。
あなたはそこまでひどいことをしたのに、私もあなたのことを好きです。

本当の宿題は、これからかもしれません。

翻訳終了 

November 17 [Fri], 2006, 18:58
翻訳は意外と早く終えた。
ちょっと涙を交えて完成した。

何度も大泣きをしようと思ったけど、できなかった。
あまりにも深い傷か、もう麻痺したか、友達に聞いてみた。
友達は、それは本能だよ、と教えてくれた。
何度も何度も傷ついたから、強くなったよ、って。

実はすごく痛かった、心が。
失うより、傷つかれたことで悲しんでいる。
そして、相手は全く気にしないことで更に辛い。

どうして平気に人を傷つくの?と聞きたいけど、あなたはきっと思いつかないでしょう。
或は、実は全然気にしないのかな?
あなたに、私は傷ついたよ、と伝えたい。

それは、明日の私の宿題です。
あなたに伝える最後のことです。

諦観 

November 17 [Fri], 2006, 11:34
妙に落ち着いてる。前から覚悟をしたのもあるかな。
或は翻訳の仕事があるからかもしれない。
あまりやる気がないけど、コツコツと少しずつこなしていく。

泣きたくても涙が出ない。
怒りたくてもどう怒るかさえ分からない。
何も知らない、或は知らんぶりをする相手の前に
気持ちをぶつかる私はただのバカかも。

いや、バカでしょう。

それでも明日あなたに会う。
話を聞いて、本音を言って、そして、さよなら。

たぶんもう会わないのでしょう。
さよならより、永別かも。

バイバイして、私はあなたと違う道に進む。

ママ 

November 16 [Thu], 2006, 18:50
戦場で兵士たちは死ぬ直前に、お父さんではなく、お母さんを呼ぶらしい。
普通に人間が慌てるときも、お母さんを呼ぶのが多いらしい。

今の私も、無意識的にお母さんを呼んでるのでしょう。
安らぎと救いをもとめるために。

きっと大丈夫。きっといつか忘れる。
きっと元気になれる。私だから大丈夫。
ずっと、ずっと自分に言い聞かせる。

泣く気持ちを我慢しちゃって、本当に泣ける時に涙が出られない。
妙に落ち着く気持ち。それは何でしょう?
もう諦観なのかな。本当に悟ればいいけど。

I HATE YOU 

November 15 [Wed], 2006, 17:46
やはり、あなたを恨むような事態になりました。
先週からそういう予感がありましたけど。

いや、あなたを恨む気力さえないかもしれません。

さよなら、私の愛した少年。
あなたのこと、本気にスキだったです。
だから、もう会わないのかな。
会う勇気なんてもうありません。

さよなら、さよなら、あなたのことを本気に愛しましたよ。
だから、さよなら、さよなら。

ね、絶対教えてね。 

November 11 [Sat], 2006, 11:26
ね、教えてね、絶対。

もし、好きな人ができたら。
   彼女ができたら。
言ってね、絶対。

隠さないで。嘘つかないで。
私に恨ませないで。

あなたのこと、大好きだからです。

距離 

October 30 [Mon], 2006, 1:54
返事した。
返事しなかった。

顔文字を使った。
絵文字を使わなかった。

この話をした。
その質問を答えなかった。

前なら教えてくれたのに。
前なら言わなかったのに。

一言でうれしかった。悲しかった。
    盛り上がった。傷ついた。

携帯より怖いものなんてない。
メールであなたとの距離を決める。

I want to go everywhere you are 

October 14 [Sat], 2006, 11:09
朝五時、あなたからメールが来た。
白馬といところで撮った写真も添付した。
やや霧立ちの山とぼんやりと見える雪。
吸うたび肺がいたくなりそうな透明で冷たい空気も伝わってきた。
南国出身の私にとって、珍しい景色。

山の向こうは故郷、とあなたが言った。
とても行きたい。あなたの故郷だから。

寒さで手が震えてる、とあなたが言った。
今でもあなたの側に行きたい。あなたの手を温めてあげたい。
P R
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:reikan0412
読者になる
Yapme!一覧
読者になる