【 更新情報 】

スポンサード リンク

>>これでリージョンフリーもバッチリ<<

ps2はリージョンフリー?

海外のDVDを見たいと思ったことはありますか?
日本人の場合は言葉の問題があるので少ないと思いますが、オーストラリアやニュージーランドなどでは結構多いみたいです。
言葉による制限がないから米国で発売されたDVDを本国で上映される前に見たいと思うのはしょうがないことでしょう。

もちろん、北米とオセアニアはリージョンコードが違います(北米:1、オセアニア:4)。
オセアニア地区で販売されているDVDプレーヤーは、リージョンフリーのものが多いです。

PS2もリージョンフリーでした。なぜそのように設定していたのかは不明ですが、さすがに法律上問題になったため、現在のバージョンではフリーになっていません。

法律上の問題と言っても、リージョンコードの場合は著作権法違反ではないので(という見解なので)、他のプレーヤーのメーカーからのクレームでリージョンを2に設定したということでしょう。

ちなみに、ゲーム機としてのps2にもDVDと同様にリージョンコードが設定されています。
もちろん?解除することが出来るそうです。

アヤシイ本に書いてあると思うのでご自身でお調べください。

コアリズムってリージョンフリーなの?

コアリズムって流行ってますよね〜。
クワバタオハラのクワバタさんが痩せてからですかね。杉本彩さんもやっているそうです。

で、そのコアリズムのDVDですが、日本語吹き替え版であればリージョン2なので日本で販売されているリージョン2対応のDVDレコーダー(プレーヤー)で再生可能です。
ただ、2層なので、2層に対応していないプレーヤーだと再生できないかもしれません。

日本語吹き替え版だと値段が高めだからちょっと・・・、と言う人は米国版を買うと思うのですが、その場合はリージョンフリーということになります。
リージョンフリーだから日本のプレーヤーで再生できるはずなのですが、一部再生出来ないプレーヤーもあるそうです。
その場合はパソコンで見ることをお勧めします。

また、同じようなダイエットDVDで、ビリーズブートキャンプというのがありますが、こちらも米国版はリージョンフリーになります。

教えてgooには、リージョンフリーなのですが再生出来ませんという質問がありますが、
プレーヤーによっては再生出来ないものもあるようです(やはり2層だからかな・・・)。

台湾製というのもありましたが、それも原因のひとつかもしれませんし、違法コピーのDVDもオークションなどで売られているので、質が低下しているのかもしれません。

リージョンをフリーにする方法はあるの?

実は、ソフトも使わずに、違法な(と言われている)プレーヤーも使わずに、リージョンをフリーにする方法があるんです。

パソコンで映画のDVDなどを見る場合には、リージョンがフリーになります。
パソコンには、リージョンをフリーにする機能があります。

ただし、完全にフリーになるというわけではありません。
変更することは出来ますが、回数に制限があるということです。


DVDメディア自体をフリーにしてしまうソフトもあるようです。
市販のソフトもありますし、フリーのソフトもあります。


また、プレーヤー(ドライブ)のリージョンをフリーにする(または、マルチリージョンにする)ことも簡単に出来るそうです。

この行為(方法)に関しては、違法ではないという見解のようです。
これは、著作権を侵害しない範囲であれば(個人で楽しむ範囲であれば)、問題ないということのようです。

前述しましたが、リージョンコード自体、著作権を保護するものではなく、市場の保護(映画関係社の儲けを損ねないようにする)が目的だからです。

ただ、これからは、テレビのデジタル化に伴い、コピーに関することも含めて、細かい法改正がされると思います。

それよりも、日本人は英語の勉強をして、アメリカと同じコードのブルーレイディスクで映画を見ることをオススメします。

リージョンをフリーにするdvdレコーダーはあるの?

前の記事の続きです。

当然、アメリカと日本は、リージョンコードが違います(アメリカは1、日本は2)。

ただ、日本の場合は、英語という壁があるので(あとは、吹き替えの方が意外に人気だったりする)、
映画が問題なのではなく、エッチなビデオや音楽関係のDVDが主に制限をかける目的のようです。

ちなみにヨーロッパの場合は、日本と同じリージョン2ですが、テレビの出力方式が日本と違うので(日本はNTSC、ヨーロッパはPAL)、見ることができません(パソコンの出力方式は多分同じ)。

まあ、こういった制限があると、人間というものは、解除したくなるのが常です。

DVDを買うときに著作権料を払っているのだから著作権違反にはならないだろう、という考えからリージョンフリー(コードが0のもの)のプレーヤーが作られてしまいました(ps2も以前のバージョンはフリーだったようです)。

で、コードが0のものは、制限をかけるような仕組みを作ったのですが、今度は、すべてのコードが含まれているプレーヤーが作られました(マルチリージョン)。はっきり言っていたちごっこですね。


ブルーレイなどの次世代DVDに関してもリージョンコードというものがあります。
しかも、日本とアメリカは同じです。

これに関しては、前述した通り、字幕がなかったり、吹き替えがなかったりという言葉の制限を設けています。

日本の英語教育は、、何年勉強してもしゃべれない(理解できない)ように、アメリカ映画会社からの圧力がかかっているのかもしれません(これは、私の意見なので、おそらく違います)。

HDDVDには、リージョンコードはありませんが、HDDVD自体、あまり普及していませんので余計な情報だったかもしれません。

リージョンをフリーにするdvdデッキはあるの?

リージョンコードというのは、簡単に言うと、映画のDVDなどに施されている情報(コード)のことです。
本来は、テレビゲームでの導入が始まりのようです(wikiより←当てにはなりませんが)。

このリージョンコードというのは、コピーを制御するわけではなく、再生を制限するものです。


映画というのは、アメリカが一番早く上映されますよね。
日本などは、アメリカで上映された半年後などに上映されることが多いのですが、
その頃には、すでにアメリカで、DVDが発売されていることが多いです。

そうすると、日本で映画を見るより、アメリカでDVD化されたものを見たほうが安いから、
DVDを見ようということになりますよね。

まあ、これは、私の個人的な意見ですが、
最近のハリウッド映画も、パターン化されてしまって、どうも面白くないですよね。昔ほど。
ネタ切れじゃないかな、と思うんですよ。

だから、映画館に行って映画を見るより、DVDで見ることが出来るのであれば安上がりです。

内容が面白ければ映画館でも見ようと思う(かもしれません)。

で、やっぱり内容が良いのか悪いのかは、見ないとわかりませんよね。
ただ、映画関係者も上映前に内容がわかってしまったら、客が減ってしまうかもしれないので、
だったら、地域ごとに見れるDVDと見れないDVDを分けてしまおうというのがリージョンコードです。
(長い説明だったなぁ)



話しが長くなったので、次回へ・・・。
P R
カテゴリアーカイブ