レッグクィーンで美脚に変身して脚に自信が出ました 

February 07 [Fri], 2014, 17:56

筋肉の中でも内ももの部分を鍛えることが

ダイエットをして太ももを引き締めるためは重要だといえるでしょう。

太ももはなかなか細くなりにくい部位で、部分ダイエットの中でも難しいといわれているところです。

足にセルライトや皮下脂肪がたまり、むっちりと太めになってしまっている人がたくさんいるようです。

太ももをシェイプアップさせるには、内ももの筋肉を鍛えることです。

その太ももの内側の筋肉を効果的に鍛えるコトができるのが


レッグクィーンです


体の中でも内ももは、脂肪がつきやすく、そして脂肪を減らしづらい部分です。

内ももの筋肉は内転筋といい、大腿骨と股関節を支える筋肉です。

知らないうちに足のももの部分に脂肪がついていることも、普段ほとんど使わない筋肉なのであり得ますが
レッグクィーンで内転筋の内ももを鍛え、上手に下半身ダイエットをする方法が効果があっておすすめです。

内ももに力を入れて左右の膝を押し付けるようにするために
両膝の間にボールや座布団を挟むようにする体操も有効だといいますが
効果が出るまでに時間がかかりすぎます

電車の座席に座っているとき、膝同士を押し合うだけでも内もものダイエット効果はありますが

レッグクィーンは内転筋に直接効果がある設計になっていて短い時間で効果でて
とてもおすすめです


内ももの筋肉がおとろえているかは、椅子に座って姿勢をチェックするだけでもわかります。


膝同士が離れている人は、内ももの筋肉が弱っているサインなのでチェックしてください
膝、くるぶし、足先を合わせた状態でどのくらいいられるか、秒数をカウントしてみてもいでしょう。

ウォーキングよりも効果があり、運動嫌いな方にもピッタリですよ
下半身のダイエットを成功させるためにも、レッグクィーンで内転筋を発達させて
毎日1分の継続で美脚になっちゃいましょ(^-^)


今レッグクィーンはTVでも有名になっていて
とても人気がありますので以下の画像をクリックすると
さらに詳しい情報がわかりますので載せておきますね(^-^)