何が大切なんだろう。 

2008年01月12日(土) 17時36分
人を愛すること?
人を大切にすること?
自己犠牲を感じながらも、人に尽くすの?

それって馬鹿らしくない?

自分を心配してくれる人をないがしろにして、僕たちは誰を大切にしているの?

疎外感 

2007年11月26日(月) 18時58分
僕は君たちと別れる運命。
自分がそうしたんだけど、やっぱり、苦渋の決断だった。
人見知りが激しいし、やっと慣れてきたこの学校を離れたくないと思った。
もっと、みんなと一緒にいたいと思った。
でも、僕が目指すところは君たちと大きく離れてしまっていた。
本当は、離れたくなんて無い。
本当は、ずっとそばに居たかった。
今では、それが叶わないって解ってるから、今だけでも一緒にいようと思った。
でも、やっぱり、わかってくれないんだね。
誰も、僕が感じている疎外感なんてわかってくれないんだね。
みんな、将来の話をしているとき、僕はその輪に加われない。
将来を笑顔で語り合うことが出来ない。
それまで、君たちとのつながりが保っていられるのか、不安が先行する。
近くにいたって、話していたって、僕は離れなくちゃいけない。
こんなにも悩むのなら、こんなにも苦しいのなら、そばに居ちゃいけないような気がしてくる。

僕は話に加われずに立ち尽くすだけ。
そんな僕が居れば、君たちに気を使わせてしまうだけ。
だから、何度僕が君たちから離れようとしたことか。
意識的に遠ざけて、君たちを傷つけようとまでしている。
疎外感はいつまでも付きまとっていて、僕をだんだん自己嫌悪へと導いていく。
どこかに逃避の道が無いか探してみても、君たちがいて。
それが嬉しいのに、答えられない。
小さな幸せを感じるのに、自分で、ぐちゃぐちゃに壊したくなってくる。

どうすれば、僕の疎外感は去ってくれるのだろう。
君たちはそういうつもりで話をしているわけではないのに。
僕が勝手に思い込んでいるだけかもしれないのに。
でも、心に隙間風が通るように、感じてしまうんだ。
疎外感を。

 

2007年10月30日(火) 0時31分
今、僕の年齢が一番、死にたいっていうのは知ってる。
でもね、たぶん、死ねって言葉を使うのも今なんだよ。
僕は死にたいよ。
楽だからね。
誰かが泣いてくれるのならば別にいい。
なのに、誰かを泣かすことがおろかだってしってるから、できない。
このために、僕は死に付きまとわれていたのかな。
全部、僕のせいで死んでしまったって言ってもいいぐらいなのに。
誰でもいい、僕が生まれてこなければって憎しみをくれていたら。
こんなに、今に未練も無かった。

群れる 

2007年10月30日(火) 0時21分
人間が群れる必要なんてあるの?

それだけでストレスが溜まって
人の顔色をうかがって
ずっと言葉を選び続けて
本心なんて見せやしないのに

こういう駆け引きのようなやり取りが
嫌いで、嫌いで
気持ち悪くてたまらなくて

それで本当に満足でいいのって聞きたくなる

でも、僕が一番よくやってしまっているって解ってる

気持ち悪くて吐き気がして
泣きたくなって
逃げ出したくなってたまらなくて

相手の言葉の裏を必死に見極めようと
ずっと緊張していて
安心なんて出来てない

接触、干渉なんてされたくないのに
僕は無意識に求めているし
わけが解らない

群れることが好きなのならば本心を出せばいい
嫌われるのならそれが運命だった
わざわざ元に戻そうなんて思わないほうがいい

絶望していたほうが
まだ、心地いい

群れて、希望なんて持ってしまったら
それこそ僕は壊れていくから

なんとなく 

2007年10月14日(日) 0時37分
なんとなく、悲しい。
涙がどんどん、溜まっていく。

なんとなく、理由はわかっている。
世渡りが下手だったことかなって。

だけど、そのとき、僕の気持ちが一番無視されていた。

それが苦しくて、悔しくて。
どうにもならなくって。
その結果が、今。

なんとなく、やってられない。

いっそ、消えてしまいたいぐらいに。

本当に、もう、どうにでもなってしまえ。

嘘と本当 

2007年10月03日(水) 22時33分
君の言っている事が本当なの?
それとも嘘なの?

僕にはわからない。
ずっと疑ってしまっている。

どうすれば君の言葉を信じられるの?
どうすれば君の思いを汲み取れるの?

僕は思ったよりも不器用で、何も出来ない。

好きも、嫌いも。
どっちが君の言いたいこと?

みんな、嘘発見器をつけてくれれば、こんなに悩まないのに。

うぬぼれ 

2007年09月26日(水) 23時46分
僕がいつ、君の真似をした?

君が向かう先に僕の用事があると考えられないの?
君がついてきてといったのに僕はうっとおしいといわれるの?

君は僕が鈍いだなんて思っているの?
君は僕が付き従っているとでも思っているの?

うぬぼれるのなら、消えてくれ。

僕がいつ、君の真似をした?

考えが似ているときに、君に合わせることはいけないの?
違う人に会うのに、君は僕が君を追いかけたと思っているの?

僕がいつ、君を必要とした?
僕がいつ、君に主導権を握れなんていった?

うぬぼれる思考をとめてくれ。

自分中心の考えは、目障りなだけだ。

結局 

2007年09月15日(土) 16時35分
僕の言いたいこと、思っていることは伝わらない。
それどころか、から回って、悪い解釈さえされている。

結局僕は理解されない。
誰からも認められない。

ずっと、思っていたのに。
確認されたみたいだ。

もう、縁すら切ってしまいたい。
それぐらい、苦しい。

もう、居なくなってしまいたい。

That man. 

2007年09月08日(土) 21時44分
あの人は、僕に何を望んでいるの?
冗談を愉快に返すこと?
それとも、言葉通りの死?
「死ね」それだけで、僕の心にどれほどの傷を付けていると思うの?

いっそ、僕のことなんてかまわなくたっていいじゃないか。

それほど、にくいんだろ。
それほど、うざいんだろ。
それほど、大嫌いなんだろ。

だったら、優しさなんて見せなければいい。
人を陥れるのなら、慰めなんてしなければいい。
冗談を返してほしいのなら、僕じゃない誰かに言えばいい。

死んでほしいのなら、そう頼めばいい。

死んであげるから。
これ以上傷つけられるのなら、死んであげるから。
生易しいことを言わずに背中を押せばいい。

遺書なんて嫌って言うほど書いてあげるから。

心を傷つけているなんてわかってないんだろう?
その言葉で精神をすり減らせているなんて思ってないんだろう?

苦笑いしていたって、自分で繰り返していたって。
この傷みはどうにもならなかった。
この苦しみは去ってくれなかった。

もう、僕なんて死んでしまえばいいんだから。

そう思っていたりするのに。
あの人の言葉を聞くたびに心が叫ぶ。
死にたくないって。

本当に、僕なんて居なくなればいいのに。

見落とされた気持ち 

2007年09月05日(水) 23時01分
心が泣いていても
気にしなかった

いくつ傷が出来ても
痛みを感じなかった

まだ、出来るはず

そう言って
ただ突き進んできた

心の叫びも
癒しを求める傷口も
もう、限界だという脳ミソも

自分で気付かないうちに
闇に侵食されていた
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:緋桜
読者になる
文章を書くときの一人称は僕です。
でも、女なんですよ。(笑)
すこし、この世界に居心地の悪さを感じている人間です。
精神が細く、悩みことが多いので、ここを作りました。
ということは、内容が、暗いってことですよ。
お気をつけくださいね。(苦笑)
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる