幸福の科学の攻撃に当惑するしかなぃわなぁ、事務所は

February 19 [Sun], 2017, 15:21
清水富美加さんの枕営業を匂わす、漫画を高須クリニックの恋人から引用してきたネットの兵がいる。

なるほど、これで、高須さんが辛辣なコメントをしなかったこと、応援しているといったこと。

幸福の科学が48時間で本を出版できると、強調したことが納得ができた。

個人的には性の対象になるのがイヤといっているのだから、握手程度の話ではないだろうと、思うね。

好きな人がいればなおさらイヤだろうし。

なにしろ、事務所が変な動きをしたら、48時間以内に次の暴露本が出るということだ。

みんな幸福の科学に入っているのに幸福じゃないといったギャグをいうが、

何か勘違いしてないか?

宗教とは幸せにしてもらうのではなく、自分が幸せになる努力をするところなんだよね。

だから、修行というんだよ、寝てて幸せになれるのは、寝たきりが幸せと思っている人だけだよ。

基本、警察の次に宛てになるのが宗教だよ。

だから、駆け込み寺がある。

懺悔の教会がある。

ちなみに私は、幸福の科学の信者でもないし、創価学会でもない。

でもね、創価学会が売れない芸人を地域の会員たちで、応援したり、ずっと食べさせてきたとかは有名な話。

創価学会のチーム?

はなんとか部といのか、例えば、誰かが子供を産むと、みんなで手伝いに行ったり、子守しているから、息抜きしてきなさいとか、何々が体にいいからと、地域の学会の人が突撃してくるんだよね。

それが迷惑な人はイヤだろうげと、うれしい人もいるわけ。

んで、本を読んでないからアレだけど、清水さんがヒッチハイクしたのが納得できないつーけど、

清水さんが幸福の科学の会員に電話して、乗せてと言えば、何台でも車くるよ?

どんな印象操作を事務所側がしても、敵が悪いよ。

だから、芸能人は宗教に入るんだから。

誰でも夢に描いた世界が自分の信じるものと違ったり、自分を食い物にする人によってたかられると、参るよね。

たまたま彼女は「枕上等」じゃなくて、「洗脳上等」を選んだだけのこと。

いい女優さんだったしね。まだ22歳。

まだまだやり直しができます、宗教もどっぷりじゃなくて、そこそこで。笑


ディスカウントされる芸能人、清水富美加さんの例

February 18 [Sat], 2017, 19:54
清水富美加さんが出家するという。

幸福の科学といえば、大学設置でもめて、大学設置が、5年申請できなくなったアレか。

宗教の自由は憲法で認められているので、犯罪集団でなければ、まぁ自由だろう、が。

直近で家政婦のミタゾノを見ていたので、残念という気持ちがある。

マクラ営業でもさせられていのか、とも思ったが。

今、1000万貰っていれば過去どれだけ賃金が低くてもいいというものではない。

事務所所属=企業へ就職と考えれば、最低限の賃金保障はすべきであり、当然、稼ぎが上がれば歩合にする必要もある。

なんか、みんな22歳で1千万だとか、今、もらてりゃいいじゃん的な話だが、

単純に計算したとして、

10年、最初の9年、月収5万だと1年60万だから、9年で540万、で今年1000万=1540万

10年月収19万(大卒初任給)=228万×10=2280万

あのさぁ、740万もめちゃくちゃディスカウントですけど。

芸能人になりたい人が多いからそういう発想になるのかな?

今年歩合で1000万なら仕事がなくなったらどうするんだ?

大卒の場合はそれにボーナスも付くので、大手企業でだいたい、賞与が年間70万平均として+700万
10年で3000万近いよ

それと、私の知人の子は声優になりたいと夢があったのだが、

某大手プロダクションのチーフマネは、その子との面接で「今の声優さんというのは、

サザエさんの声が演じたいとかそれだけではなくてですね。パンツが見えそうな衣装を着て

ドン引きするようなオっさんと握手とかできないとダメなんですが、それ大丈夫ですか」

と説明されたそうです。

その子は、やはりドン引きして、普通に勤めています。(アナウンス的な仕事に従事)

なので、普通の人がドン引きするような、タイプの人と接することもあることをどれだけ彼女にケアできていたのかなと。


人食いのトウキョウグールはちなみに秀作です。

彼らは生きる術が人の捕食だった、だけの生命です。

内容をもう少し触れてもらえると違ったのかも?


どんな女優でもこの脚本では無理、嫌われる勇気の低視聴率のわけ

February 05 [Sun], 2017, 13:01
今回のクールは正直面白ドラマがない。

唯一、嘘の戦争が面白い。

1度見て、ぎょーてんして2度とチャンネルを合わせない番組は「嫌われる勇気」

もう、嫌われる勇気の意味を完全にはき違えている脚本で、仰天ニュースどころではない。

子どもが食べたがっていた1つしか残ってないケーキを相手の目の前で貪り食う女に

ドン引きである。

勇気ではなく、卑しいとしか連想されなだろう?

この脚本家は自分の彼女や大切な取引先の前でも、

子どもが泣き叫ぶほど食べたがっていたケーキを貪り食いますか?

それ実に勇気がある行動だと賛美及び同意しますか。

変人というよりバカでしょ。

変人は面白いけどバカを見るのはつらいでしょ。

視聴率の悪さが、女優のせいになっていたが、女優のせいだけではないでしょ、こんなの見ている人がいたらもっと叩かれますよ。

あげく、新人刑事が「ご苦労様です」

「おつかれさまです、おつかれさまでございます」だろう。

こんなの聞いたら、「君、帰っていいよ」と返すよ。


誰も指摘がなかったのか、現場も含めて。


不思議。



仲良くというは絶対か?

January 29 [Sun], 2017, 9:45
またか、という風に韓国との関係が冷え込んだ。

人間関係というのは、仲良くしなければと思うから、無理をする。

例えば、自分の周りでいつも自分を下げる評価を周囲に言いふらし、面と向かって嫌いだといい、いやがらせをする人がいたとする。

その人と仲良くやれるかと聞かれるともはやなんの罰ゲームかという話だ。

試練としてやってきた、己の成長のためにトライしてきた。

が、時期もかなり長期となり、その相手がどうなるかわからないし、自分の人生もそんなに長いわけではない。

ストレスでがんにでもなったら、自分はどうするのだ。

そこでだ、仲良くしなくてもいいんじゃないかと思うわけだ。

とはいっても、仲良くない人といきなり殴り合いの喧嘩をするわけではない。

殴り合いは普通はむしろ互いに避けるだろう。

仲がいいとする協力や楽しみが減るだけである。

仲がいいとできることが減ることは何か、それはどれくらいなのかを分析して、それと自分のリスクを天秤にかけて考えたとき、

大して損でなければ無理をしないということも大事だと思う。

相手が自分を下げる評価をした場合、こちらも相手の評価を冷静にすればいい、
相手が嫌いと言えば、こちらも好きではありません、と答えればいい。
相手がいやがらせをすれば対抗措置を講ずればいい。

よく、相手の土俵にのるのは大人ではないという人がいるが、

同じ土俵に乗らないと失礼だし、本質は解決しないと思う。

相手がいる場合は相手の力で相手をねじ込む、というのも技の一つだ。



明けましておめでとうございます、暮れと正月のテレビ

January 03 [Tue], 2017, 17:55
箱根駅伝を久々に2日間にかけてみた。

こういうドラマを見ているほうがすがすがしい。

毎度のことだが、今年も繰り上げで国士館の選手、ランナーの姿が見えているのに走り出さなければならない走者のシーンを見ると目頭にじわりとくる。

数秒・数分の大事を改めて認識できる。

シードを落とした大学の予選が大変だと思いつつ、いやー、国立が1校もない。そしてほとんどが東京の大学、これも現実。

暮れの紅白は、司会にいらいららいらい、とにかく相場くんを嫌いなわけではないの、こんなに役柄でもないのにイライラさせられたこともあまりない。

彼のおたおたしたすみません、すみません、の言葉と声。

声が耳障り、司会の地に足の着いた声ではない。

そのあとの別番組の司会のピコ太郎が上手かったこともあり、マツコとタモリにいっそやられたほうがいいと思った。

また、仲居やイノッチはうまかったのだと・・・。

人気のある人を司会に使い視聴率を取りたいのだろうが、番組が台無しになる。

また、タモリはスマップへの橋渡しとの報道だったので、スマップカラーを一掃したいともいうが、

だから、紅白に入れないという演出ともとられかねない。番組が幼い印象を受けた。

さて、審査員が紅組・白組どちらに入れたか公表すると次から、赤かわいそうという理由だけでは投票しないかもしれない。

まぁ、視聴者で投票するようなアクションを起こす人は女性が多い気がするし、男女同数で見ていてもリモコンボタンを押すのは女性では?

そうなると白が多いかもしれない。

ただ、今年は白だろう、と。

結構楽しみにしていた恋ダンスなどの演出が肩透かしだったね。



ドラマ製作者が愚作を生む罪

December 25 [Sun], 2016, 10:15
ここ数年ドラマを見ていてまったくなかった感情、本気で腹の立った砂の塔。

この話になると役人ども怒り出すので、「砂」と発音することもはばかられる。

子供が砂の塔を見て泣いたことに激怒したという同僚、曰く、

「うちの子はバカだ」
「こんなもので泣けるから、視聴者をバカだと思って作っているやつが絶えない」

まぁ、当然、

「純粋なんですよ、目の前に流れる心地よい音や台詞に気持ちが動かされるのは純粋な証拠です」とフォローをする。

掘り下げるタイプが表面をなでるタイプの人をフォローしてくれるとわかって作っていたのならまだましだが。

母親として頑張っている人やタワーマンションの関係者、警察等の人の気持ちはどうなんだろうと、思った。

極めつけは、私個人が菅野美穂という一人の女優を嫌いになってしまったことだ。

演技がうますぎたということだね、ようするに脚本通りに愚鈍の母を演じてしまった、それも完璧なまでに。

ベイマックスで吹き替えを聞いて「菅野美穂だ」といやーな気分になったほどだから。

菅野の透き通るような、はかなさは、無知な女を

菅野の線の細さは、男を頼ることしかできない台地を踏みしめるような力強さがない、夢見る女を

菅野の良さがすべて醜悪なイメージにすり替えられてしまっていた。

星野源が、素朴ながら、誠実なと、とれる彼の魅力が最大限にプラスに表現された逃げ恥と比してどうだろう。

人々が母親に望むことはなんであろう、母親としてイメージするものはなんであろう。

製作者の環境が気の毒なのものとしか思えないものだった。




逃げ恥があってよかったね、TBS

December 18 [Sun], 2016, 20:52
TBSは逃げ恥があってよかったよね、と思える作品だった砂の塔。

全然面白くないという作品はあれど、これは酷いと思える作品はそうざらになかった。

最終回まで期待を裏切らない酷さ。

あー、あれ内容酷かったねと言い合える小気味よさはあったが。


この作品のせいで、今後TBSがオリジナルを作ることができなくなるような状況にはなってほしくはないので、まぁ、人選をして次回も望んでください。

脚本家の友人の話だと状況を説明するセリフ「説明台詞」を多用するのはよくないと聞いていた。

それでも視聴者に補足説明するために必要な時もあるだろう、が

それって火事で子供がもがき苦しんでいるときにすること?

えんえんと誰かをかばってないとか犯人らしい人物の心配をするより、すぐに子供に駆け寄れよ。

救い出せよ。

こんな時に言い訳聞きたくないとかいうならわかる。

どう見ても男が優先なんですよね、この製作者。


あげく、犯人らしき男が携帯でえんえんと「逃げて」と騒ぎますが、

相手がかーさんなら、警察に逮捕か任意同行されていたはず。

電話、出れたんですか?

あの、取り調べの状況のなかで。

誰につながったのか、謎。


さらに、とどめも説明台詞。


いいですが、そんなに悪い人だと思えないというようなセリフはおかしいです。

望んで、ハーメルンにいった子ならいざ知らず、誘拐された子はどれだけ恐怖か。
どんな母親でも親がいいという子供もいるでしょう。

本当に子供の未来を願うなら、最後の落としどころ、行政の児童相談所に依頼すること。

この犯人は擁護し、ゆみこが殺した被害者(ストーカーだったといえ)には、

微塵も配慮がない。

確かに罪を憎んで人を憎まずということはあります。

なら、自分の感情だけで対応しないでほしいです。

ネットに上げることがいじめの解決でもないです。

社会派サスペンスと気取っていましたが、

この製作者は犯罪予備軍だと、むしろ思いましたよ。


最後に、説明台詞ばかりではなく、おばあちゃんにも台詞をあげてください。

どうせ、ネットの感想でまた空ちゃんを放置しているとつっこまれるのが怖くて、そばに子守していたよ、というは配置なのでしょうが、

こんなくだらない台詞を菅野がしゃべているのであれば、一言話せたと思いますよ。

キャストへの気配りもしましょうよ、製作者なら。






砂の塔ではなく、雑な塔

December 11 [Sun], 2016, 10:35
なんだこれと思う作品にサスペンスもので、犯人が主な登場人物以外から突然出てくるケース。

そんなの視聴者には誰もわからない。

作った側のご都合なので、そもそも設定が無意味になる。

砂の塔なのだが、ここにきて、見知らぬ誰かを犯人にしないよな?

コーチとかにしとくよね?

新たな登場人物なら、現在の登場人物に、事件が出てくる必然はない。

そもそもこのドラマ、タワーマンションである必要もなかった。

一軒家でもアパートでもよかったという内容になり替わっているし。

オートロックの防犯マンションにいきなりコーチが、玄関前まで来てしまうとか、あげく母親が、いきなり、家に飛び込んでくるとか、あれだけ確執があるように描いていた母親には鍵でも渡していたのかと。

そもそも当初、菅野がどうして部屋に入ったのとは母親に聞いたら空ちゃんがあけてくれたと言っていたが、この日も家にいる主人に気づかれないように空ちゃんに頼んで開けてもらったと、脳内で補えと。

ドアホン取らずにいきなりドアあけさせるとか、(普通はドアホーンとってといわんか?)

どんな環境で暮らしてきた一家かという描写があっても次の回では、ドアホーンに応答しいてる。

なんか毎回、進んでいるというより修正しながらやっているといか感じ。

非常につくりが雑なんです。

刑事も、事情をしらなければ、子供を捨てたと思うかもしれないが、と言っていましたが、
いやいや、事情を聞いても子供捨ててる事実は変わらんし。

ましてや元だんにあいつは人殺しだと言われてるのであれば、元だんには理解されておらず、なるべくして離婚しており、泣く泣く別れたにはならんだろうよ。

この刑事もゆみこはある殺人事件の被疑者(容疑者)と言っていたと思うが、違ったらすまんね。

この刑事、ゆみこは、過剰正当防衛で実刑となったと言ってましたから、ゆみこが、裁判において有罪を宣告されてるのを知っていたのなら、犯罪者ですから、

ここはある事件の犯人だったとうことですよね。犯人と表現してたっけかなぁ。

そうしたらこの時に前科者かと,
ゆみこに対して思うはずなんだけどね。

刑事はその後調べたんですかね
ここらへんの時系列も脳内で補えと

大事な言葉と表現が雑の1ことにつきます。

母親が嫌われると子供も友達がいなくなるけどそれでもいいのと言われて

「それでもいいです」

っていいわけないだろうぉ。

「悲しいけれど、空自身が友達を見つけてくれるのを見守ます」くらい言えよ。

自分のミスや人間関係の課題が子供に降りかかっても「いいんです」ということが胸張れる親なのか。


いじめに同調しないというところにばかり着目がいき、相手をまた自分も傷つけていることに視点がいっていない。

このいいんですというのは、あんたたちなんて友達じゃないのでそんな人はいりませんと聞こえるよね。

説得しないで拒絶。

テーマに対して、製作者の力量を超えてしまっているとわかる文言で残念です。

まあ、そもそもこの番組は何がしたかったのか、それを視聴者が探る番組だったんたなぁと、思うわけです。


犯人は空ちゃんていいよ

November 27 [Sun], 2016, 14:11
前回、砂の城と書いてしまうほど、いい加減に見ていた砂の塔。

ガッキーたちは恋恥で人気さらにまし、

校閲で、校閲ってすごいと、ネットニュースにも校正や校閲を置けよと学んだ一方で、

うんざりする砂の塔。

なら見るなとネット民なら言いいそうだが、みたくない人が犯人だけ教えてというので、

辛抱強くみている私、むしろ偉い。

なんでも仲間内で、あらすじを語らさせたらプロレベルらしい。

今週もいいかげんにしろよ菅野妻と思ってしまうよな。

菅野美穂が悪いのではなく、愚鈍の妻に書いている脚本が悪いのだが、


入籍しているのに元妻が死んるか生きているかすら、かわかんないですかね?

このライターは未婚の方ですか?

長男が実の子ではないとして養子縁組しましたか、していませんか?

それともこの夫婦は事実婚か、書類一式は常に夫が処理したんですかね

付き合っているときならいざしらず、隠せますかね子供が高校生になるまで。

菅野があなたには負けない的な展開をした時点で負けてるやん。

実の親が現れたら、子供はもう高校生です。

子供を愛しているのなら、最後は子供が決めることと相手にいうべきです。

大岡越前の名裁きにあるように、子供の手を引きあってはいけません。

子供への愛は勝ち負けではありません。

当初の番組路線と、みるにつれ、みる限りと別物になってしまって、

菅野のバカ妻ぶりだけがクローズアップされるドラマによく、出演しました、えらいよ菅野さん。


湊かなえのイヤミスを意識したのか、していたらなんでこうなるのか、

この作品を書いている人も湊かなえのように登場人物すべての履歴書を作ったほうがいいですね。

人格すら回を回を重ねるごとに変化しています。

というか、ネットの意見や関係者の指摘に振り回されています。


毎回ぶれるので、タイトルにステージ1とかシーズン1とか入れることをお勧めします。





ドクターxの視聴率がいいわけ

November 06 [Sun], 2016, 10:35
ドラマにおいて脚本の良しあしがテレビの質を決めるのは言わずもがなだ。

ドラマだということで見ていても切れそうになるシーンが多々ある。


例えば、砂の城、知り合いが酔いつぶれて迷惑、警察に突き出すといわれたから、子供をその場に置いて親が離れるか?

100歩譲っても、身内が事故とか急病ならわかるが、それでも一番下の娘の手を放すだろうか。
連れていくか、無理なら兄がくるのを待ってから駆けつけても間に合うことだろう。

加えて、子供を見てくれと頼まれたママ友が頼まれた子の手を放すだろうか?
何かあったらどうするんだと頼まれた方は必死になるよ?

こういう目で脚本家の人は母親を見ているということか?

家政婦のミタゾノの、アナウンサーの失脚にしてもそう。

個人の問題をミタゾノが暴く必要はない。母親だけが子供の養育者ではない。

父親、祖父母、地域の人、社会全体で子供を育成する責任はあると思うのだ。

脚本家に友人がいるため誰の脚本か調べないで率直に述べている。

ドラマ的展開をさせるために誰かを傷つけている。

ドクターxの視聴率がいいのは、誰も不幸にしていないからじゃないのかね。





2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
月別アーカイブ
最新コメント
アイコン画像きゅうぞう
» 面白ドラマ (2016年03月07日)
アイコン画像きゅうぞう
» 復活してるよ (2015年12月13日)
アイコン画像reigo
» とりあえず・・・ (2015年11月14日)
アイコン画像きゅうぞう
» 民王、人は中身で勝負だッ (2015年09月07日)
アイコン画像きゅうぞう
» 何故、民王は面白いのか (2015年09月03日)
アイコン画像きゅうぞう
» 民王、最高 (2015年08月03日)
アイコン画像きゅうぞう
» 頭、割れたから (2015年03月22日)
アイコン画像きゅうぞう
» テレビや漫画が面白くないストーリーになる訳 (2015年01月17日)
アイコン画像きゅうぞう
» (゜Д゜)終了 ? (2014年10月11日)
アイコン画像
» ウルトラマンコスモスの時の子供が (2014年09月30日)
http://yaplog.jp/reigo/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

P R
■プロフィール■
真の勇者管理人レイゴ
特撮ファン・・です。宜しくお願いしますメビ。
所有サイト全ヤフー登録できました。感涙