最上のラムネ菓子 

July 09 [Wed], 2008, 0:11

この上ない食感。食欲をそそる色合い。趣向を凝らした形
そして洗練されたパッケージ。
こんな素敵なラムネはそうそう無い。

世界三大銘菓に数えられても不思議ではない。
一等好きなお菓子のひとつ。

充実してる日 

July 07 [Mon], 2008, 23:45
 
トリックアートって初めて見た。
めっさ違和感あっておもしろかった。

営業時間?が終わった時間に二荒山神社に行った。
人が全然居ない神社っていいな。
なんだか懐かしい感じがする。

チューブ入りのストローでふくらます風船をもらって、
んで、ちょこっと前進した。わあい。

 


十字架 

July 03 [Thu], 2008, 23:00
十字架をいただいた、わあい†
スーツとかの襟に付けるやつかな。
会社の紋?みたいでカコイイ★

昼いつでもどこでも眠れるんじゃなくて、
夜にちゃんと眠れるようになりたい。

後付25日 氷川神社 

June 28 [Sat], 2008, 22:29
氷川神社に行った。
おもいきり街の中なのに参道は空気が違ってて心地よかった。

んで、ロックアップに行った。
怪しげな色の飲み物が試験管に入ってたりした。
イベント?が長い。。。;
ただでさえ店内暗くて食べ物の色解んないのに、食欲が無くなるw

二荒山神社と滝尾神社となんとかの滝 

June 24 [Tue], 2008, 0:12

友達と大雨注意報の今日、日光に行った。。。;
二荒山神社行って、滝が見たいから滝尾神社に向かった。

日が出てないから、途中で見かける小さな神社は
どれもダークな雰囲気でわくわくした。
一本道だった気がするけど、帰りは気づくと見たこともない道に。。。
雨だし日が暮れてきたしちょっとやばかったw

楽しかったし、滝尾神社がめっさ素敵な雰囲気だった。
晴れてる日にまた来よ。



浮かぶ硝子の神社 

June 14 [Sat], 2008, 0:47
神社で買った文鎮…?
なんとなく綺麗だ。

持ち手が手錠のトートバッグ 

June 13 [Fri], 2008, 1:36

久しぶりに大規模(当人比)な衝動買い。
トートバッグ、持ち手の一部が手錠になってるの。
めっさバカみたいな発想、ベルトの下にも金属パーツ付いててやたら重いし。
もー、なんて素敵なバッグなのでしょうw

あと真っ黒で柄が繊細で雑巾絞ったみたいな見た目のブラウスを購入。
よい靴があったら買おうと思ってて、バッグとブラウスを…。
まあいいや、どっちも気に入ったから。

ラッシュで固形シャンプーとクリームとか。

あと赤いボールペン。
ノックもキャップもスプリングもネジも無いのに磁石が付いててペン先がしまえるやつ。
上下対称な不思議な形★

黒い神社と黒蜥蜴 

June 13 [Fri], 2008, 1:15

なんとなく大崎八幡宮に行った。
小さい頃は八幡神社の裏に住んでたから八幡のつく神社は気になる存在。
真っ赤な大鳥居が綺麗だった。

ふと境内の門から杜が見えてびっくりした。
本殿が真っ黒!
きらびやかな装飾に漆黒の杜は違和感覚えるほど不思議な雰囲気。
黒い神社って珍しい気がするけど、どうなんだろ。

硝子にレーザー彫刻?が閉じ込められている神社の置物買った。
お守りもいいけどその神社でしか売ってないモノもいいな。

誘われて美輪さんのお芝居鑑賞した。
タイトル黒蜥蜴だし、黒つながりな日。
美輪さんのお芝居すごいな。鮮烈で優美な感じ。
泣く人もいるし。存在が輝いてるなあ。

後日記 名古屋 

June 02 [Mon], 2008, 23:51
境内をうろうろした後、
名古屋に行って茶飲み友達とのんびりお茶。
戴いた青くて青いカップを忘れそうになった、やべー。ごめん。
話してると楽しいから時間はすぐ過ぎちゃった。

熱田神宮でたぶんありがたい卓上ミニ神棚と携帯折りたたみ神棚を買った。
遮光土偶みたいのがおった。
都市の中なのにちょっち違う世界の空気を堪能。

聖地ヴィレッジヴァンガード総本店を訪ねた。
本店ホテルキーホルダーとか物色。
ニッポン聖地案内本とかいろいろ買って、まあ満足。

嗚呼星の半球形劇場はいいなあ。
  

後日記 大神神社 

June 02 [Mon], 2008, 23:45

大神神社に行った。
欠陥なのは仕方無いとして、
琴線くらい張り直せるかな。という淡い期待のもと。

初穂料?を納め、渡された鈴付きのタスキをかけて神体山に。

もののけ姫っぽかった。

外から見たらすぐ頂上っぽいのに、
踏み入ると果て無く続くかのような世界。
寄り添う水の流れはずーっと見ていたい程に綺麗だった。

途中、つがいの鹿が走り去る。きっと神の使いだ (と信じたい)

身を打つような水を足元にひたすら祈る人。
メモを身ながら一心不乱に呪文を唱える人。
なにやら唱えて社に酒を撒いて進む集団。
すれ違うときに 「ようおまいり」 と挨拶してくれる人。
まるで生活の一部のように山に入る家族。

少なくとも人の想いの中には、確実に神が居ると思った。
また行きたい。
P R
† 事故紹介 †
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:reicipel
  • アイコン画像 血液型:型
読者になる
・服装-BPN-モワティエ
・お茶-紅茶-中国茶
・行動-お絵描き
・所属-(茶)日本お茶汲み協会
Yapme!一覧
読者になる